未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    気温

    2017年、今年が観測史上最も暑い年となる見通しだと発表

    【11月6日 AFP】国連(UN)の世界気象機関(WMO)は6日、エルニーニョ(El Nino)現象によって特に気温が高かった2年を除けば、今年が観測史上最も暑い年となる見通しだと発表した。

     ドイツのボン(Bonn)では同日、2015年に採択された地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」の具体的な規則づくりを協議する国連気候変動枠組み条約の第23回締約国会議(COP23)が開幕。
    全文http://www.afpbb.com/articles/-/3149519?cx_module=latest_top 
    続きを読む

    東京都心で最低気温9.9度を観測 31年ぶりの“冷え込み”

    気象庁によりますと、19日朝に東京都心で最低気温9.9度を観測しました。10月中旬までに10度を下回るのは1986年10月20日に8.0度を観測して以来、31年ぶりのことです。
    全文http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000112446.html
    続きを読む

    気温50度超えも 米西部のカリフォルニア州やアリゾナ州で記録的な猛暑

    サンフランシスコ(CNN) 米西部のカリフォルニア州やアリゾナ州で記録的な猛暑が続いている。猛暑の影響で大規模な停電が発生し、空の便の欠航も相次いだ。

    米国立気象局の予報によると、20日の最高気温はアリゾナ州フェニックスで48度を超す見通し。カリフォルニア州デスバレーは52.7度を予想している。

    全文https://www.cnn.co.jp/m/usa/35103064.html 
    続きを読む

    35度以上猛暑日の所が続出 大分、大阪で38度超

     日本列島は6日、北海道を除いて気温が大幅に上昇し、35度以上の猛暑日となる所が続出した。
     気象庁によると、
    午後2時20分までに大分県日田市で38.2度、大阪府豊中市で38.1度、京都市で37.3度、群馬県館林市で37.1度を観測した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000095-jij-soci
    続きを読む

    高温注意 今後2週間、気温がかなり高くなる可能性

     気象庁は4日、1カ月予報を発表し、今後2週間は全国的に気温がかなり高くなる可能性があるとして、熱中症などに注意するよう呼び掛けた。特に西日本では7月末ごろから猛暑が続いており、一層の注意が必要。
    全文http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080400597&g=soc
    続きを読む

    クウェート北部で54度記録 過去100年で最も暑い気温

    世界最高気温か…クウェート北部で54度記録
     【ジュネーブ=笹沢教一】世界気象機関(WMO)は26日、クウェート北部ミトリーバで今月21日に54度という過去100年で最も暑い気温を記録していたことを明らかにした。
    今後の検証次第で、世界で史上最高の気温と認定される可能性がある。
     WMOによると、史上最高気温は1913年7月に米カリフォルニア州デスバレーで記録した56・7度。
    ただ、誤計測の疑いがあるとされている。
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20160727-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt 
    続きを読む

    世界の平均気温が、1880年以降の観測史上で最高

    世界気温、1~6月は史上最高=北極の氷最小に-NASA
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072000382&g=int
     【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は19日、今年上半期(1~6月)の世界の平均気温が、1880年以降の観測史上で最高だったと発表した。また、上半期のうち5カ月で、北極海の氷の範囲が最小を記録したと指摘。地球温暖化の急激な進展に懸念を示した。
     NASAによると、今年上半期の世界の平均気温は、19世紀末と比べて1.3度高かった。
    今年は通年でも、史上最高だった昨年を上回る可能性が高い。
    続きを読む

    今日は大雨暴風に高い気温で大地震発生前日のような気持ちの悪い日だった

    11日は師走の嵐に見舞われ、低気圧の通過に伴い、各地で季節外れの大雨が降り、暴風が吹き荒れている。
    徳島県では10日夜から激しい雨が降り、24時間の雨量は、244.5ミリと、12月1位の記録となった。また各地で12月の記録を更新し、静岡県の天城山では314ミリに達している。
    さらに風も強まっており、神奈川・横浜では最大瞬間風速25.9メートルの暴風が吹いた。
    全文読むhttp://www.news24.jp/articles/2015/12/11/07317101.html

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター