未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    西之島

    西之島、噴煙1800メートル 専門家「爆発の可能性も」

     海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認したと発表した。

    https://this.kiji.is/591900513562887265

    続きを読む

    西之島 ゴキブリ繁殖し生態系に影響懸念 環境省は対応を検討

    ゴキブリ繁殖し生態系に影響懸念 小笠原諸島 西之島

    噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島の西之島で、ゴキブリが繁殖しているのが確認され、環境省は対応を検討することにしています。


    ゴキブリは活発な噴火活動が始まる前から島にいて、漁業者の船などから入り込んだとみられていましたが、噴火後も生き残っていたうえ数百匹に増えている可能性があるということです。
    ※ ソースに動画あります
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003
    2020年1月11日 5時21分 NHK

    続きを読む

    「西之島のマグマが衰える気配がない」溶岩流が海上に張り出し面積拡大

    火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は10日、「溶岩流が海上に張り出し、面積は東京ドームの約59倍に拡大した」と上空からの観測結果を明らかにした。
     今月2日に航空機で西之島上空を観測した海保によると、火口内にできた新しい火砕丘の中央で、ストロンボリ式噴火が40~60秒間隔で発生し、灰色の噴煙が高さ約500メートル上空に立ち上るようすを確認。
    全文http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20153.html
    続きを読む

    西之島 約1年半ぶりに噴火を再開、火口からはマグマのしぶきが激しく飛ぶ

    20日、約1年半ぶりに噴火が再開した西之島では、新しく出来た火口から、勢いよく噴煙があがり、マグマのしぶきが噴き上がっている。
    新たに出来た火口から流れ出した溶岩は海岸まで到達し、水蒸気が上がっているのも確認できた。元々あった島の部分はまだ溶岩に覆われていない状態で、白い鳥のような生物もみることができる。

    全文(サイト内に動画あります}
    http://www.news24.jp/articles/2017/04/25/07359865.html
    続きを読む

    小笠原諸島の西之島で噴火確認 火口周辺警報発表

    気象庁は、今後も噴火が発生する可能性があるとして午後4時半前、西之島に火口周辺警報を発表し、火口からおおむね1.5キロの範囲では大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
    西之島で噴火が確認されたのはおととし11月以来で、火口周辺警報が発表されるのは、2か月前のことし2月に解除されて以来です。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955411000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
    続きを読む

    西之島、上陸調査の結果 噴火前に見られた植物や鳥、昆虫などの姿が確認

     環境省は25日、火山活動が落ち着いた東京・小笠原諸島の西之島で行った噴火後初の上陸調査の結果を公表した。噴火前に見られた植物や鳥、昆虫などの姿が確認できた。

     旧島部分では、もともと島に生息していたアオツラカツオドリが営巣、子育てをする様子がみられた。アトリやカツオドリも確認した。ハサミムシなどの昆虫やダニもいた。
    また、旧島に生えていたオヒシバ、スベリヒユなどの植物も確認した。溶岩の成分が安山岩であることもわかった。

    引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJBT61NDJBTULBJ019.html
    続きを読む

    噴火収まる西之島、警戒範囲を緩めて上陸が可能に。誰でも上陸できるのか?

    3年前の噴火を機に大きくなった東京・小笠原諸島の西之島。国が立ち入りの警戒範囲を緩めて、上陸が可能になった。専門家の調査団が16日、島に向けて神奈川・横須賀を出発したが、誰でも島に入れるのだろうか。
    ■新島がくっつき成長
    ■無許可航行はNG
    全文
    http://www.asahi.com/articles/ASJBK5RSWJBKUTIL04Y.html
    続きを読む

    小笠原・西之島で上陸調査 新たな生態系、現在どのような生物がいるのか

     2013年からの噴火で拡大した小笠原諸島・西之島(東京)で今月、東京大地震研究所などのチームが噴火後初めて上陸調査をする。
    調査船の航海は16~26日で、このうち2日間上陸して火山活動や生物を調べる。

    火山活動で噴出した岩石を採取し、地震計などの観測装置を設置。溶岩に覆われて生物がほぼ消失した島で新たな生態系ができる様子を調べるため、現在どのような生物がいるのかを調べる。
     周辺の海域にも海底地震計などを整備し、島の火山活動やマグマだまりの状態を把握することを目指す。
    全文http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H1Z_S6A011C1000000/
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター