未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    生物

    ガーデニング 竹ブームの影響でトラブル増加 驚異の繁殖力

    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010000-clc_teleg-int

     英国では竹ブームの影響で、近所トラブルが増加していると専門家が警告している。

     見た目も良く、成長も早いことから竹を花壇に植えるガーデニング愛好家が増えている。また、詮索好きな隣人の視線を遮るのにも竹は最適だ。

     だが、竹は成長が非常に速く、地下茎によって繁殖する。この地下茎は自分の庭だけではなく近所の庭に浸食する可能性もあり、注意深く管理をしないと迷惑になりかねない
    続きを読む

    信号機故障「強毒ヒアリ」まだ脅威 いまや1万匹

    強い毒性があり、生態系を変えてしまう「ヒアリ」が日本の港で初めて見つかってから2年。この間、大阪や名古屋、横浜、福岡など14都道府県の港などで計約1万匹が見つかっており、水際での攻防がなお続いている。特定外来種の脅威とは?

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM6T5TFWM6TUTIL02L.html
    続きを読む

    人類は定説より早くアフリカ外へ?21万年前の化石発見

    ギリシャの洞窟から見つかった現代の人類の化石が、アフリカ以外で見つかったものとしては最も古い21万年前のものとみられることがドイツのグループの研究で分かりました。グループでは「現在の人類は定説より数万年も早くアフリカの外に進出しネアンデルタール人などとの共存や競争が長い間複雑な形で行われたことになる」と分析しています。
    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190711/k10011989471000.html
    続きを読む

    バッタが大量発生 過去60年で最悪の農業被害 伊サルデーニャ島

    https://www.afpbb.com/articles/-/3229379?act=all

    【6月11日 AFP】イタリアの農業生産者団体「コルディレッティ(Coldiretti)」は10日、イタリア・サルデーニャ(Sardinia)島でバッタが大量発生し、少なくとも2000ヘクタールの農地で作物に被害が出たと明らかにした。専門家らは、この地域としては過去60年で最悪の被害だと述べた。

    続きを読む

    数百万匹のテントウムシの大群が米国上空に、レーダーに巨大な影

    [ロサンゼルス 6日 ロイター] - 米カリフォルニア州南部で今週、何百万ものテントウムシが餌のアリマキを求めて上空を飛んでいるところが、レーダーに巨大な影として捉えられた。当局者らが6日明らかにした。

    米国立気象局(NWS)の専門家アダム・ローザー氏によると、この大群は、ロサンゼルスの東110キロ超にあるヘスペリア市を中心に、130キロ四方に広がっていた。

    6/7(金) 15:59配信 ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000085-reut-n_ame

    続きを読む

    「あり得ないような組み合わせ」 9900万年前のアンモナイト、琥珀に閉じ込められて発見、おそらく初

    ■意外な組み合わせ、樹脂の化石はどうやって海の生物を閉じ込めたのか
     琥珀といえば、樹脂が長い年月をかけて化石化したもの。ところがその中から意外なことに、海の生物アンモナイトが見つかった。
     アンモナイトは絶滅した海の軟体動物で、タコやイカの仲間。

    ■謎が多いアンモナイト

    ■奇跡の化石の発見ルート
    ※続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00010000-nknatiogeo-sctch 
    続きを読む

    秋田県で「光るミミズ」発見! 緑に光る体液を出す「ホタルミミズ」

    2018年12月24日 7時5分 掲載 緑に光る体液を出す「ホタルミミズ」が、秋田市の秋田大学手形キャンパス内で見つかった。これまで山形市と仙台市とされたホタルミミズの北限が、秋田市となった。
    全文 https://www.sakigake.jp/news/article/20181224AK0002/
    続きを読む

    2050年までに世界人口の半分が近視になり、10億人に一人が失明

    パヴロヴァ氏によれば、近視患者の数は年々増えており、ロシアでは過去10年間でティーンエイジャーの中の禁止患者数は1.5倍に拡大している。パヴロヴァ氏は「世界の統計予測では2050年までに地球上の人口の50%が近視に、10%が強度の近視になり、10億人に一人の割合で失明する」と語っている。
    全文https://sptnkne.ws/hDAT
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター