未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地震予知

    早川氏の地震予測「予測通りに地震が発生」茨城、千葉、福島、宮城は8日まで引き続き警戒、青森 岩手でM5の兆候が

     早川氏によると、先の茨城、千葉、福島、宮城は8日まで引き続き警戒が必要。このほか、「青森、岩手のあたりでも兆候が出ている。規模は陸ならM5・0程度、海底ならM5・5程度をみられる」(早川氏)。こちらはこの1週間が危ないという。備えだけはしっかりしておきたい。 
    全文http://news.livedoor.com/article/detail/13435210/ 
    続きを読む

    【地震予知】長野北部で大地震が起きる可能性がある あてはまる4つの条件

    長野北部(信濃大町―新潟県糸魚川市)で大地震が起きる可能性がある。
     【条件①】それまでほとんど地震の起きていない場所でM2・5―M4の地震が起きる。
    【条件②】その後、比較的静穏な時期が約60日続く。
    【条件③】約60日後に、②とほぼ同じ場所で、M2・5―M4クラスの地震が発生する。
    【条件④】半日~3日後にM5以上の地震が発生する可能性がある。
    長野北部の中でも信濃大町~新潟県糸魚川市にかけての場所は、糸魚川―静岡構造線と呼ばれる大きな断層がある。ユーラシアプレート上にあるが、東の太平洋プレート、南のフィリピン海プレートから常に圧を受けている。
    14年には長野県北部でM6・7の地震が起こっている。
    全文https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/209383
    続きを読む

    【早川氏の地震予測がすごい!】昨日もほぼ的中!今回の福島県沖も1日ずれたが的中!

    ■早川氏の地震予測 
    ■27日までに千葉・茨城・福島でM5.0
    「来週月曜日(2月27日)までに千葉・茨城・福島でM5.0程度」の地震が危惧されるというのだ。早川氏は、「ZAKZAK」(2017年2月21日)の取材も受けているが、そこでは最新の地震予測について次のように語っている。
    「いずれも27日までの兆候だ。東北地方で震源が陸上、海底ともにM5.0前後、青森、岩手で最大震度3程度。東北地方の南側から千葉北部にかけて、陸上ではM5.0前後、海底ならM5.5前後。
    福島、茨城、千葉で最大震度4程度。東京、神奈川では最大震度2程度。
    九州、沖縄にかけて陸上ではM5.0、海底ではM5.5、最大震度は4程度」
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12454_entry.html
    続きを読む

    早川氏の地震予測が的中する!地震予知の大きな進歩!

    電気通信大学名誉教授の早川正士氏を所長とする「地震解析ラボ」
    ■27日までに千葉・茨城・福島でM5.0
    「いずれも27日までの兆候だ。東北地方で震源が陸上、海底ともにM5.0前後、青森、岩手で最大震度3程度。東北地方の南側から千葉北部にかけて、陸上ではM5.0前後、海底ならM5.5前後。
    福島、茨城、千葉で最大震度4程度。東京、神奈川では最大震度2程度。
    九州、沖縄にかけて陸上ではM5.0、海底ではM5.5、最大震度は4程度」
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12454_entry.html
    続きを読む

    【地震予知】2月27日までに茨城・福島・千葉や九州、沖縄でM5.0の地震が発生すると断言 最大震度は4程度

    27日までに千葉・茨城・福島でM5.0

    「いずれも27日までの兆候だ。東北地方で震源が陸上、海底ともにM5.0前後、青森、岩手で最大震度3程度。東北地方の南側から千葉北部にかけて、陸上ではM5.0前後、海底ならM5.5前後。
    福島、茨城、千葉で最大震度4程度。東京、神奈川では最大震度2程度。
    九州、沖縄にかけて陸上ではM5.0、海底ではM5.5、最大震度は4程度」(ZAKZAK、2017年2月21日)
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12454_entry.html
    続きを読む

    【地震予知】南海トラフ地震は2017年2月10日~春にかけて、静岡県を震源とする震度5~7の地震

    ■神霊導師が明かした霊界の光景
    ■2月10日~春にかけて、南海トラフ地震が発生
    照玉師「2月10日~春にかけて、静岡県の南海トラフを震源とする震度5~7の地震が、もしくは日本海側で巨大な地震が起きる可能性はあるでしょう。地震によって交通が遮断され、大火災、そして津波も伴う可能性があります。原発の破損にも要注意です。地球は常に自転しているので、時期がずれる可能性はありますが、避難の心得はされた方がよいと思います」
    ■東京オリンピックは、ない。経済システムも激変
    全文http://tocana.jp/2017/01/post_12145_entry.html
    続きを読む

    【地震予知】次は千葉県沖か東京・東京湾を含めた首都圏直下と予測!浅間山やトカラ列島でも気になる動き

    ■「東京湾のど真ん中なら津波が起きる」
    高橋教授は「震源地が少し内陸にずれましたけどね」として“次の大地震”について語る。
    「次は1~2か月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生するとみています。千葉県沖というのは犬吠埼など県北の沖合です。内陸というのは千葉県内だけでなく、東京や東京湾を含めた首都圏直下です。」
    「いちばん怖いのはフィリピン海プレートが跳ねるパターンです。
    全文http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00008907-jprime-soci&p=1
    続きを読む

    【地震予知】震度6弱、首都直下地震は八王子震源!?…今後日本で発生する大地震をFBI超能力捜査官が予言

    【予言】
    日本を襲う津波:2018年秋、高さ10.5m
    今後日本で発生する大地震:2018年晩夏、東京都の西40kmで震度6弱の地震
    今後日本で発生する大地震:2020年夏、市川市の北東10kmで震度6弱の地震
    新東京タワー:2020年よりも前に、新たな自然災害によって深刻な損傷を受ける

    全部読む
    http://tocana.jp/2017/01/post_11989_entry.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター