未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    原発

    東京湾のセシウム汚染どんどん溜まる一方か 印旛沼から拡散 

    東京湾のセシウム汚染 印旛沼から拡散 河口水門で高止まり
    東京電力福島第一原発事故による首都圏への放射能汚染問題で、本紙は昨年に続き、茨城、千葉両県にまたがる水郷地帯の状況を独自に調査した。前回と比べ放射性セシウム濃度の上下はあるものの、手賀沼(千葉県)や牛久沼(茨城県)の汚染は高止まりの状況。印旛沼(千葉県)から花見川河口(同)へとたどったところ、沼から川、東京湾へと汚染が拡散している状況が分かった。 (山川剛史、荒井六貴)
    全文読むhttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016041490070730.html 
    続きを読む

    地震や津波、過去の教訓が生かされてない!!時間とともに薄れていく津波被害

    東日本大震災の発生から5年になるのを前に、NHKが行った調査で、全体の過半数の人が、津波による被災地の復興が進んでいないと感じていることが分かりました。原発事故の除染が進んでいないと回答した人も、全体の80%近くに上り、多くの人が復興の進展を実感できていない現状が改めて示される形となりました。
    この調査は、NHK放送文化研究所が、東日本大震災や日頃の防災の意識を探るため、去年の12月に全国の16歳以上の3600人を対象に行い、71%に当たる2549人から回答を得ました。
    この中で、津波による被災地の復興がどの程度進んでいると思うか尋ねたところ、「あまり進んでいない」が48%、「全く進んでいない」が6%で、合わせて54%に上り、震災発生から3年を前に行った前回の調査と比べて10ポイント減少したものの、依然として全体の過半数が、「復興が進んでいない」と感じていることが分かりました。
    全文読むhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160211/k10010405321000.html

    続きを読む

    福島県内の除染で出た土を建設資材に再生利用

    東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う、福島県内の除染で出た土などの処分を巡って、環境省は来年度から土に含まれる放射性物質を除去したうえで、建設資材などに再生利用するモデル事業を始めるとする方針案を明らかにしました。
    福島県内の除染で出た土などは中間貯蔵施設に搬入し、30年以内に福島県外で最終処分することになっていますが、最大で東京ドーム18杯分に上る廃棄物の処分場の確保が課題となっています。
    引用元 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151221/k10010348061000.html

    続きを読む

    愛媛 伊方原発1号機、冷却水9万4000リットルが漏れ出す

    愛媛県にある運転を停止している伊方原子力発電所1号機で15日午前、機器を冷やすための海水、およそ9万4000リットルが漏れ出すトラブルがありました。このトラブルによる環境への影響はないということですが、四国電力が詳しい原因を調べています。
    四国電力によりますと、15日午前11時すぎ、運転を停止している伊方原発1号機のタービン建屋で排水槽の水位が上昇していることを示す警報が鳴り、調べたところ、くみ上げた海水を機器の冷却のために送る配管から、およそ9万4000リットルの海水が漏れ出したことが分かりました。
    https://archive.is/JvW5K


    続きを読む

    インドに日本の新幹線技術導入と原子力協定

    日印首脳 ”新幹線技術導入” ”原子力協定”で合意
    インドを訪れている安倍総理大臣は日本時間の12日午後、モディ首相と会談し、インド西部の高速鉄道計画に日本の新幹線技術を導入することで合意するとともに、日本の原子力関連技術の輸出が可能となる原子力協定の締結で原則合意しました。
    日本とインドは毎年、首脳が相互に訪問しており、安倍総理大臣は日本時間の12日午後、首都ニューデリーの迎賓館で、モディ首相と会談しました。このあと両首脳は経済や安全保障分野での関係強化を盛り込んだ共同声明に署名しました。
    全文読むhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20151212/k10010339251000.html

    続きを読む

    福島第1原発 放射性物質濃度が急上昇48万2000ベクレル検出…セシウムは4000倍、ストロンチウムは4200倍

     東京電力は9日、福島第1原発の廃棄物処理建屋近くにある地下トンネル「ダクト」にたまった汚染水から、放射性セシウムが
    1リットル当たり48万2000ベクレル検出されたと発表した。昨年12月の採取分(同121ベクレル)に比べ濃度が約4000倍に上昇したが、
    東電は外部への流出は確認されていないと説明。原因は分からず、東電が調査を進める。
    全文読むhttp://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120900833

    続きを読む

    警告 福島原発で謎の霧が発生 “怪しい霧”に“異様な日焼け”その正体とは…

    ※視界を遮る白い帯は撮影ミスでもレタッチミスでもない。昨秋頃からフクイチ上空に現れるようになった謎の霧が今回訪れた際も出現した
    フクイチで今も続いている危機は、前回記事(「元総理・菅直人が初めての“フクイチ”海上視察!」)で指摘したベント塔の老朽化だけではない。事故発生以来、港湾内外の海水から検出される放射性物質の濃度も上昇するばかりなのだ。 
    全文はこちら ※長文ですhttp://wpb.shueisha.co.jp/2015/10/25/55426/
    no title

    続きを読む

    東京、宮城も危ない 福島第一原発3号機も高濃度放射能汚染源だった可能性

    3号機も高濃度汚染源…ベント後、北西に放出か
     2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故で、原発の北西方面を放射性物質で高濃度に汚染したのは、格納容器が損傷した2号機からの大量放出に加え、3号機で格納容器からの排気(ベント)の操作をした後の放出だった可能性があるとの推定結果を、日本原子力研究開発機構の研究グループがまとめた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151018-00050097-yom-sci

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター