未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    南太平洋

    南太平洋 ニューカレドニア付近でM6.6の地震、さらに同地域でM7の地震発生

    平成29年11月20日8時43分 気象庁発表 きょう20日07時44分ころ地震がありました。
    震源地は、南太平洋(南緯21.3度、東経168.5度)で、地震の規模 (マグニチュード)は7.0と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    南太平洋・ローヤリティー諸島南東方で大規模地震 M7と推定 日本への津波影響なし

    2017年10月31日 10時58分 西日本新聞

     31日午前9時42分ごろ、南太平洋で大規模地震が発生した。太平洋津波警報センター(PTWC)によると、震源地は、南太平洋(南緯21.7度、東経169.0度)、ローヤリティー諸島南東方。地震の規模(マグニチュード)は7.0と推定される。

     震源の近傍で津波発生の可能性があるが、この地震による日本への津波の影響はない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13825076/
    続きを読む

    南太平洋フィジー沖でM7.2の地震発生 津波発生の可能性があるとして警報をだした

    地震情報(震源・震度に関する情報)
    平成29年1月4日7時17分 気象庁発表きょう04日06時53分ころ地震がありました。
    震源地は、南太平洋(南緯19.5度、東経176.2度)で、地震の規模 (マグニチュード)は7.2と推定されます。震源の近傍で津波発生の可能性があります。 この地震による日本への津波の影響はありません。震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。詳しい震源の位置はフィジー諸島南方です。PTWCでは4日6時57分に津波情報を発表しています。
    気象庁HP
    続きを読む

    ソロモン諸島でM8.0の地震発生 津波の可能性あり、日本全体で震度0の揺れ

    地震情報(震源・震度に関する情報)
    平成28年12月9日3時2分 気象庁発表きょう09日02時39分ころ地震がありました。
    震源地は、南太平洋(南緯10.7度、東経161.4度)で、地震の規模(マグニチュード)は8.0と推定されます。太平洋の広域に津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については現在調査中です。
    震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。詳しい震源の位置はソロモン諸島です。
    気象庁では9日3時0分に北西太平洋津波情報を発表しています。
    情報第1号
    http://www.jma.go.jp/jp/quake/20161209030209394-090239.html
    続きを読む

    南太平洋のニューカレドニア付近でM7.6の地震

    アメリカの太平洋津波警報センターなどによると、12日午前10時30分ごろ、南太平洋のニューカレドニア付近で、マグニチュード7.6の地震があった。
    津波警報センターは、一時、津波に対する注意を呼びかけたが、午前11時40分現在まで、この地震による津波の被害はないとしている。
    そして、気象庁によると、日本への津波の影響はないという。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00333148.html
    参考:バヌアツの法則
    http://soyokazesokuhou.com/banuatsu/
    続きを読む

    南太平洋でM7.2の地震

    1: ストマッククロー(dion軍)@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 12:32:30.58 ID:w8NwfPhg0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    南太平洋でM7.2の地震
    10月9日 12時25分
    ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、
    日本時間のきょう午前11時15分ごろ、
    南太平洋の海底を震源とするマグニチュード7.2の大きな地震がありました。
    気象庁は現在、この地震で日本への津波の影響があるかどうか調べています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141009/j66597010000.html

    続きを読む

    南太平洋・タロ島、住民まるごと移住へ 水没危機を回避

    1: ハーフネルソンスープレックス(家)@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:31:25.61 ID:bTWPdKgs0.net BE:557665687-PLT(25252) ポイント特典
    http://www.asahi.com/articles/ASG8M238NG8MUHBI003.html
    ワシントン=小林哲
    ロイター通信によると、南太平洋ソロモン諸島のタロ島で、海面上昇による水没を避けるため、住民をまるごと別の島に移すことになった。地球温暖化
    の影響で、水没の危機に直面している島国は多いが、実際に全島民の移住を決めたのは太平洋で初めてとみられる。

    移住するのは、チョイスル州の州都があるタロ島。南北1キロ未満のサンゴ環礁の島に約1千人が住む。海抜は2メートルに満たない。海面上昇によ
    る洪水や津波への懸念が年々高まっており、地元当局がオーストラリア政府の支援を受けて専門家チームを立ち上げ、対策を検討してきた。

    その結果、集落を存続させるには、浸水に備えて予防策を取ると同時に、長期的に対岸のチョイスル島に新しい州都を造り、住民を段階的に移住さ
    せるしかないと判断した。

    タロ島の地図
    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140819001348.html

    その他報道
    https://www.google.com/search?q=Taro+Island&btnG=Search&hl=en&gl=us&tbm=nws&authuser=0&gws_rd=ssl&gbv=1
    https://news.search.yahoo.com/search;_ylt=An6BSGtcsFDrPjssXdj_WkWs0NUE;_ylu=X3oDMTByaTN1NDdhBHNlYwNVSCAzIERlc2t0b3AgU2VhcmNoIDEwMA--;_ylg=X3oDMTBsdWsyY2FpBGxhbmcDZW4tVVMEcHQDMgR0ZXN0Aw--?p=Taro+Island&type=2button&fr=uh3_news_web_gs

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター