未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    深海魚

    秋田県男鹿市脇本の日本海沿岸にリュウグウノツカイ漂着

     8日午前、秋田県男鹿市脇本の日本海沿岸に深海魚リュウグウノツカイが漂着しているのを地元の男性が見つけた。男鹿水族館GAO(同市)によると、体長3・95メートルで、発見時には既に死んでいた。同館は来館者向けに展示したが、9日以降の扱いは未定という。

    https://www.daily.co.jp/society/human_interest/2019/12/08/0012943437.shtml

    続きを読む

    長崎で“幻の深海魚”2匹見つかる 海きららで冷凍保管

    “幻の深海魚”2匹見つかる 海きららで冷凍保管
    2019/6/5 00:04 (JST)
    https://this.kiji.is/508649966668891233?c=39546741839462401
    続きを読む

    兵庫県で"地震魚"深海魚「サケガシラ」捕獲 地震の前後に打ち上げられることがあり「地震魚」としても知られる

     姫路市沖の播磨灘で、タチウオの形状に似た珍しい深海魚「サケガシラ」が捕獲された。

     譲り受けた市立水族館によると、水深数十メートルの播磨灘で捕獲された事例は聞いたことがないといい、同館で近く標本を展示する。
    全文http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16454831/ 
    続きを読む

    巨大深海魚リュウグウノツカイ 人工ふ化に世界初成功

    幻想的な姿で知られる巨大な深海魚「リュウグウノツカイ」について沖縄県にある研究機関が人工授精と人工ふ化に成功したと明らかにしました。専門家によりますと、世界で初めてのケースだということで、謎に包まれた生態の解明につながると期待されています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011820651000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
    続きを読む

    京都 舞鶴沖で深海魚「リュウグウノツカイ」を捕獲…専門家「今年、多いんです」

     14日午前6時すぎ、京都府舞鶴市の沖合で体長4メートル弱の深海魚が捕獲されました。

     「リュウグウノツカイ」という普段は海底2、300メートルの場所に生息する種類で、漁師が設置した網にかかっているのを見つけたということです。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00026124-mbsnewsv-l26
    続きを読む

    福井県の水晶浜で伝説の激レア深海魚「リュウグウノツカイ」

    福井県の水晶浜を訪れた人がレアな深海魚「リュウグウノツカイ」を目撃し、撮影された写真と映像が話題になっています。
    大きさは2メートルほどだったということ。

    ツイート:https://twitter.com/yuman0314/status/1021220910861176832?
    ※リンク先に動画があります

    BIGLOBEニュース 2018年7月26日(木)17時26分
    https://news.biglobe.ne.jp/animal/0726/9pt_180726_7005298556.html
    続きを読む

    鳥取市沖の日本海で100キロを超える巨大な深海魚「オオクチイシナギ」

    水揚げされたのは、「オオクチイシナギ」と呼ばれるスズキ科の深海魚で、体長1メートル70センチ、重さは110キロあります。

    水揚げされたオオクチイシナギは近くの水産加工会社に5万円で競り落とされ、訪れた人たちが興味深そうに見学していました。
    「こんな大きなサイズは初めてで、思わず競り落としてしまいました。刺身にすると200人前になると思います」と話し、刺身にするか鍋にするか考えたいとしています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011367611000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
    続きを読む

    【京都】若狭湾で「竜宮の使い」捕獲 5メートル15センチもある大物

     京都府宮津市黒崎沖の若狭湾で11日に深海魚のリュウグウノツカイが定置網にかかった。5メートル15センチもある大物で、魚体も傷が少なく銀色の魚体と赤色のひれが美しい。京都北部の日本海では近年、冬場になると深海魚が捕れることが増えているが、漁師や研究者も「これほどの大物は見たことがない」と驚いている。

    全文https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00e/040/249000c 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター