未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    噴火

    ハワイ・キラウエア火山 溶岩流出が拡大 溶岩が海にまで

    活発な火山活動が続くハワイ島で、溶岩が海にまで達するなど、流出範囲が拡大している。

    地元当局などによると、溶岩の活発な噴出が続いていて、これまでに、一部が海にまで達した。溶岩が海に流れ込むと有害な物質を含むガスが発生するため、海岸沿いの複数の道路を通行止めにするなど、立ち入り規制を行っている。
    http://www.news24.jp/articles/2018/05/21/10393556.html?cx_recsclick=0
    続きを読む

    ハワイのキラウエア火山が爆発的噴火 とんでもない大噴火を起こす恐れ

     【ホノルル=田原徳容】米ハワイ島のキラウエア火山で17日午前4時17分(日本時間17日午後11時17分)頃、爆発的噴火が起きた。

     AP通信は、噴煙が約3万フィート(約9・1キロ)上がったと報じた。人的被害は確認されていない。地元当局は、爆発で生じた火山灰による被害が周辺に広がる恐れがあるとして注意を呼びかけている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00050032-yom-int
    続きを読む

    ハワイのキラウエア火山、亀裂から噴き出す溶岩 爆発的噴火の可能性も

    【5月13日 AFP】米ハワイ州ハワイ(Hawaii)島で3日に噴火したキラウエア(Kilauea)火山について、米地質調査所(USGS)は12日、ハレマウマウ(Halemaumau)火口内にある溶岩湖の湖面が低下しており爆発的な噴火の可能性があると発表した。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174431?cx_position=18 
    (リンク先に動画ニュースあり) 

    続きを読む

    霧島連山えびの高原硫黄山周辺で噴火が発生しました

    火山名 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 噴火速報
    平成30年 4月26日18時26分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台発表

    **(見出し)**
    <霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生>
    **(本 文)**
    霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で、平成30年4月26日18時15分頃、噴火が発生しました。
    http://www.jma.go.jp/jp/funkasokuho/552.html
    続きを読む

    硫黄山噴火 想定火口の外側で急速に隆起 ー鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山

    鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の一つで宮崎県にある硫黄山について、想定されている火口の外側で地面が急速に隆起していることが国土地理院の解析でわかりました。この付近では20日夕方以降、新たに白い噴煙が出ているのが確認されていて、国土地理院は注意深く監視する必要があるとしています。

    今回噴火が起きた場所の周辺の地盤が隆起し、最大でおよそ15センチに達していたということです。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180420/k10011411991000.html?utm_int=realtime_contents_news-related_001_001&word_result=%E7%A1%AB%E9%BB%E5%B1%B1%E5%B4%E7%AB 
    続きを読む

    霧島連山の硫黄山 噴火は250年ぶり

    宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の硫黄山で、噴火が発生した。気象庁は、噴火警戒レベルを「3」に引き上げ、火口から2キロの範囲では、噴石と火砕流に警戒するよう呼びかけている。
    硫黄山が噴火するのは1768年以来、およそ250年ぶりのこと。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180419-00000062-nnn-soci 
    続きを読む

    噴火速報 霧島連山えびの高原硫黄山 噴火が発生

    霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で、平成30年4月19日15時39分頃、噴火が発生しました。 
    http://www.jma.go.jp/jp/funkasokuho/552.html 
    続きを読む

    新燃岳 爆発的噴火で火砕流発生、噴煙に「火山雷」確認

     気象庁は5日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃しんもえ岳(1421メートル)で同日未明に爆発的噴火を観測した、と発表した。

     発表によると、爆発的噴火は5日午前3時31分に発生し、大きな噴石が火口から南東方向に約1100メートル飛散した。同3時45分にも噴火し、監視カメラの映像で噴煙の中で静電気などが原因で発生する雷の「火山雷かざんらい」も確認された。
    全文http://sp.yomiuri.co.jp/science/20180405-OYT1T50062.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター