未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    水素

    太陽光を停電時も安定供給 「蓄電+水素」

    東北大学と前川製作所は蓄電装置と水素システムを組み合わせることで、太陽光電力を安定供給することに成功したと、2018年10月25日、発表した。
    両社は、仙台市茂庭浄水場で、太陽光発電(出力20kW)に電力貯蔵システムと水素貯蔵システムを組み合わせた「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」を構築した。

    これを使い、自然災害による長期停電を想定した72時間(3日間)の連続運転に成功した。
    変動する太陽光発電の出力や負荷消費電力に対し、電力貯蔵装置と水素貯蔵システムの入出力制御により、高品質な電力を長時間安定供給できることを実証した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3710520030102018000000/
    続きを読む

    反物質の性質を精密に測定することに成功 宇宙解明に向け第一歩

    宇宙の誕生時、物質と反物質は同数あったと考えられる。しかし現在の宇宙には物質が大量にあり、反物質はほとんど存在しない。
    「消えた反物質」は物理学の謎で、物質と反物質には「電気以外に異なる性質がある」という説があるが、反物質は物質と触れると消滅するため検証が困難だった。
    読売新聞 2016/12/20(火) 14:53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00050055-yom-sci
    続きを読む

    磁場伝う波動が作用 太陽コロナが太陽中心部よりも高い100万度にもなる原因が判明

    国立天文台など、太陽コロナが100万度Cに加熱される機構解明-磁場伝う波動が作用
    掲載日 2015年08月26日
    宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の元研究員で現名古屋大学太陽地球環境研究所研究機関研究員の岡本丈典氏と国立天文台のパトリック・アントリン特任研究員らは、太陽表面上空の大気(コロナ)が加熱される機構の一端を明らかにした。太陽観測衛星の「ひので」と「IRIS(アイリス)」の観測で実現。太陽表面から出る磁力線上を波動が伝い、それが上下に振動して表面に生じる乱流などにより加熱されることを見いだした。
    全文読むhttp://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150826eaab.html
    続きを読む

    太陽光と水素エンジン6機で飛ぶスーパージャンボを2030年に実用化可能

    1: 名無しさん 2015/04/22(水) 19:03:28.49 et BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    3階建てスーパージャンボ機、CO2排出ゼロ コンセプト披露
    ttp://www.cnn.co.jp/business/35063541.html
    no title

    続きを読む

    理科の実験で水素と酸素が爆発…

    1: 名無しさん 2014/11/10(月) 23:26:45.35 ID:???*.net
    エジプトのカイロにある学校で行われた理科の実験。
    酸素と水素の酸水素を”緩やかな反応”をするつもりが、
    誤って激しく反応させたことで大爆発が起きるという事故が起こりました。
    当然ながら自動の保護者からは苦情が殺到したそうです。

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター