未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    南海トラフ

    南海トラフ 津波対策で遅れ顕著 レベル1津波に対応した防潮堤の整備率が0.2%にとどまる

     県は南海トラフ巨大地震に備えた「県地震・津波対策アクションプログラム」の、平成28年度末時点の進捗(しんちょく)状況を発表した。176の項目のうち、遅れが出ているのは12%に当たる21項目で、特に100~150年に1度起きるとされるレベル1津波に対応した防潮堤の整備率が0・2%にとどまるなど、津波対策の施設整備に関係する項目で遅れが目立っている。
    全文http://www.sankei.com/region/news/170728/rgn1707280043-n1.html
    続きを読む

    【南海トラフ巨大地震】前兆現象が確認できた場合、住民に避難を促すことを検討するべき

    南海トラフ巨大地震の対策強化を話し合う中央防災会議の有識者会議は3日、巨大地震の前兆現象が確認できた場合は、数日以内の発生確率を示し、住民に避難を促すことを検討するべきだとの見解を示した。
    全文https://this.kiji.is/254437057418577398?c=39546741839462401
    続きを読む

    豊後水道、震度5強の地震について M5.0 南海トラフと中央構造線との関係は

    20日23時27分頃地震がありました。
    震源地は豊後水道(北緯32.9度、東経132.1度)で、 震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は5.0と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    南海トラフの海溝付近でプレートが徐々に動く「ゆっくり滑り」を観測 巨大地震の予測精度を向上へ

     ゆっくり滑りはプレート境界が1日~数年かけてゆっくりずれる地殻変動。発生した場所では地震を起こすひずみが解消される一方、周囲の断層破壊を促して大地震の引き金になる可能性がある。
     南海トラフではフィリピン海プレートが陸側プレートの下に沈み込み、境界部にある断層でマグニチュード(M)9・1の巨大地震が想定されている。ゆっくり滑りは断層の深部で発生が確認されていたが、海溝付近の浅い場所は観測が難しく未解明だった。
    全文http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170616/cpc1706160300001-n1.htm 
    続きを読む

    南海トラフ巨大地震による液状化現象を防ぐため、地盤に丸太を大量に打ち込む対策

    丸太使った液状化対策の見学会
    *ソース元にニュース画像あり*
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8015533331.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    南海トラフ巨大地震による液状化現象を防ぐために地盤に丸太を大量に打ち込む対策を進めている高知市役所の工事現場が、21日、関係者に公開されました。
    新しい高知市役所は、建物の下の地中に長さが3メートルほどの丸太を60センチ間隔で1万5000本余り打ち込んで、丸太の周辺の地盤を締め固めて、震度7の揺れでも液状化しないようにするということです。 
    続きを読む

    南海トラフ巨大地震 太平洋側を中心に人口が変動、消える市町村145万世帯

    近い将来に南海トラフで発生するとされる巨大地震で、太平洋側を中心に人口が変動し、愛知、静岡、高知県などを中心に246市区町村145万6000世帯が“流出”するとの試算を、先頃、東大や名古屋大の研究チームがまとめた。
    全文http://wjn.jp/article/detail/4535525/
    続きを読む

    今月続いた日向灘地震「南海トラフ地震の前兆か」

    江戸時代の宝永地震(1707年)はマグニチュード(M)9だった東日本大震災級の南海トラフ地震だったという研究がある。宝永以外のいくつかの南海トラフ地震はM8級で、東海沖から四国沖であったとみられている。これらに比べ、宝永が大きかったのは、高知沖よりさらに西側の海域で起きる日向灘地震が連動したからではないかという見方がある。
    全文http://www.sankei.com/west/news/170318/wst1703180039-n1.html
    続きを読む

    静岡県内の沿岸で津波避難訓練 南海トラフに備え「地震だ、津波だ、すぐ避難」を合言葉に

    東南海トラフ巨大地震に備え、参加者は「地震だ、津波だ、すぐ避難」を合言葉に、即時避難の重要性を確認した。県が定めた津波対策推進旬間(6~15日)に合わせた本年度の訓練参加者は、速報値で21市町計11万6千人だった。
    http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/338063.html
    8万7000人が津波避難訓練 静岡の沿岸18市町
    http://www.sankei.com/region/news/170313/rgn1703130015-n1.html
    県内18市町、一斉避難訓練 巨大津波へ心構え新た
    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170313/CK2017031302000082.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター