未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    予言

    【地震予知】次は千葉県沖か東京・東京湾を含めた首都圏直下と予測!浅間山やトカラ列島でも気になる動き

    ■「東京湾のど真ん中なら津波が起きる」
    高橋教授は「震源地が少し内陸にずれましたけどね」として“次の大地震”について語る。
    「次は1~2か月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生するとみています。千葉県沖というのは犬吠埼など県北の沖合です。内陸というのは千葉県内だけでなく、東京や東京湾を含めた首都圏直下です。」
    「いちばん怖いのはフィリピン海プレートが跳ねるパターンです。
    全文http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00008907-jprime-soci&p=1
    続きを読む

    【地震予知】震度6弱、首都直下地震は八王子震源!?…今後日本で発生する大地震をFBI超能力捜査官が予言

    【予言】
    日本を襲う津波:2018年秋、高さ10.5m
    今後日本で発生する大地震:2018年晩夏、東京都の西40kmで震度6弱の地震
    今後日本で発生する大地震:2020年夏、市川市の北東10kmで震度6弱の地震
    新東京タワー:2020年よりも前に、新たな自然災害によって深刻な損傷を受ける

    全部読む
    http://tocana.jp/2017/01/post_11989_entry.html
    続きを読む

    松原照子が11月23日に南海トラフの地震予言!?「日本列島が分断される大地震が連続する」

    1987年に出版された、世見者(予言者)松原照子氏の『宇宙からの大予言』によると、カレンダーの日付が赤くなる水曜日に(11月23日は勤労感謝の日)、関東地方でM6クラスの地震が起き、さらに東海大地震、高さ80m以上の津波、そして「糸魚川―静岡構造線断層帯」に沿って日本列島が分断される大地震が連続するという。
    http://tocana.jp/2016/11/post_11569_entry_3.html
    続きを読む

    【予言】的中率85%ブルガリア人預言者ババ・バンガ氏「オバマはアメリカ最後の大統領」トランプ就任は阻まれ景気は不安定、アメリカは北と南で衝突が

    アメリカ大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏の大統領就任式は、2017年1月20日に予定されている。しかしこれまでアメリカの同時多発テロ事件や、ISIS(イスラム国)の誕生、2009年のオバマ大統領就任などの予言を的中させてきたブルガリア人預言者ババ・バンガさん(Baba Vanga、1911~1996)が「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる」と不吉な予言をしていたようだ。

    その彼女がアメリカの政治に関し「第44代大統領はアフリカ系アメリカ人である」との予言を残していた。しかし彼女の言葉はこれだけでは終わらない。
    続きを読む

    予言 9月18日午前8時に東京でM9.8の地震が起きる リチャード・ボイランのネタ予言?

    779 名前:サソリ固め(大分県)[] 投稿日:2016/09/18(日) 00:37:17.78 ID:m8YmWyyb0
    リチャード・ボイランというアメリカの由緒正しき科学者が、
    驚異的な過去の予言的中率を以って、日本時間9月18日の午前8時に
    マグニチュード9.8以上という人類史上最大のメガ地震が、東京の東97kmを震源として起きる、と発表した予言。
    以下はソース
    http://www.drboylan.com/07.2011japanmegaquake.html
    続きを読む

    2020年3月20日に人類滅亡 インド暦とマヤ暦の予言で断言!東京オリンピックは「ない」

    ◆東京オリンピックは“ない”、2020年3月20日に人類滅亡! インド暦とマヤ暦が断言していた!
    多くの占い師や予言者たちが「東京オリンピックには不吉な予兆があり、中止になる」と指摘していることはご存知の読者も多いだろう。
    ■インド暦の人類滅亡予言
    スーリヤ寺院に伝わるインド暦には、2020年3月20日より後の日付が“ない”。その理由について現地では「破壊神カルキが、ひとつの時代を終わらせる」ためと囁かれている。
    続きを読む

    7月29日ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる。今年に入ってから軽微なポールシフトが始まっている

    7月29日に地球の北極と南極がグルリと入れ替わる究極のポールシフトである“地磁気逆転”が起こるからなのだ。
    今年の6月から8月の間にポールシフトが発生する可能性が示唆されている。地球の長い歴史の中ではこの地磁気逆転はたびたび起きており、今回起こるとすれば44万年ぶりのことになるということだ。ひとたび地磁気が逆転すれば、地球環境と気象の激変により地球上の生物の70%が死滅するともいわれている。一説によればすでに今年に入ってから軽微なポールシフトははじまっているという。それが近々、一気に完遂する日が訪れるというのである。
    全文http://tocana.jp/2016/07/post_10387_entry.html
    続きを読む

    伊勢志摩サミット中に大地震!? 5月22~27日東海地震を警告している「母親予言」

    ■志摩市、震度6強以上、津波高24メートル
    5月26日~27日にかけてG7サミットが開催される予定だ。
     「母親予言」は東海地震を警告しているが、震源の駿河トラフは、言ってみれば南海トラフの一部のようなものだ。つまり、東海・東南海・南海、そして日向灘までが連動する可能性が十分ある。2012年、政府の有識者会議は同震源域で「M9.1」という最悪水準の巨大震災を想定した。それによるとサミットが開催される志摩市は、最大震度6強以上の揺れを受け、24メートルもの津波に襲われる危険性があるとしている。
     つまり、仮に5月26、27日に同震災が発生した場合、最悪の場合、G7とEU首脳、そして各国の随行員・報道陣の皆さんは、全員被災・溺死する可能性もあるわけだ。
    全文はこちらhttp://tocana.jp/2016/05/post_9827_entry_2.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター