未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    PM2.5

    25日、関東~近畿は光化学スモッグに注意

    2018年6月24日11時、気象庁が、全般スモッグ気象情報(光化学オキシダント)1号を発表。    
    25日、関東甲信、東海、近畿地方では、晴れて日射が強く、最高気温は30℃以上となり、また、風も風速4メートル以下となる所が多い見込み。  
    このため、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
    屋外での活動に、十分注意を。
    https://qnew-news.net/news/2018-6/2018062402.html
    続きを読む

    PM2.5北海道内で一時的に通常の約6倍まで濃度上昇 中国付近の火災か野焼き、シベリアの森林火災影響か

     道内は27日午前、呼吸器系などへの影響が懸念される微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が上昇し、札幌市中央区南14条で同日午前11時現在、1立方メートル当たり97マイクログラムと一時的に通常の約6倍に達した。
     道などによると、中国付近での森林火災か野焼きの影響とみられるという。
    http://www.hokkaido-np.co.jp/article/184736
    続きを読む

    花粉+黄砂・PM2.5 黄砂に関する全般気象情報 

    黄砂に関する全般気象情報【第1号】
    https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/emergency/detail/00000006653827.html
    6日16:01、黄砂に関する全般気象情報(第1号)が発表されました。(気象庁予報部発表)
    今後の警報や注意報、気象情報に留意してください。
    朝鮮半島で黄砂が観測されており、7日にかけて、西日本では黄砂が予想されます。
    (気象・自然/防災気象情報/全般気象情報)
    続きを読む

    全国的に黄砂が観測 交通障害や洗濯物に注意

    7日(日)は、全国的に黄砂が観測された。8日(月)にかけても西日本を中心に黄砂による見通しの悪化などに注意が必要だ。
    九州から北海道の広い範囲で黄砂が観測された。この影響で、見通しが10キロメートル未満となっている所があり、稚内市で4キロメートル、帯広市で5キロメートルまで低下した。
    ウェザーマップ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00010001-wmap-soci

    続きを読む

    沖縄市でPM2.5「非常に多い」 那覇市内も一時的に視界が悪くなる

    沖縄本島地方は20日、午後3時45分ごろから煙霧を観測した。
    同4時ごろにかけて視程は約5キロとなった。煙霧は大気中のごみが多くなり、煙のように立ちこめる現象。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00080755-okinawat-oki
    続きを読む

    北京で大気汚染深刻 PM2.5の濃度基準の14倍、最も深刻な「赤色警報」が発令

     北京では21日まで大気汚染で最も深刻な「赤色警報」が発令されていて、20日未明には
    「PM2.5」の濃度が日本の環境基準の14倍になりました。(20日17:36)
    全文http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2942304.html
    続きを読む

    PM2.5の汚染濃度ワースト1はイラン、2はインド 中国北京は56位

    このたびWHOが発表した世界約3,000エリアにおけるPM2.5の汚染濃度を示す指数のワーストランキングにおいて、中国の天津は51位、北京は56位、南京は81位、上海は242位と実は想像したほど悪くはない。逆に、多くの工場が石炭をエネルギーとして稼働している河北省の大気が、甚だしく汚染されていることが改めて浮き彫りになった。
    9位 河北省ケイ台市-128
    10位 河北省保定市-126
    14位 河北省石家荘市-121
    19位 河北省邯鄲市-112
    24位 河北省衡水市-107
    29位 河北省唐山市-102
    37位 河北省廊坊市-96
    48位 河北省滄州市-88
    また、これらのよりひどいエリアがインドほか中東やアフリカに集中していることも軽視できない。PM2.5の汚染濃度のワースト1はアフガニスタンとの国境にも近いイランのザーボルで217、ワースト2はインドのマディヤ・プラデーシュ州グワーリヤルで176、そしてワースト3はインドのウッタル・プラデーシュ州イラーハーバードで170となっている。また砂嵐の被害で有名なサウジアラビアのほか、パキスタンやアフリカの深刻な大気汚染エリアもワースト50位以内に位置している。
    全文http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20160515/Techinsight_20160515_262925.html
    続きを読む

    九州北部でPM2.5高濃度 福岡では視界が霞み「煙霧」発生

    九州北部で4日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が高まった。
    福岡管区気象台によると、福岡市、佐賀市、長崎市などで、空気中の乾いた微粒子により視界が10キロ未満になる現象「煙霧」が発生し、見通しが悪い状況が続いた。
    全文http://this.kiji.is/56681605783127549?c=39546741839462401

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター