未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    桜島

    桜島連続噴火 噴煙は4千メートル 市街地への降灰が続く

    鹿児島地方気象台によると、昭和火口で午前3時20分から同4時30分までに1000メートル以上の噴煙が上がる噴火が継続的に発生。
    山頂で東風が吹いていたことから、同市の市街地への降灰が続いたという。
    全文http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20170502-OYTNT50234.html
    続きを読む

    桜島 昭和火口 9カ月ぶりに爆発的噴火

    桜島9カ月ぶり爆発的噴火
     28日午前11時1分ごろ、桜島(鹿児島市)の昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙が火口から高さ約3200メートルに達した。鹿児島地方気象台によると、桜島の爆発的噴火は昨年7月26日以来約9カ月ぶり。
    http://jp.reuters.com/article/idJP2017042801001543?il=0
    続きを読む

    鹿児島市・桜島で爆発的噴火が発生し噴煙500m 8ヶ月ぶりの噴火

    鹿児島地方気象台によると、この噴火で火砕流が南側に約1・1キロ流下した。火砕流が確認されたのは昨年6月3日以来。
    桜島の爆発的噴火は2014年に450回発生。15年には737回に増えたが、昨年は47回にとどまっていた。
    全文http://www.yomiuri.co.jp/science/20170325-OYT1T50095.html
    続きを読む

    数十年以内に桜島で再び大きな噴火が起きる恐れ、姶良カルデラの地下にあるマグマが増えている

    桜島(鹿児島市)を含む姶良カルデラの地下にあるマグマが年間1150万立方メートルのペースで増えているとの研究結果を英ブリストル大、京都大のグループが英科学誌の電子版に
    発表した。東京ドーム約9個分に相当する。グループは大正大噴火(1914年)の規模と時期を考慮すると、数十年以内に桜島で再び大きな噴火が起きる恐れがあるとしている。
     姶良カルデラは南北約23キロメートル、東西約24キロメートルのくぼ地。約3万年前の大噴火で形成され、桜島は南縁に位置する。マグマは地中深くから送られてカルデラの地下に蓄積され、さらに桜島へ供給される。
    http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201611/0009632971.shtml
    続きを読む

    桜島・昭和火口で爆発的噴火、噴煙の高さが5千メートルに達する

    気象庁によると、26日午前0時すぎ、鹿児島市の桜島・昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙の高さが平成25年8月以来となる5千メートルに達した。
    今年に入っての爆発的噴火は47回目。噴火警戒レベルは3(入山規制)が続いている。
    気象庁は、鹿児島市で多量の降灰が予想されるとして、注意を呼び掛けている。
    http://www.sankei.com/affairs/news/160726/afr1607260003-n1.html
    続きを読む

    鹿児島県の桜島で噴火が継続し、火砕流が発生

    気象庁は8日、6月の火山概況を発表した。
    九州では、鹿児島県の桜島で噴火が継続し、火砕流が発生した。活動の推移に注意が必要として噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持し、警戒を呼び掛けている。
    全文
     http://www.sankei.com/region/news/160709/rgn1607090064-n1.html
    続きを読む

    昭和火口で爆発的噴火 噴煙が4100mまで上昇 降灰情報も発表

    〔桜島〕爆発的噴火で火口縁上4100mまで噴煙上昇 降灰予報発表(1日16時30分現在)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000003-rescuenow-soci
    気象庁の観測によると、鹿児島県の桜島では、きょう1日15:36に昭和火口で爆発的噴火が発生し、噴煙が火口縁上4100mまで上昇しました。桜島の噴火で噴煙が火口縁上4000m以上に達したのは、昨年5月21日10:20発生の爆発的噴火(火口縁上4300m)以来となります。
    気象庁では、桜島に降灰予報を発表し、鹿児島市(桜島)では多量の降灰のほか、風下側に当たる東側の鹿児島県や宮崎県でも降灰が予想されるとして注意を呼びかけています。 
    続きを読む

    東京湾直下で地震が起きる可能性とフィリピン海プレートの圧力で九州から中国地方・大山噴火の可能性

    台湾地震を引き起こしたフィリピン海プレートの活発な動きは、鹿児島・桜島で2月5日と8日に爆発的噴火を招いた。さらに神奈川県東部で5日、震度4の体感地震を起こした。次は東京湾直下で大地震が起きる可能性が高いという。
    「鹿児島では桜島で5日と8日に爆発的噴火が起こりました。トカラ列島周辺でも11日に7回連続で地震が発生し、海底火山が噴火するおそれがあります。霧島・硫黄山(鹿児島と宮崎の県境)も噴火しかけている。原因はフィリピン海プレートがユーラシアプレートを押す圧力が高まっているから。九州から中国地方・大山(鳥取)まで噴火が広がる可能性があり、台湾地震は他人事ではありません」
    全文http://www.jprime.jp/tv_net/saigai/24048 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター