未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    予言

    2018年6月21日にM10.6の大地震は本当に起こるのか!?怪情報がネットで拡散、不安あおる眉唾予言とジュセリーノ

    2018年6月21日、日本を大地震が襲う――こんな「怪情報」が、今ネットの海を急速に浸食している。
    結論から言えば、この噂は信頼に値するとは言い難い。なぜなら、ソース(情報源)は、「眉唾」の予言でしかないからだ。
    実際のネタ元はブラジル在住の男性、ジュセリーノ(・ダ・ルース)氏だ。 
    「2018年6月21日に、東海地方でマグニチュード10.6という強い地震が起きるだろうということです」日本列島はその後も大地震や火山噴火に見舞われ、2030年には「崩壊」、8年後までに海底に消えてしまうというのだ――。
    全文https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-331738/
    続きを読む

    地震予知 予言者ジュセリーノ「2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言」

    ■2043年、人類の80%が死滅!
    なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいことだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。
     たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。
     そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。
    予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?
     
     さらにジュセリーノは恐ろしいことに、これまで繰り返してきた環境破壊の報いを受けて、2043年に人類の80%が死滅するという予言もしている。
    全文http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_3.html
    続きを読む

    【2018年の予言】「試練の時」世界一“当たる”予言者、クレイグ・ハミルトン・パーカー

    予言1
    2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。

    予言2
    中国の度重なる挑発により、日本は平和憲法を捨て、米国による支援の下で再軍備を進める。
    続きを読む

    豊後水道 震度5強の地震に対し、予言者が日本でM9の地震が起きると指摘

    5月20日夜、九州・大分県と四国・愛媛県に挟まれた豊後(ぶんご)水道でM5.0、最大震度5弱の地震が発生した。
    というのも、災害の夢が現実になる主婦ことスズ氏と、日本を代表する世見(予言)者の松原照子氏が揃って、「九州あるいは日本でM9の地震が起きる」と指摘しているのだ。豊後水道の地震が、M9クラスの巨大地震に結びつくかどうか検討してみたい。

    ■幻のイルカ漂着は地震前兆だった!?
    【危険が近づいていることは予知夢でも……】
    全文http://tocana.jp/2017/06/post_13610.html
    続きを読む

    地震予言「次は西日本大震災だ」西日本&九州がヤバい!科学者、予言者たちの7つの警告

    地震大国である日本に暮らす私たちが今、真剣に考えなければならないのは、熊本地震の次に日本で起きる大地震は、一体どこになるのかという点だろう。
    筆者のもとに集まってきた情報を総合すると、それはどうやら「九州」あるいは「西日本」になる可能性がありそうだ。
    ■警告1:神社の歴史的神事が呼びかける「地震に注意」
    ■警告2:超能力主婦が九州の破滅を危惧
    ■警告3&4サイキックが次々と「西日本&九州がヤバい」と断言
    ■警告5:日向灘と南海トラフが連動、スーパー巨大地震も!? 
    ■警告6&7:科学界からも警告の嵐! 
    全文http://tocana.jp/2017/04/post_12912_entry.html
    続きを読む

    ティテル2017年の予言 高知と新潟で大地震 東北でM6直下の歴史的な地震に警戒

    ティテル氏は、毎年の年初に世界の出来事を予言し、YouTubeとブログで発表している。
    今回は、YouTube版で公開された2017年の予言のうち、特に世界各地で起きる大地震・大津波を含む災害や重大事件に関する項目について重点的に紹介したい。
    全文http://tocana.jp/2017/04/post_12806_entry.html
    ■ジョセフ・ティテル2017年の予言 
    続きを読む

    岐阜県周辺、中部地方で大地震が起きる  大災害を当てまくる「粥占」占いの結果

    全国各地の神社で1月15日前後(小正月)に行われる「粥占(かゆうら)」「筒粥(つつがゆ)神事」などと呼ばれる神事がある。もともとは中国から伝わった風習で、竹筒などに米や豆などの穀類を入れ、その煮え具合や(しばらく放置して)カビの生え具合を見ることで1年の収穫などの吉凶を占うものだ。(中略)
    天災の項目で「地震に注意」という結果が出た。これは、今年中に岐阜県周辺あるいは中部地方のどこかで大地震が起きるということを示唆しているのだろうか。
    全文 http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_50084/
    続きを読む

    【地震予知】次は千葉県沖か東京・東京湾を含めた首都圏直下と予測!浅間山やトカラ列島でも気になる動き

    ■「東京湾のど真ん中なら津波が起きる」
    高橋教授は「震源地が少し内陸にずれましたけどね」として“次の大地震”について語る。
    「次は1~2か月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生するとみています。千葉県沖というのは犬吠埼など県北の沖合です。内陸というのは千葉県内だけでなく、東京や東京湾を含めた首都圏直下です。」
    「いちばん怖いのはフィリピン海プレートが跳ねるパターンです。
    全文http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00008907-jprime-soci&p=1
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター