未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    2021年05月

    熊本県熊本地方でM4.0、最大震度4の地震発生

    熊本県熊本市南区富合町木原

    6日09時16分ころ、地震がありました。
    震源地は、熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.7度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。
    この地震により観測された最大震度は震度4です。
    気象庁HP
    続きを読む

    「南海トラフ地震」の予兆が… 複数が連動すればM10規模

    1: 名無しさん 2021/05/04(火) 09:01:16.40
     日本周辺には、(1)北米プレート、(2)太平洋プレート、(3)ユーラシアプレート、(4)フィリピン海プレートの四つがひしめき合っている。それらのプレート同士の反発やひずみが、巨大地震を引き起こしてきた。

    ■海溝型地震の可能性も
    ■今年に入って予兆が…

     今年に入り、その予兆があるという。例えば、2月1日に徳島県北部、同18日には愛知県西部、3月15日に和歌山県北部、4月5日に静岡県西部と太平洋側を震源とする震度3や5弱の地震が相次いだ。

    ・首都圏、南海トラフ、琉球諸島、台湾。いずれもフィリピン海プレートが影響し、これらが連動して大地震が起きる可能性がある

    ・これら連動して起きる大地震を高橋特任教授は「スーパー南海地震」と命名。この地震が一度に起きればM10近い規模になる


    ※AERA 2021年5月3日-5月10日合併号より抜粋

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/68676c32b5ae855d66bebd24f118fffc0d85561f?page=2

    続きを読む

    【震度5強】宮城県沖の地震で気象庁が会見 津波は「ギリギリ起きなかった」


    津波については「地震の規模などから、ギリギリ起きなかった」という。

     気象庁によると、今回の地震発生のメカニズムは、断層面に向かって押し合う力によって地盤がずれ動く逆断層型で、海のプレートと陸のプレートが接するところで発生したプレート境界型地震だという。宮城県沖では、今年3月20日にも同様のメカニズムで最大震度5強を観測する地震が発生しているが、今回の地震とその地震の震源は約40キロ離れており、関連はわからないという。

    5/1(土) 13:24配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/842b89f8129d91374405be69b50e7708e2de014f

    続きを読む

    宮城県沖でM6.6 最大震度5強の地震発生

    令和3年5月1日10時35分 気象庁発表
    1日10時27分ころ、地震がありました。
    震源地は、宮城県沖(北緯38.1度、東経141.8度)で、震源の深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は6.6と推定されます。
    震度5強 宮城県北部 宮城県中部
    気象庁HP
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター