未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    天文

    19日の明け方、金星と土星接近 深夜は今年最大の満月スーパームーン

    寄り添う金星と土星

    20日未明の満月は今年最大

     また、19日(火)の夜から昇ってくる月は、「今年最大の満月」です。

    スーパームーンは見える?

     19日(火)の日中は広く傘が必要となりますが、夜は西から雨がやんできます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000646-tenki-soci
    続きを読む

    3日未明の「火球」は剣山周辺に落下か 四国や中国地方「爆音で目が覚めた」「すごい音がした」

    3日朝早く、“光の玉のようなもの”が上空を流れ落ちる様子がNHKの各地のカメラに映っていました。ネット上では、この様子を目撃した四国や中国地方の住民とみられる「爆音で目が覚めた」「すごい音がした」といった書き込みが多数ありました。
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190103/k10011766311000.html
    続きを読む

    ふたご座流星群 13日夜と14日夜がピーク 

    冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」、ことしは13日夜と14日の夜、最も多く出現する見通しです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011745571000.html
    -----------------------
    2018年ふたご座流星群の日本における観測条件は,「比較的良好」です.
    見頃となる時間帯
    (第一候補)12月14日23時頃~15日日の出(日本時)
    (第二候補)12月13日日没後~14日日の出(日本時)
    http://www.amro-net.jp/meteor-info/12_geminids_j.htm
    続きを読む

    【人類滅亡!?】直径5m質量8t、自動車ほどの大きさの天体が地球に衝突していた

    2008年、乗用車ほどの大きさの小天体が地球大気圏内で爆発し、ダイヤモンドを含む隕石(いんせき)が雨のように地球に降り注いだ。
    この小天体について、17日に発表された研究論文は、数十億年前に太陽系に存在した惑星の一部だとする説を唱えている。
    欧州の研究チームが発表した研究論文によると、この小天体の母体となった惑星は火星か水星ほどの大きさで、太陽系の誕生から最初の1000万年の間に形成された後、他の天体と衝突して粉々に砕け散ったと考えられている。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3171555
    https://ja.wikipedia.org/wiki/2008_TC3
    続きを読む

    「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろ 1時間に40個以上の予想

    「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。

     国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12~14日の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると予想される。
    全文http://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00e/040/188000c
    続きを読む

    【月】今夜の満月は「スーパームーン」

     今年最も大きく見える満月が3日夜から4日未明にかけて、師走の夜空に輝いた。国立天文台によると、見かけ上で今年最小だった6月9日の満月と比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。
     次の満月は1月2日で、来年中で地球に最も近く、「最大」の満月になる。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。
    全文
     http://www.asahi.com/articles/ASKD361K7KD3ULBJ006.html
    続きを読む

    月の起源に新説 巨大衝突説ではなく「複数回の小天体の衝突で月が誕生」

    月の起源は「原始地球と火星ほどの天体との衝突」とする説が広く受け入れられているが、コンピュータシミュレーションによる研究で「より小さい天体の複数回の衝突」とする新説が発表された。
    ソース/AstroArts
    全文http://www.astroarts.com/article/hl/a/8898_moon
    続きを読む

    3大流星群 1月3日夜~1月4日未明に「しぶんぎ座流星群」が見頃!

    今年のしぶんぎ座流星群の観測条件は良好で、1時間に35個程度の流星の観測が期待されています。流星群が極大となるのは1月3日の23時頃。また4日未明まで好条件での観測が行えそうです。
    2016年の流星群や天文イベントはどうも天気に恵まれなかった印象があるので、今回の流星群はぜひ見逃したくないですね!
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010000-sorae_jp-sctch
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター