船橋市南部の浜町から湊町にかけての水辺に近いエリアで6月23日~24日、「トンボが大量に発生している」とSNSを中心に話題となった。(船橋経済新聞)
 最初にSNSなどで投稿が始まったのは23日早朝。通学中の学生らが大量にトンボを見掛けたことで
「トンボが大量発生しているんですけど、多すぎてきもい」(原文ママ)などとツイッターなどで拡散した。
 同様に「大量のトンボを発見した」という情報が船橋市内各所でも飛び交い、フェイスブックなどでも写真付きの記事が投稿され、トンボの大量発生に関する情報に多くの市民が敏感になった。

トンボは通常であれば、数日後には夏を迎える里山に向かって移動を始める。現在は一時的な混乱で、数日後には今回のトンボ大量発生事件については終息するのではと見解を話す。
「万が一、どこかの場所で一時的に大量発生しているとしたら、蚊やハエの幼虫にとっても住みやすい環境。気になる場所があれば連絡してほしい」と呼び掛ける。
全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000037-minkei-l12 
続きを読む