未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    乾燥

    水戸で観測史上最低の湿度 10%にまで下がる

    観測史上最低の湿度 乾燥に注意
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180206/1070001673.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    冬型の気圧配置の影響で県内は空気の乾燥した状態が続いていて、
    水戸市では6日、湿度が10パーセントまで下がり観測史上、最も低い湿度を観測しました。
    続きを読む

    フェーン現象 火事相次ぐ東北 暴風、乾燥に注意

    低気圧の影響で西寄りの風が強まり、特に太平洋側や内陸では山を越えて乾いた風となって吹き下ろすフェーン現象が起きているとみられます。
    気象庁は、このあと数時間は暴風に警戒するとともに、空気が乾燥した状態が続くことから、火の取り扱いにも十分注意するよう呼びかけています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170508/k10010973751000.html
    続きを読む

    大気汚染物質が原因でアトピー性皮膚炎を引き起こす仕組みを解明

    東北大学の山本雅之教授らの研究チームは、大気汚染物質が原因でアトピー性皮膚炎を引き起こす仕組みを解明、英科学誌「Nature Immunology」(電子版)の2016年11月14日号に発表した。
    アトピー性皮膚炎は世界的に患者数が増加し、重症度と大気汚染度との間に相関があることが知られていたが、理由は不明だった。治療薬の開発へ期待が高まりそうだ。

    研究チームは、発表資料の中で「皮膚炎を誘発するアルテミンの働きを抑える物質を探せば
    新しい治療薬の開発につながる」とコメントしている。
    全文http://www.j-cast.com/healthcare/2016/11/16283591.html
    続きを読む

    インドネシア森林火災猛威 乱開発で大地が乾燥したうえ、今年は干ばつで燃えやすい 日本の年間排出量超える

    インドネシア:森林火災猛威、二酸化炭素16億トン放出
    【ジャカルタ平野光芳】インドネシア・カリマンタン島などで近年にない大規模な森林火災が起き、四国を上回る面積が燃えている。各地の火災による温室効果ガスを米航空宇宙局(NASA)の人工衛星画像などから推計する「全球火災排出データベース」(GFED)によると、10月30日までに日本の年間排出量を超える約16億3600万トン(二酸化炭素=CO2=換算)が放出された。乱開発で大地が乾燥したうえ、今年は干ばつで燃えやすい。長年、二酸化炭素を吸収・蓄積してきた森林という「天然の貯蔵庫」が、地球温暖化を加速させる「火薬庫」と化している。

    毎日新聞 2015年10月31日 21時32分(最終更新 10月31日 21時51分)
    全文読むhttp://mainichi.jp/select/news/20151101k0000m030048000c.html

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター