未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    北海道

    【北海道】もう夏?帯広市では4月20日、7月並みの23度が予想されている

     連日、春の陽気が続く北海道ですが、帯広市では4月20日、7月並みの23度が予想されるなど、一足早い夏が訪れそうです。
     北海道は20日も午前中から、気温がぐんぐん上がっています。
     この陽気のもと、厚真町では早くも海岸で、サーフィンを楽しむ人の姿も見られました。
     この暖かさは、21日まで続く見込みです。
    全文https://uhb.jp/news/?id=4372
    続きを読む

    【地震】三河地震のヤバい兆候とは…島根に続き北海道根室沖や愛知県西部でも地震

    14日午前4時ごろ、北海道で震度5弱の揺れを観測した地震について
    「今回の地震は、陸のプレートの下に沈み込んでいる太平洋プレートと呼ばれる岩盤の内部で起きたと見られる。震源が比較的深いので、大きな余震は少ないと見られるが、今後、同じような規模の地震が起きると、再び強い揺れに見舞われるおそれがあり、注意してほしい」

    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180414/k10011402711000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 
    続きを読む

    北海道で地震 根室半島南東沖で震度5弱の地震発生 M5.4

    14日04時00分ころ、地震がありました。
    震源地は、根室半島南東沖(北緯43.2度、東経145.7度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    【異常震域】北海道でかなり大きな地震発生 M6.4積丹半島北西沖 気象庁発表はM5.0 北海道西方沖

    ・【M6.4】積丹半島北西沖 深さ230.5km 2018/04/12 16:56:53
    ・【M5.2】積丹半島北西沖 深さ241.2km 2018/04/12 16:56:52 [AQUA-REAL]
    ・◆◆緊急地震速報(最終第7報)◆◆【M5.2】北海道西方沖 深さ230km 2018/04/12 16:56:52発生 最大予測震度不明
    ・【最大震度1】(気象庁発表) 北海道西方沖 深さ約230km M5.0 2018年4月12日16時57分発生
    ・【M5.1】EASTERN SEA OF JAPAN 213.3km 2018/04/12 16:56:52JST, 2018/04/12 07:56:52UTC
    12日16時57分ころ、地震がありました。
    震源地は、北海道西方沖(北緯43.6度、東経139.6度)で、震源の深さは約230km、地震の規模(マグニチュード)は5.0と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    北海道稚内沖にトド 2000頭を超える群れが過密した状態で

    北海道稚内市の沖合にある無人島では、この時期、越冬で南下していたトドがロシアへ戻る途中に集まり、2000頭を超える群れが過密した状態でとどまっています。
    稚内市の宗谷岬から1キロほどの無人島の弁天島では、29日、2000頭を超えるトドが島の近くの海上に群れをなして浮かんだり、島の上に寝そべっている様子が確認できました。

    弁天島では10年ほど前から、越冬で北海道に南下していたトドがロシア周辺の海域に戻る前のこの時期に多く集まるようになりました。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011384481000.html  
    続きを読む

    強い冬型の北海道 留萌港の灯台が壊れる 高波の影響か

     26日午前、北海道留萌市で沖にある灯台が倒壊しているのが見つかり、海上保安部は、高波で壊れた可能性もあると見て調べています。
     灯台は鉄筋コンクリート製で、昭和50年に建てられたものだということで、年に1度の定期点検では異常は見つかっていなかったということです。
     現場付近では当時、強い冬型の気圧配置の影響で風と雪が強まり、暴風雪と波浪警報が出されていたということで、海上保安部は高波で壊れた可能性もあると見て調べています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011272011000.html
    続きを読む

    北海道東部「地震発生が切迫している可能性がある」M9級の超巨大地震の発生確率、30年以内で7~40%

    政府の地震調査委員会は19日、千島海溝沿いの地震の長期評価を公表した。
    東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生確率を初めて示し、30年以内で7~40%とした。
    陸地で行われた津波堆積(たいせき)物調査では、このような超巨大地震は過去6500年間に最高18回あり、
    平均間隔は340~380年と指摘。
    現在、最新の発生から約400年が経過し、再来が迫っている可能性が高いと結論づけた。
    http://mainichi.jp/articles/20171219/k00/00e/040/223000c
    続きを読む

    北海道特有の病気「ダニ媒介脳炎」 北海道特有ではなく全国に広く存在か

    北海道特有の病気と考えられてきた「ダニ媒介脳炎」という感染症について、北海道大学などの研究グループが調査を行ったところ、本州などでも野生のイノシシなどが、原因となるウイルスに感染していた可能性があることがわかりました。研究グループはウイルスが全国に広く存在するおそれがあることを示す結果だとして、さらに詳しい調査を行うことにしています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261501000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター