未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地球

    地球を守るバリアに変化が。「磁場」が弱って何が起きている?

    1: 名無しさん 2020/07/28(火) 20:53:53.17
    地球を守るバリアに変化が。「磁場」が弱って何が起きている?
    7/28(火) 17:00
    配信
    GetNavi web

    方位磁針の針が必ず北の方向を指すのは、北極付近にS極が、南極付近にN極がある磁場が地球に存在するからです。しかし、欧州宇宙機関の発表によると地球の磁場は弱まってきているそう。現在、磁場に何が起きており、その変化は地球にどんな影響を与えるのでしょうか?

    地球を守る「磁場」のはたらき

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc267b7f52b11bc6947603389aaf2f94f4b98eee

    続きを読む

    あのトランプ米大統領が地球温暖化を信じる

    パリ協定から離脱し、地球温暖化に何度も懐疑論を唱えてきた、あのトランプ米大統領が、今度はこれを極めて深刻な問題をみなしている。
    トランプ大統領は従来の地球温暖化論に対する態度を変え、今度はこの問題を深刻に受け止め始めた。

    https://jp.sputniknews.com/us/202001107003196/

    続きを読む

    6600万年前の恐竜絶滅 酸性雨説有力に、小惑星衝突で

    かつて地上で繁栄した恐竜は6600万年前に突然、絶滅した。きっかけは小惑星の衝突だ。その痕跡がメキシコ湾の地下にあり、最近の地質調査から新たな事実が浮かび上がってきた。

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52775530Z21C19A1MY1000/

    続きを読む

    【宇宙】人類の移住は可能か?「地球似」の惑星から初めて水蒸気を検出

    【宇宙】人類の移住は可能か?「地球似」の惑星から初めて水蒸気を検出

    2019/11/04
    ロイター
    https://twitter.com/reuters_co_jp/status/1191384610325876739?s=21
    (リンク先に動画ニュースあり)
    続きを読む

    地球のN極とS極が入れ替わる現象「地磁気逆転」に異常な活動期、100万年に26回も起きていた

    大昔、地球のN極とS極が入れ替わる現象は、今よりずっと頻繁に起きていたらしい。
    シベリア北東部の岩場で調査を行ったフランス、パリ地球物理学研究所のイブ・ガレ氏らは、その証拠をつかんだ。

    彼らが9月20日付けで学術誌『Earth and Planetary Science Letters』に発表した論文によると、ちょうど5億年ほど前のカンブリア紀中期(ドラム期)に、100万年あたり26回のペースで地磁気が逆転していたという。
    これは、過去1000万年間と比べると5倍以上のペースだ。
    ☆続きはソースでご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00010001-nknatiogeo-sctch

    続きを読む

    地球から31光年に3つの系外惑星、生命存在可能な圏内にも

    米航空宇宙局(NASA)の惑星探査衛星「TESS(テス)」がこのほど、地球から31光年先に3つの系外惑星を発見した。このうち1つは、恒星から適度な距離にあって生命が存在できる「ハビタブルゾーン」内で見つかった。
    全文https://www.cnn.co.jp/fringe/35140792.html
    続きを読む

    「あり得ないような組み合わせ」 9900万年前のアンモナイト、琥珀に閉じ込められて発見、おそらく初

    ■意外な組み合わせ、樹脂の化石はどうやって海の生物を閉じ込めたのか
     琥珀といえば、樹脂が長い年月をかけて化石化したもの。ところがその中から意外なことに、海の生物アンモナイトが見つかった。
     アンモナイトは絶滅した海の軟体動物で、タコやイカの仲間。

    ■謎が多いアンモナイト

    ■奇跡の化石の発見ルート
    ※続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00010000-nknatiogeo-sctch 
    続きを読む

    地球温室化を防ぐ「層積雲」、温暖化で消失の可能性 劇的な気温上昇の恐れ

    http://www.afpbb.com/articles/-/3212994?cx_part=latest

    海上の雲は太陽光を宇宙空間に反射することで、地球が温室状態になることを防いでいる。だが、大気中の二酸化炭素(CO2)量が現在の3倍になった場合、この雲が崩壊し消失する可能性があると警告する研究結果が25日、発表された。
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター