未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    二酸化炭素

    北海道地震は「CCS」が原因の人工地震だった!?CO2を地下に圧入し大地震 新潟中越地震も震度7

    66: 名無しさん 2018/09/13(木) 22:43:49.64
    http://enjoy21.blog.jp/archives/76889264.html
    ”日本CCS調査会社”と称する企業の存在。北海道地震の原因か?

    https://galapgs.com/society/incident/disaster/ccs-hokkaido-earthquake/
    9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」、いわゆる北海道地震の原因は
    日本CCS調査株式会社が行う実証実験ではないかとする声がSNSで囁かれています。

    続きを読む

    CO2濃度初めて400PPM上回る 濃度の上昇が止まっていないことが明らかに

     地球全体の大気中の二酸化炭素(CO2)の月平均濃度が初めて400PPM(PPMは100万分の1)を上回ったことが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などによる人工衛星の観測で判明した。地球温暖化を抑制するために、CO2を削減する国際的な取り組みが進んでいるが、濃度の上昇が止まっていないことが明らかになった。
     国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、産業革命以前と比べた気温の上昇を2度以内にするだけでも、CO2濃度を約450PPMまでに抑える必要があるとしている。国立環境研の横田達也フェローは「今のままの増加ペースでは、あと20~30年で450PPMに達してしまう」と話した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H0T_R20C16A5CR0000/
    続きを読む

    中国 バーベキュー、屋外で二酸化炭素を排出する行為を禁止に

    深刻な大気汚染で世界の注目を集めている中国だが、さらに悪化することが予想され、2度目の赤色警告が出されました。この影響により、中国では車を禁止し、学校も閉鎖することにしました。スモッグは前の週よりも悪化し、19日から22日まで続くようです。この赤色警告期間中は、市の車の半数になる2千250万台の路上走行を禁止しました。
    全文読むhttp://www.horrornews.top/archives/1047981992.html

    続きを読む

    北朝鮮 金正恩が「温室効果ガスを37.4%削減」と環境問題に積極的大掛かりな計画

    北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記が環境問題へ積極的な取り組みを行う意図を発表したと同国の外務大臣が報告しました。また、金総書記はパリに集結した195か国の代表の前で、温室効果ガスの制限や地球いっぱいに豊かな森を育む計画などについて語ったそうです。実際に北朝鮮はこの10年間で植樹活動に力を入れ、温室効果ガスを90年代の排出量と比較して37.4%削減するという大掛かりな計画があるそうです。
    http://www.lifeaction.top/archives/49736561.html

    続きを読む

    地球は温暖化しているのか、それとも寒冷化へ向かっているのか

    温暖化理論を破綻させた「南極の氷増加」 科学者も困惑…海面上昇の原因はどこに…
    地球温暖化の影響で減少し続けているとされてきた南極の氷が、実は増えていたことが米航空宇宙局(NASA)の観測結果で分かった。温暖化で南極の氷が溶け出し、海面が上昇しているとの従来の学説を覆すものだ。NASAでは、「海面上昇の要因が南極以外にあることがはっきりしただけ」としているが、温暖化問題を論ずる際の大前提が揺らいだのは事実であり、今月末からフランス・パリで開かれる国連の気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)での議論にも影響を与える可能性がある。
    以下ソース http://www.sankei.com/premium/news/151114/prm1511140022-n1.html

    続きを読む

    中国の石炭消費量 実際は17%も多く、それに伴い二酸化炭素の年間排出量も統計よりも10億トン以上も多くなることが分かった

     中国の石炭消費量が政府発表の統計数字よりも17%も多く、それに伴い二酸化炭素の年間排出量も統計よりも10億トン以上も多くなることが分かった。
    まったく「でっち上げ」ともいえる数字と発表していたことになる。さらに、この10億トンという数字はドイツの二酸化炭素放出量よりも多いから驚きだ。
    中国は11月末にパリで開幕する第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で、2大排出国である米国とともに世界に温暖化ガス削減を呼びかける方針だが、統計数字そのものがいい加減なことが分かったことから、中国政府の信頼性にもクエスチョンマークがつきそうだ。
    全文読むhttp://www.excite.co.jp/News/world_g/20151123/Postseven_364330.html 

    続きを読む

    CO2濃度、16年に危険水域に迫る400ppm超え 今年7月までの2年程度の年平均濃度398.2ppmに

    環境省などは16日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」による二酸化炭素(CO2)濃度測定の結果、今年7月までの2年程度の年平均濃度が398.2ppmに達したと発表した。これまで地表面の濃度が公表されてきたが、衛星を使い、地表から上空約70キロまでの大気全体の濃度が明らかになったのは初めて。年平均2ppmずつ上昇していることも分かり、16年6月ごろには危険水域に迫る400ppmを超える見込み。
    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/feature/news/20151117k0000m040062000c.html

    続きを読む

    「オゾンホール」面積が今年最大級に 南極大陸の約2倍相当

    世界気象機関(WMO)は29日、南極上空に現れる「オゾンホール」の面積が今月2日に今年最大となり、南極大陸の約2倍に相当する約2820万平方キロに達したと発表した。2000年、06年に次ぎ、観測史上最大級という。
    オゾンホールの大きさも年によって変わると強調。「警戒は必要だが過度に心配することはない」としている。
    全文読むhttp://www.chunichi.co.jp/s/article/2015102901001885.html

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター