未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    重力

    「重力値」40年ぶりに更新 以前の重力値と比べて減少、震災で地盤が沈んだ東北地方など一部で増加

     あなたの体重が髪の毛の重さほど変わります――。国土地理院が15日、日本各地で測定した基準となる「重力値」を40年ぶりに更新した。変動の最も大きかった新潟県佐渡市では40年前に比べて体重60キロの人が約0・006グラム軽くなったことになる。

     重力は、物体が地球から受ける力で、地球の引力と自転による遠心力によって決まる。大きさは約980ガル(ガルは加速度の単位)で、赤道の近くでは遠心力が大きくなるため、わずかに小さくなる一方、地中に密度の高い物質がたくさんあると、大きくなる。例えば同じ体重計で測った場合、北海道より緯度の低い沖縄では、ほんのわずかに軽くなる。
    一部抜粋でお送りしております。 詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK3H4QBWK3HUJHB00F.html
    続きを読む

    別次元へのゲート!?重力がほとんど存在しないハドソン湾を囲む”反重力地帯”の謎

    ◆体重も軽くなる。重力がほとんど存在しない場所、カナダ・ハドソン湾の謎が解き明かされる
     グローバル重力場調査を実施していた科学者らが、この奇妙な異常に気がついたのは1960年代のことだ。そこだけ重力がやたらと弱い理由については長い間謎であったが、それもようやく解き明かされた。
    ◇ローレンタイド氷床により捻じ曲げられたハドソン湾の重力
    ◇マントルの対流のホットスポット
    ◇ここでは体重も軽くなる
    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)  
    カラパイアhttp://karapaia.com/archives/52230643.html
    続きを読む

    「宙に浮きたがる」 グーグル「重力に逆らう」素材を開発

    謎に包まれたGoogleの研究部門「X」が、極めて丈夫で重力に逆らう素材を近いうちに発表する可能性が出てきた。同部門の責任者は、これが世界を変えるかもしれないと考えているという。
    Boeingが生み出したこの金属製素材は、確かに軽いが落とせば地上へ落下する。しかし、Googleがひそかに開発を進めている画期的な新素材は違うようだ。Google Xの責任者であるAstro Teller氏によれば、この素材は「宙に浮きたがる」のだという。
    全文読むhttp://japan.cnet.com/news/service/35078085/

    続きを読む

    「重力波」観測により「ワープ航路」は可能なのか 空間のゆがみ

    宇宙の謎を解き明かす新たな観測方法を手に入れた意義は大きい。米カリフォルニア工科大などのチームが、「宇宙から到来した重力波を捉えた」と発表した。重力波は、アインシュタインが一般相対性理論に基づき、100年前に存在を予言した現象だ。
    一般相対性理論によると、ブラックホールなどの巨大な質量の天体は、周囲の時空間をゆがめる。天体同士が衝突すると、ゆがみがさざ波のように広がっていく。今回捉えた重力波について、研究チームは、13億光年の彼方で二つのブラックホールが合体して発生したものと推定している。
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160212-OYT1T50176.html

    続きを読む

    重力波観測で超常現象が解明 パラレルワールドなどオカルトと科学

    「重力波」初観測でUFO・幽霊・パラレルワールドなど、あらゆる超常現象が解明される!? オカルトが科学になる可能性【前編】
    ■「重力波」は、あらゆる超常現象を解き明かす鍵となるか?
     今回の偉業に、当然ながら世界のオカルト愛好家たちも衝撃を受けている。
    そもそも、重力波が存在すること自体は過去に間接的に示されてきたが、それが直接観測されたことはなく、予言したアインシュタイン自身さえ「存在しない」と語ったことがある。そのため、重力波の存在を疑う研究者も存在し、オカルト的な文脈で語られることも多かったのだ。それが今回、現実に観測されたインパクトは極めて大きい。
    全文読むhttp://tocana.jp/2016/02/post_8880_entry.html

    続きを読む

    太陽系の重力はどこまで… 太陽系に9番目惑星か

    米カリフォルニア工科大のチームは20日、海王星の外側に新たな惑星が存在する可能性があると発表した。実際に観測によって見つかると、太陽系の第9惑星になると期待される。
    チームによると、惑星は地球の10倍程度の質量があり、太陽から約45億キロ離れた海王星よりも20倍離れた軌道を回っているとみられる。太陽の周りを1周するのに1万~2万年かかるという。
    全文読む http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/01/21/kiji/K20160121011896980.html 
    続きを読む

    現代最大の発見!「重力波検出」の可能性があると噂が 重力とアインシュタイン

    【AFP=時事】ある物理学者のチームが重力波の検出に成功した可能性があるとのうわさが、科学界で波紋を広げている──。物理学者アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)が提唱した一般相対性理論の重要な要素である重力波が確認されれば、
    現代における最大の発見の一つになる。
    これまでのところ、この事実についての発表はない。また信頼性があり、検証可能な科学的研究を発表する際に通常、重要な過程とされる研究成果の発表や査読、論文の投稿なども一切行われていない。
    全文読むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000028-jij_afp-sctch 
    続きを読む

    アインシュタインが予言した「重力波」 重力波望遠鏡が完成 これはノーベル賞級だ!

    「重力波」世界初観測へ 望遠鏡が完成
    アインシュタインが存在を予言した「重力波」と呼ばれる現象を観測しようと、東京大学などが岐阜県の山の地下深くに建設した巨大な観測装置が完成し、報道関係者に公開されました。かつて重力波が直接捉えられたことはなく、世界が100年越しで挑んできた物理学の難題の行方に注目が集まっています。
    (続きはこちら)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151106/k10010296461000.html

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター