未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    【月】今夜の満月は「スーパームーン」

     今年最も大きく見える満月が3日夜から4日未明にかけて、師走の夜空に輝いた。国立天文台によると、見かけ上で今年最小だった6月9日の満月と比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。
     次の満月は1月2日で、来年中で地球に最も近く、「最大」の満月になる。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。
    全文
     http://www.asahi.com/articles/ASKD361K7KD3ULBJ006.html
    続きを読む

    今夜は中秋の名月!(十五夜)

    今夜は中秋の名月(十五夜)。 あなたのエリアで今夜お月様は見られそう? 
    気になる天気をお伝えします。
    ◆西・東日本はお月見日和◆
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00001053-weather-soci 
    続きを読む

    月の本当の色は「青」「ピンク」「茶色」など。「灰色」で見えるのは、表面に埃の厚い層があるため

    米アリゾナ大学の研究チームが、月が主に灰色がかった白色の色調だと頻繁に見られる理由と、実際の色について語った。
    月の石を分析することで、地中数十センチにある月の土は多様な色を持つことが示された。茶色から始まり、青色やピンク色などもあった。
    全文https://jp.sputniknews.com/science/201707103861245/
    続きを読む

    【人類滅亡】月が地球に落ちてくる可能性 月が再び地球へ舞い戻る

    日々、地球は天体衝突の危険をくぐり抜けている。人類がこうして繁栄していること自体、ほとんど奇跡といっても過言ではないだろう。しかし、その幸運も永遠には続きそうにない。なんと、最新の研究で「月が地球に向かって落ちてくる可能性」があると分かったのだ!
    ■月が地球に落ちてくる可能性が浮上
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12262_entry.html
    続きを読む

    月の起源に新説 巨大衝突説ではなく「複数回の小天体の衝突で月が誕生」

    月の起源は「原始地球と火星ほどの天体との衝突」とする説が広く受け入れられているが、コンピュータシミュレーションによる研究で「より小さい天体の複数回の衝突」とする新説が発表された。
    ソース/AstroArts
    全文http://www.astroarts.com/article/hl/a/8898_moon
    続きを読む

    12月14日もスーパームーン ふたご座流星群もピーク、今年は年末に3回も月が地球に近づくラッキーな年

    11月14日は約70年ぶりの大きさとなる「スーパームーン」で盛り上がりましたが、実は今月の12月14日もスーパームーンだって知ってましたか? スーパームーンは年に何回か起きることもあるのです。これについて、NASAは特集ページを公開しています。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00010001-sorae_jp-sctch 
    続きを読む

    明日11月14日は「スーパームーン」今後、今回より近づく満月は、18年後の2034年11月26日

    今月14日夜、月が今年1番大きく見える満月「スーパームーン」になる。地球と月の距離は、満月としては68年ぶりとなる距離まで近づく。

    今年最小に見えた4月22日の満月と比べ、見た目の直径は1・14倍になり、3割ほど明るく見えるという。国立天文台によると、14日午後8時21分に地球と月の距離が35万6509キロ・メートルまで接近。満月となる同10時52分の時点で35万6520キロ・メートルで、1948年1月の満月に次ぐ近さになるという。
    地球と月が今回より近づく満月は、18年後の2034年11月26日になる。
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20161111-OYT1T50124.html?from=ytop_main1
    続きを読む

    【スーパームーン】地震に注意!?11月14日、70年ぶりに近づく滅多に見られない特別な満月

    11月14日の夜は空を見上げよう。晴れていれば、滅多に見られない特別なスーパームーンが夜空に輝いている。スーパームーンは「月が一年で最も地球に近づくときの満月」だ。一年で最も地球に近づくため、月が一番大きく明るく見える。
    スーパームーン自体は珍しい現象ではない。しかし今回ほど地球に近づくのは、1948年1月26日以来約70年ぶり、そして次にこれほど地球に近づくのは2034年11月25日だ。
    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/04/supermoon-like-this-one-2034_n_12797348.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター