未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    深海魚

    京都 舞鶴沖で深海魚「リュウグウノツカイ」を捕獲…専門家「今年、多いんです」

     14日午前6時すぎ、京都府舞鶴市の沖合で体長4メートル弱の深海魚が捕獲されました。

     「リュウグウノツカイ」という普段は海底2、300メートルの場所に生息する種類で、漁師が設置した網にかかっているのを見つけたということです。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00026124-mbsnewsv-l26
    続きを読む

    福井県の水晶浜で伝説の激レア深海魚「リュウグウノツカイ」

    福井県の水晶浜を訪れた人がレアな深海魚「リュウグウノツカイ」を目撃し、撮影された写真と映像が話題になっています。
    大きさは2メートルほどだったということ。

    ツイート:https://twitter.com/yuman0314/status/1021220910861176832?
    ※リンク先に動画があります

    BIGLOBEニュース 2018年7月26日(木)17時26分
    https://news.biglobe.ne.jp/animal/0726/9pt_180726_7005298556.html
    続きを読む

    鳥取市沖の日本海で100キロを超える巨大な深海魚「オオクチイシナギ」

    水揚げされたのは、「オオクチイシナギ」と呼ばれるスズキ科の深海魚で、体長1メートル70センチ、重さは110キロあります。

    水揚げされたオオクチイシナギは近くの水産加工会社に5万円で競り落とされ、訪れた人たちが興味深そうに見学していました。
    「こんな大きなサイズは初めてで、思わず競り落としてしまいました。刺身にすると200人前になると思います」と話し、刺身にするか鍋にするか考えたいとしています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011367611000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
    続きを読む

    【京都】若狭湾で「竜宮の使い」捕獲 5メートル15センチもある大物

     京都府宮津市黒崎沖の若狭湾で11日に深海魚のリュウグウノツカイが定置網にかかった。5メートル15センチもある大物で、魚体も傷が少なく銀色の魚体と赤色のひれが美しい。京都北部の日本海では近年、冬場になると深海魚が捕れることが増えているが、漁師や研究者も「これほどの大物は見たことがない」と驚いている。

    全文https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00e/040/249000c 
    続きを読む

    【深海魚と地震】深海魚の打ち上げと大地震の発生 関連性は薄い

     国内ではリュウグウノツカイやサケガシラなどの深海魚の打ち上げや捕獲を地震の前兆とする言い伝えが一部にある。1968年に起きたマグニチュード(M)7・9の十勝沖地震では発生3日前にシギウナギが捕獲された記録もある。海底のプレート(岩板)の微小な動きなどで電磁場が変化し、深海魚の行動に異常が出る――などとする考え方だが、科学的には証明されていない。
    全文http://yomiuri.co.jp/science/20171026-OYT1T50113.html
    続きを読む

    鹿児島で深海魚「リュウグウノツカイ」が発見される

    鹿児島県瀬戸内町古仁屋(こにや)の海岸で9月30日、深海魚「リュウグウノツカイ」の死骸が海底に沈んでいるのを、地元高校生が発見した。本来の生息域は陸から離れた外洋の深海であり、漂着例は珍しいという。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00010001-nankainn-l46
    続きを読む

    五島に深海性の珍しい魚「リュウグウノヒメ」国内での目撃は非常にまれ

    佐世保市の九十九島水族館(海きらら)などによると、シマガツオ科のリュウグウノヒメは大きく広がる背びれやしりびれが特徴で体長40~50センチに成長。日本海沿岸や太平洋沖など各地の水深数百メートルに生息するが報告例は少なく、同館でも「今回が初確認」という。
    全文http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/06/24093934051678.shtml
    続きを読む

    新潟県 日本海に深海魚や外洋性など珍魚続々と漂着相次ぐ 原因は不明

     新潟県内ではこの冬、日本海では珍しい魚類の漂着が相次いでいる。いずれも対馬海流で運ばれてきたとみられるが、原因は不明。新潟市水族館マリンピア日本海(新潟市中央区)は「かなりの当たり年。可能な限り展示して、生態の解明につなげたい」としている。
     ◆暖流に運ばれて
     これらの魚は太平洋などに生息しており、対馬海流(暖流)で流されてきたとみられる。
    全文はソースで http://www.yomiuri.co.jp/science/20170207-OYT1T50118.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター