未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    太陽

    天候に恵まれないので「人工太陽」を作りました 一般家庭の電球1000倍の強さの光線

    ドイツ・ケルン近郊ユーリッヒにあるドイツ航空宇宙センターの研究者らは人工の「太陽」の開発を進めている。
    リンク先に動画があります
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50014
    続きを読む

    M5.3からM5.8クラスの爆発現象 超大規模な太陽フレアが発生!

    米航空宇宙局(NASA)は、4月2日から3日にかけて、太陽の黒点群でM5.3からM5.8クラスの爆発現象(フレア)が発生したと発表した。
     太陽フレアは、放射されるX線強度によって低い方からA、B、C、M、Xの5等級に分類される。
     一定規模以上のフレアが発生すると、太陽ガスの放出によって、2~3日後には地球上でGPSの誤差が発生したり、通信や電波障害が起きる可能性があることから、各国で警戒監視に当たっている。
    全文http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19661.html
    続きを読む

    【人類滅亡】月が地球に落ちてくる可能性 月が再び地球へ舞い戻る

    日々、地球は天体衝突の危険をくぐり抜けている。人類がこうして繁栄していること自体、ほとんど奇跡といっても過言ではないだろう。しかし、その幸運も永遠には続きそうにない。なんと、最新の研究で「月が地球に向かって落ちてくる可能性」があると分かったのだ!
    ■月が地球に落ちてくる可能性が浮上
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12262_entry.html
    続きを読む

    「残酷な未来」地表温度は10億年で100度に 太陽はますます明るく、大きくなっている

    ◆地球物理学者は残酷な未来を知っている 地表温度は摂氏100度、海は沸き立つ…
    太陽の輝きは1億年ごとに1%ずつ光度が増えていっているのだ。太陽はますます明るく、大きくなっている。
     だから10億年もしないうちに、地表の温度は摂氏100度にもなってしまう。これは地球科学の冷徹な計算結果なのだ。海は沸き立ち、私たち地球上に生物が住む環境は失われる。
     地球物理学者は残酷な未来を知っているのである。
    全文読む
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160909/dms1609090830010-n1.htm
    続きを読む

    「太陽」が3つある惑星を発見。太陽3個の日の出と日没を楽しめ、140年間ずっと昼間

    国際天文学者チームは7日、「太陽」が一つではなく三つある遠方の恒星系に存在する奇妙な惑星を発見したと発表した。
    そこでは季節によって、一日中太陽が沈まない時期と、太陽3個の日の出と日没を楽しめる時期とがある。その季節は、人間の寿命より長い間続くのだ」と述べている。
    「HD131399Ab」と命名されたこの惑星は、地球からの距離が約340光年で、ケンタウルス座の中に位置している。形成されたのが約1600万年前と、比較的若い天体と考えられており、これまで太陽系外で発見された中で最も若い惑星の一つとされる。
    HD131399Abの質量は、太陽系最大の惑星であるガス状巨大惑星の木星の4倍と考えられている。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00000024-jij_afp-sctch 
    続きを読む

    警告 太陽面で爆発が起こる可能性があり、太陽フレアで地球上の生物全滅の恐れ

    中国、イタリア、ベルギーそしてデンマークの天文学者からなる研究グループが出した結論によれば「太陽面で極めて巨大な爆発が起こる可能性があり、そうなれば地球のあらゆる生物に致死的な危険な影響を及ぼす」との事だ。オンライン限定の科学ジャーナル「ネイチャーコミュニケーションズ(Nature Communications.)」が伝えた。
    国際学者グループは、太陽と特徴が似ている5648の星を観察した結果、48の星で、太陽フレア(太陽面爆発)の威力を何万倍も上回る、巨大な爆発を観測した。
    全文http://jp.sputniknews.com/science/20160325/1842995.html
    続きを読む

    惑星「ニビル」が太陽と衝突した可能性 人類への影響は

    2月14日、謎の超巨大天体が太陽のそばに出現。太陽と衝突した可能性もあります。
    太陽に急接近する超巨大な天体の画像。
    これは米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が運用する太陽・太陽圏観測衛星SOHOが撮影したもの。
    日時は、2016/02/14 01:42 と記録されています。
    画像は、SOHO公式サイトの画像アーカイブ検索ページから検索して確認できます。
    http://sohodata.nascom.nasa.gov/cgi-bin/data_query

    太陽付近に存在する巨大天体については、昨年10月に地球上からの目撃報告もあります。惑星「ニビル」ではないかと噂が広がっています(既報)。
    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2414
    続報が入り次第お伝えしていきます。

    続きを読む

    太陽の活動はほぼ静止状態 この100年間で最も低下

    太陽の活動は現在、この100年間のうちで最も低下している。
    2016年2月12日にNASAが撮影した太陽の画像。目に見える大きさの黒点は完全に消滅し、フレアの発生もなくX線の放射も平坦化し、太陽の活動はほぼ静止状態となった。

    太陽はおよそ11年周期でその活動が極大化と極小化を繰り返していることが知られており、現在は2008年に始まった第24太陽周期の極小期にあたっている。1906年2月に極大化した第14太陽周期以降、太陽黒点の数が今ほど減少した記録はない。現在の状況は第5太陽周期(1798年5月~1810年12月)のときに似ているとみられている。
    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3444633/What-happened-sun-Solar-activity-remains-quietest-century-trigger-mini-ice-age.html

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター