未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    火山

    浅間山 火山性地震380回超 火山ガスの放出量も多い状態

     浅間山では、山頂の火口直下を震源とする火山性地震が相次いでいて、今月13日~17日午後3時までに発生した回数は、計387回に達した。地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動については観測されていないものの、13日に行った現地調査では、二酸化硫黄の放出量は1週間前の調査時を上回る1900トンだった。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19105.html
    続きを読む

    浅間山 火山ガス放出量が増加し小規模噴火の恐れ 火山活動はやや活発な状態が続く

     気象庁は18日夜、浅間山(長野・群馬県境)の火山活動解説資料を発表した。同日観測した火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が以前より多い1日あたり3600トンに達し、小規模な噴火の可能性があるとして引き続き警戒を呼びかけている。
    全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000052-mai-soci
    続きを読む

    薩摩硫黄島 噴火警戒レベル2へ 小規模噴火が起きるおそれ

    鹿児島県三島村の薩摩硫黄島について、気象庁は、火山活動が高まっていて今後、小規模な噴火が起きるおそれがあるとして、5日午前、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1から2に引き上げました。気象庁は火口からおおむね1キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170105/k10010829601000.html 
    続きを読む

    普通の火山じゃない イタリアの超巨大火山に噴火の兆候

    観測データの解析とコンピューターによるモデリングの結果、「マグマが、ガスを放出する臨界圧力(CDP)に達している可能性がある。世界屈指の人口過密地帯である大都市ナポリ近郊にあるこの火山では現在、加速的な変動と温度上昇が観測されている」と、ローマのイタリア国立地球物理学研究所が発表した。
    全文http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/122700499/
    続きを読む

    科学者が警告 世界的惨事を引き起こす噴火が起こり得る フレグレイ平野の火山活動が再び活発化

     火山性カルデラ盆地であるフレグレイ平野(イタリア・ナポリ)の地下のマグマから放出されるガスの圧力が、火山活動を引き起こす可能性のある臨界圧力に達している可能性があるという見解を示した論文が、今週掲載される。
    以下ソース参照
    【火山学】フレグレイ平野での火山活動活発化の可能性 | Nature Communications | Nature Research
    http://www.natureasia.com/ja-jp/ncomms/pr-highlights/11510
    イタリア・ポンペイ付近に超巨大火山=科学者が警告
    http://jp.reuters.com/article/idJPjiji2012080600571
    続きを読む

    アラスカの火山、爆発性の噴火が発生 警戒レベルは最高水準に引き上げ

    2016年 12月 21日 14:47 JST
    http://jp.reuters.com/article/alaska-volcano-idJPKBN14A0BP
    [20日 ロイター] - 米アラスカ火山観測所によると、アラスカ州アリューシャン列島のボゴスロフ島で20日、爆発性の噴火が発生した。
    噴煙は一時上空10キロまで到達。警戒レベルは最高水準に引き上げられた。その後、火山活動は収まったもよう。無人島のボゴスロフ島が属するアリューシャン列島は環太平洋火山帯の一部をなす。
    続きを読む

    火山性地震71回 霧島連山えびの高原(硫黄山)

    気象庁は12日、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島連山のえびの高原(硫黄山)で、火山性地震が午前11時から2時間で71回発生したと明らかにした。
    その後は落ち着いているという。
    ▽引用元:共同通信 2016/12/12 17:30
    http://this.kiji.is/180960150147203075
    続きを読む

    九州南部の縄文文化を滅ぼした「鬼界カルデラ」直下のマグマが活動的

    九州南方海底に活動的マグマ 神戸大が確認

    海洋底探査センター(神戸市東灘区)は18日、九州南方の海底に広がるくぼみ「鬼界(きかい)カルデラ」を調べた結果、熱くて濁った水が海底から湧き出る「熱水プルーム」を5カ所で確認した、と発表した。
    海底からの高さは最大約100メートルに上る。現時点では噴火予測はできないが、カルデラ直下のマグマが活動的であることを示しているという。

     鬼界カルデラは約7300年前に噴火を起こし、九州南部の縄文文化を滅ぼしたとされる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000001-kobenext-sctch
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター