未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    防災

    【予測】2020年も“必ず”来る!豪雨災害

    2017年=九州北部豪雨、2018年=西日本豪雨、そして2019年、日本は台風19号など相次ぐ台風に見舞われ、またも甚大な被害を出した。大雨による災害は、もはや毎年のように起き、多くの命が失われる時代になってしまった。2020年も「必ず起きる」と考えておくべきだ。

    ■データが語る「豪雨災害リスク」

    ■「自分の命は自分で守る」

    ■大雨警戒レベルの「改善」を
    1/1(水) 4:17配信
    日テレニュース24
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200101-00000053-nnn-soci

    続きを読む

    10階建てを揺らしてみた 耐震性能実験

    10階建て建物で耐震性能実験

    *ソース元にニュース画像あり*
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20181221/2020002680.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    最新の耐震技術に関する世界最大規模とされる実験が三木市で行われ、
    10階建ての鉄筋コンクリートの建物を特殊な装置で揺らして、その性能を確かめました。
    続きを読む

    北海道 大雨の緊急速報メール、8時間で18回 「うるさい」「自分の住んでいるところに関係ない」 市に苦情も...

    27日の大雨で、札幌では南区などに避難準備情報が出されました。この緊急速報メールに関し札幌市には苦情も寄せられています。
    スマホや携帯電話に届く緊急速報メールが午前10時すぎからの8時間で18回の通知がありました。このメールに関し「自分の住んでいるところに関係ない」などと市には苦情が相次ぎました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000005-htbv-hok
    続きを読む

    緊急地震速報なりまくり! 平成30年7月5日に緊急地震速報の訓練

    続きを読む

    ブロック塀問題 大阪直下地震で倒れたブロック塀“都市の死角”

    地震の揺れでブロック塀が倒れた大阪 高槻市の現場を19日、専門家が調査しました。専門家は、塀が高すぎるなど不十分な構造物だとした一方で、「一面に絵が描かれるなど、住民が危険性を認識できない『都市の死角』になっていたおそれがある」と指摘しています。
     
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011485901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_079 
    続きを読む

    防災・富士山噴火で首都圏まひ?「見渡す限り灰色の世界…」電力・交通網は機能不全 内閣府、大規模降灰対策を本格検討へ

    駅も道路もビルの屋上も見渡す限り灰色の世界…。
    富士山が噴火し、首都圏に火山灰が降り注いだ場合、東京の都市機能はどうなってしまうのか。
    そんな不安に応えるべく、富士山噴火時の降灰対策について政府が年内にも初めての本格的検討を始める。
    全文 
    https://www.sankei.com/premium/news/180530/prm1805300007-n1.html
    続きを読む

    「Lアラート」のシステム訓練全国で実施。避難勧告などの情報をテレビやラジオ、ネットを通じて一斉に

    災害時に自治体が発表する避難勧告などの情報を、テレビやインターネットなどを通じて一斉に伝える
    「Lアラート」システムの訓練が23日と24日、全国で行われます。
    訓練では、都道府県ごとに災害を想定し、市区町村の担当者が避難勧告や開設された避難所などの情報を
    システムに入力し、それを基に、放送局などが配信された情報が正しく表示されるか検証します。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011448681000.html 
    続きを読む

    南海トラフ地震の臨時情報発表を想定 午前4時半に遠州灘でM7.5、翌日に和歌山県南方沖でM9.1

    南海トラフで巨大地震発生の可能性が高まり気象庁が臨時の情報を発表したことを想定して、国土交通省が対応を確認する初めての訓練が行われました。

    詳しい想定は、午前4時半に遠州灘を震源とするマグニチュード7.5の大地震が起きたことを受けて、午前7時に気象庁が臨時の情報を発表。その翌日の正午に和歌山県南方沖を震源とするマグニチュード9.1の巨大地震が発生するというものです。

    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180507/k10011429591000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター