未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    避難

    静岡県内の沿岸で津波避難訓練 南海トラフに備え「地震だ、津波だ、すぐ避難」を合言葉に

    東南海トラフ巨大地震に備え、参加者は「地震だ、津波だ、すぐ避難」を合言葉に、即時避難の重要性を確認した。県が定めた津波対策推進旬間(6~15日)に合わせた本年度の訓練参加者は、速報値で21市町計11万6千人だった。
    http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/338063.html
    8万7000人が津波避難訓練 静岡の沿岸18市町
    http://www.sankei.com/region/news/170313/rgn1703130015-n1.html
    県内18市町、一斉避難訓練 巨大津波へ心構え新た
    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170313/CK2017031302000082.html
    続きを読む

    備えておくと便利!災害時に便利!防災グッズ

    ■ダイヤルで度数を調整できる万能メガネ「アドレンズ」
     まず最初に紹介するのは、老眼・近視・遠視に対応し、左右それぞれのレンズをダイヤルで度数調整できる万能メガネ「アドレンズ」。2枚の波状ポリカーボネート製レンズを組み合せ、その重なり具合でピントが合う仕組みだ。ダイヤルの操作は簡単で、工具などは使用せず指先で回すことができる。

    ■空気と反応し発電する大容量の非常用亜鉛電池
     パッケージを開けることで酸素と亜鉛ジェルが反応し、備蓄状態からすぐに使用可能になる。容量は540WhでACコンセントが2口付いており、ノートパソコン(36W)なら約15時間、LED照明(20W)なら約25時間の使用が可能。一次電池なので再充電はできないが、電池残量があれば再び収納して断続的に使用することもできる。

    ■「車中泊」「帰宅困難時」など4種類の状況に合わせた避難セット
    全文http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161020/RbbToday_146206.html 
    続きを読む

    リュックか、スーツケースか 巨大地震発生、避難する時どちらを持つべきか

    【避難時に持つのは、リュックか、スーツケースか】
     頑丈なスーツケースは荷物の「中身」を守るにはいいが、地震で避難する際には不向きだ。防災都市計画研究所会長の村上處直氏が語る。
    「地震の後には地面にガラスの破片や瓦礫などが散乱しているので、スーツケースを持ち歩くのは大変です。しかも荷物を持つために手が塞がれてしまうので、危険回避上のリスクもある。その点、リュックは両手が自由になるので、避難の際にはとても便利です」
     ただし、リュックに重い荷物を詰め込むと、余震で揺れた際などにバランスを崩して後ろに転倒してしまう危険性がある。足元も悪い状態なので、避難の際は最低限必要なものだけをリュックに詰め、身軽な姿で逃げよう。
    全文http://www.news-postseven.com/archives/20160506_406868.html
    続きを読む

    兵庫県神戸市が「津波避難ビル」マップ作成

    1: 名無しさん 2015/04/07(火) 09:16:32.17 ID:???*.net
    産経新聞 4月7日(火)7時55分配信

    南海トラフ巨大地震による津波からの素早い避難のため、
    神戸市は市臨海部の事業所に勤める従業員ら向けに
    一時的な待避場所となる「津波避難ビル」の位置を記したマップを作成した。

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター