未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    福岡

    九州でも主要活断層帯は16カ所あり震度7の直下型地震「いつでも起き得る」警固断層帯

    大阪府北部で発生した震度6弱の地震は、都市部の浅い地下で起きた「直下型」だった。
    九州でも主要活断層帯は16カ所あり、識者は「九州でもいつ、どこで大きな揺れが発生してもおかしくない」と警戒を呼び掛ける。中でも福岡都市圏の地下を走る「警固断層帯」や、熊本地震を引き起こした
    「布田川-日奈久断層帯」は大阪と同様、都市機能をまひさせる地震を起こす恐れがあるという。  
    「熊本市でも都市型地震への注意が必要だ」
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00010002-nishinpc-sctch 
    続きを読む

    「久留米揺れた!!」福岡県筑後地方でM4.0の地震発生 最大震度2

    福岡県みやま市高田町上楠田

    24日01時25分ころ、地震がありました。
    震源地は、福岡県筑後地方(北緯33.1度、東経130.5度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    福岡、大分に大雨特別警報 ダムがそろそろ危ない 川も氾濫しそう

    続きを読む

    福岡県「大雨特別警報」 記録的な大雨に

    【TV】福岡県に大雨特別警報 
    http://www3.nhk.or.jp/news/live/?utm_int=all_contents_tv-news_live 

    福岡県に大雨の特別警報 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011044331000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 
    活発な前線の影響で、九州北部では猛烈な雨が降り続いて記録的な大雨となっていて、気象庁は5日午後5時51分、福岡県に大雨の特別警報を発表しました。 
    続きを読む

    福岡県北西沖で地震発生 M3.5 最大震度1

    27日19時42分頃地震がありました。
    震源地は福岡県北西沖(北緯33.8度、東経130.2度)で、 震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.5と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    福岡県北部で震度0の地震発生 震源地は福岡市中央区天神2丁目付近 千葉県東方沖で震度1の地震発生

    福岡県福岡市中央区天神2丁目
    17/06/13 20:44:17 33.58N130.40E
    13kmM 2.5 福岡県北部


    13日22時51分頃地震がありました。
    震源地は千葉県東方沖(北緯35.5度、東経141.1度)で、 震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    岩手県内陸南部、山口県北西沖 珍しい場所で地震相次ぐ

    01日21時51分頃地震がありました。
    震源地は岩手県内陸南部(北緯39.4度、東経140.7度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.9と推定されます。

    01日22時14分頃地震がありました。
    震源地は山口県北西沖(北緯34.0度、東経130.9度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.2と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    「福岡地区で再び大きな地震が起きる恐れがある」警固断層帯に加え、宇美断層など主要活断層帯に追加

    福岡沖地震から20日で12年を迎えた。最大震度6弱を引き起こした警固(けご)断層帯に加え、政府は2月、平行する宇美断層と日向峠 (ひなたとうげ)-小笠木峠(おかさぎとうげ)断層帯も「主要活断層帯」に追加。マグニチュード(M)7以上の地震を起こす可能性が高いとされ、
    専門家は「福岡地区で再び大きな地震が起きる恐れがある」と指摘する。九州では他にも4カ所が主要活断層帯に追加されており、防災を担う行政からは、活動周期などの早期調査を望む声が強まっている。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00010000-nishinpc-sctch 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター