未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    韓国

    韓国、また東部沖でM3.8の地震発生…原発への被害は? 約5分後にはM1.3の余震も

    韓国東部の沖でまたも地震が発生した。さらに震源が原発の密集地域から約38キロメートル離れたため、原発の安全性に懸念が高まっている。

    韓国気象庁は22日、同日午前5時45分ごろ蔚珍郡(ウルチンぐん)の南東38キロメートル離れた海域でマグニチュード3.8の地震が発生したと発表した。正確な位置は北緯36.86度、東経129.80度で、震源の深さは21キロメートルと推定される。約5分後にはマグニチュード1.3の余震もあった。
    https://fnnews.jp/archives/4842
    ファイナンシャルニュースジャパン 2019/4/22


    続きを読む

    韓国「地震なのですか?」日本海上でM4.3の地震が発生 驚いた住民たちの119問い合わせ電話が殺到

    ◆ 東海でM4.3の地震... 江陵「地震」、210㎞離れた春川でも検出

    19日午前11時16分に江原道東海市の北東56キロの海域でマグニチュード4.2の地震が発生したと、気象庁が発表した。
    震源は北緯37.88度、東経129.54度地下32kmで観測された。
    全文
    https://www.mk.co.kr/news/society/view/2019/04/244144/

    続きを読む

    韓国「国家災難事態」を宣言 大規模な山火事発生 北東部 江原道高城郡

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190404004300882
    大規模な山火事発生 全国の消防車動員し消火活動中=韓国
    2019.04.05 00:09
     
    https://youtu.be/iYILjHP6Xw8

    続きを読む

    韓国がOECDワースト PM2.5濃度

    「PM2.5」など、空気中の汚染物質の濃度が、韓国はOECD=経済協力開発機構の加盟国のなかでもっとも高い状態になっており、その背景には石炭による火力発電があるという見解が、国内のエネルギー業界から出されました。

    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=71524
    続きを読む

    韓国南部で起きたM5.4の地震、地熱発電のために地下に大量に注水したことによって断層が動き地震誘発

    おととし、韓国南部で起きたマグニチュード5.4の地震について、韓国政府の調査研究チームは、震源の近くで行われていた地熱発電のために地下に大量に注水したことによって断層が動き、地震が誘発されたとする結果を発表しました。
    観測史上2番目の規模でした。

    2019年3月20日 20時38分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190320/k10011855281000.html

    続きを読む

    韓国・ソウルのPM2.5濃度、観測史上最悪を更新…「非常低減措置」が初めて6日間連続で発令される

     韓国のソウル周辺では、大気汚染がひどい時に車の走行や火力発電所の稼働などを制限する「非常低減措置」が、初めて6日間連続で発令されています。ソウルでは5日、大気中の微小粒子状物質=PM2.5の濃度が1日平均で1立方メートル当たり135マイクログラムとなり、観測史上最悪の値を更新。日本の環境基準の4倍近くに達しました。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3615370.html
    続きを読む

    韓国で大地震への懸念高まる 断層が長い眠りから目覚め、大地震のシグナルを送っている

    「地震安全地帯」と言われていた朝鮮半島ではここ数年、東南部で強い地震が相次いで発生している。今月10日にはマグニチュード(M)4.1の地震が慶尚北道・浦項一帯を襲った。浦項は2017年にもM5.4の地震が発生していた。16年には慶州でもM5.8の地震が起きていた。

    https://www.recordchina.co.jp/b673367-s0-c30-d0058.html

    続きを読む

    韓国南東部の浦項沖で地震発生 M4.1震源の深さは約21キロ

    【ソウル聯合ニュース】10日午後0時53分ごろ、韓国南東部、慶尚北道浦項市北区の東北50キロ沖で、マグニチュード(M)4.1の地震が観測された。震源の深さは約21キロ。

    気象庁関係者は「地震が頻繁に発生する地域だが、通常より規模が大きい。現在のところ被害は確認されていない」と伝えた。
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190210000700882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.02.10 13:40

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター