未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    火山

    文明が“破局”九州巨大カルデラ噴火「明日にでも起こり得る」

    最近、再び「カルデラ噴火」あるいは「破局噴火」と呼ばれる事態がネット上で注目を集めているようだ。規模によっては文字通り「日本の終わり」が訪れることになる一大カタストロフィーだが、いま特に話題となっているのは、カルデラ噴火研究の第一人者である神戸大学海洋底探査センター・巽好幸(たつみ よしゆき)教授が発表した見解だ。
    ■文明が“破局”を迎えるカルデラ噴火、いつ起きてもおかしくない
    全文http://tocana.jp/2017/05/post_13265_entry.html
    続きを読む

    火山深部へ掘削する装置「トール」強力なクリーンエネルギーを生み出そうとする最先端の取り組み

     トールを使った実験的な計画「アイスランド深層掘削プロジェクト(IDDP)」はうまくいけば、地球内部、この場合は火山帯、の熱を利用して、既存のガス田または油田の最大10倍のエネルギーを生み出す可能性がある。
    全文http://www.afpbb.com/articles/-/3127985?cx_part=sp_latest 
    続きを読む

    カムチャツカ半島シベルチ火山が噴火

    ロシア極東カムチャツカ半島にあるシベルチ火山が16日深夜、9000メートル上空まで噴煙を吹き上げた。極東支部ロシア科学アカデミー付属カムチャツカ火山噴火対応グループ(KVERT)が伝えた。
    全文https://jp.sputniknews.com/incidents/201705173643223/
    続きを読む

    「西之島のマグマが衰える気配がない」溶岩流が海上に張り出し面積拡大

    火山活動を再開した小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は10日、「溶岩流が海上に張り出し、面積は東京ドームの約59倍に拡大した」と上空からの観測結果を明らかにした。
     今月2日に航空機で西之島上空を観測した海保によると、火口内にできた新しい火砕丘の中央で、ストロンボリ式噴火が40~60秒間隔で発生し、灰色の噴煙が高さ約500メートル上空に立ち上るようすを確認。
    全文http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20153.html
    続きを読む

    霧島山えびの高原・硫黄山 噴火警戒レベルを1から2に引き上げ

     気象庁は9日、鹿児島、宮崎両県にまたがる霧島山の一つ、えびの高原・硫黄山(宮崎県えびの市)周辺の噴火警戒レベルを1から2に引き上げ、火口周辺警報(火口周辺規制)を発表した。火口から約1キロの範囲で噴石が飛び散る可能性があり、注意を呼びかけている。
    ■火口周辺が立ち入り禁止に
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000101-asahi-soci
    続きを読む

    桜島連続噴火 噴煙は4千メートル 市街地への降灰が続く

    鹿児島地方気象台によると、昭和火口で午前3時20分から同4時30分までに1000メートル以上の噴煙が上がる噴火が継続的に発生。
    山頂で東風が吹いていたことから、同市の市街地への降灰が続いたという。
    全文http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20170502-OYTNT50234.html
    続きを読む

    伊豆諸島 海底火山「ベヨネース列岩」で新たに複数の場所で気泡が発生

    先月、熱水の噴出が原因と見られる海面の変色が確認された伊豆諸島の青ヶ島の南にある海底火山「ベヨネース列岩」で、新たに複数の場所で気泡が発生していることが上空からの観測で確認されました。
    気象庁は、小規模な海底噴火が起きる可能性があるとして、噴火警報を継続し、周辺の海域では警戒するよう呼びかけています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010965461000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020
    続きを読む

    西之島 約1年半ぶりに噴火を再開、火口からはマグマのしぶきが激しく飛ぶ

    20日、約1年半ぶりに噴火が再開した西之島では、新しく出来た火口から、勢いよく噴煙があがり、マグマのしぶきが噴き上がっている。
    新たに出来た火口から流れ出した溶岩は海岸まで到達し、水蒸気が上がっているのも確認できた。元々あった島の部分はまだ溶岩に覆われていない状態で、白い鳥のような生物もみることができる。

    全文(サイト内に動画あります}
    http://www.news24.jp/articles/2017/04/25/07359865.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター