未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    皆既月食、観測できるのは太平洋側の一部

    きょう31日(水)も、日本海側は広く雪が降る見込み。また、南西諸島から西日本の太平洋側でも、
    雨や雪の降る所がある。今夜は「皆既月食」が見られるチャンスだが、観測できるのは太平洋側の
    一部に限られそうだ。
    ■「皆既月食」見られる地域は?
    晴れ間が出るのは、東北や北海道の太平洋側のみとなりそうだ。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00010000-wmap-soci 
    続きを読む

    【月】1月31日"3つが重なる非常に珍しい現象"「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35113803.html
    2018.01.27 Sat posted at 12:03 JST
    (CNN) 世界各地で31日、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測される見通しだ。満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン」、月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」の3つが重なる非常に珍しい現象となる。

    続きを読む

    【スーパームーン】今夜は2018年最大の満月が出現

    いろいろなニュースメディアでの「2日はスーパームーン」という見出しから、2日の夜にスーパームーンを見ようと思っている方も多いと思います。1日~2日にかけての夜、2日~3日かけての夜、どちらがスーパームーンと言えるのでしょうか?そもそも今回は、満月の瞬間が2日11時24分のため、真ん丸な満月を日本から見ることは出来ません。そのため日本から見えるのは1日の夜も2日の夜も「ほぼ満月」となるのですが、月が地球と最も近づくのは2日6時49分ごろのため、日本でより大きい月が見えるのは、1月2日の月の入りの前(東京では2日6時30分より前)の西の空となります。
    全文はURL先で
    https://weathernews.jp/s/topics/201712/310065/
    続きを読む

    【月】今夜の満月は「スーパームーン」

     今年最も大きく見える満月が3日夜から4日未明にかけて、師走の夜空に輝いた。国立天文台によると、見かけ上で今年最小だった6月9日の満月と比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。
     次の満月は1月2日で、来年中で地球に最も近く、「最大」の満月になる。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。
    全文
     http://www.asahi.com/articles/ASKD361K7KD3ULBJ006.html
    続きを読む

    今夜は中秋の名月!(十五夜)

    今夜は中秋の名月(十五夜)。 あなたのエリアで今夜お月様は見られそう? 
    気になる天気をお伝えします。
    ◆西・東日本はお月見日和◆
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00001053-weather-soci 
    続きを読む

    月の本当の色は「青」「ピンク」「茶色」など。「灰色」で見えるのは、表面に埃の厚い層があるため

    米アリゾナ大学の研究チームが、月が主に灰色がかった白色の色調だと頻繁に見られる理由と、実際の色について語った。
    月の石を分析することで、地中数十センチにある月の土は多様な色を持つことが示された。茶色から始まり、青色やピンク色などもあった。
    全文https://jp.sputniknews.com/science/201707103861245/
    続きを読む

    【人類滅亡】月が地球に落ちてくる可能性 月が再び地球へ舞い戻る

    日々、地球は天体衝突の危険をくぐり抜けている。人類がこうして繁栄していること自体、ほとんど奇跡といっても過言ではないだろう。しかし、その幸運も永遠には続きそうにない。なんと、最新の研究で「月が地球に向かって落ちてくる可能性」があると分かったのだ!
    ■月が地球に落ちてくる可能性が浮上
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12262_entry.html
    続きを読む

    月の起源に新説 巨大衝突説ではなく「複数回の小天体の衝突で月が誕生」

    月の起源は「原始地球と火星ほどの天体との衝突」とする説が広く受け入れられているが、コンピュータシミュレーションによる研究で「より小さい天体の複数回の衝突」とする新説が発表された。
    ソース/AstroArts
    全文http://www.astroarts.com/article/hl/a/8898_moon
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター