未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    中国

    中国 チベット自治区でマグニチュード6.9の地震

    中国地震局によりますと、18日午前6時34分ごろ、日本時間の午前7時34分ごろ、中国・チベット自治区のニンティ市メンリン県を震源とするマグニチュード6.9の地震がありました。震源の深さは10キロと推定されています。

    国営の中国中央テレビが放送したメンリン県の映像では、通りを車が走り、大きく倒壊した建物などは確認できませんでした。
    11月18日 11時58分 
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171118/k10011227781000.html?utm_int=error_contents_news-main_001 
    続きを読む

    7.0級地震 中国四川省・九寨溝でM7の大きな地震発生  四川アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝

    中国・四川省で大きな地震が発生。マグニチュード(M)7と推定されるという。
    https://this.kiji.is/267656164581294081?c=39550187727945729
    続きを読む

    全国的に黄砂が観測 交通障害や洗濯物に注意

    7日(日)は、全国的に黄砂が観測された。8日(月)にかけても西日本を中心に黄砂による見通しの悪化などに注意が必要だ。
    九州から北海道の広い範囲で黄砂が観測された。この影響で、見通しが10キロメートル未満となっている所があり、稚内市で4キロメートル、帯広市で5キロメートルまで低下した。
    ウェザーマップ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00010001-wmap-soci

    続きを読む

    北京で大気汚染深刻 PM2.5の濃度基準の14倍、最も深刻な「赤色警報」が発令

     北京では21日まで大気汚染で最も深刻な「赤色警報」が発令されていて、20日未明には
    「PM2.5」の濃度が日本の環境基準の14倍になりました。(20日17:36)
    全文http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2942304.html
    続きを読む

    タジキスタン・中国新疆でM6.7の地震発生 周辺では震度5強ほどの揺れ

    中国新疆でM6・7
    新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区西部のクズルス・キルギス自治州で25日午後10時24分(日本時間同11時24分)にマグニチュード(M)6・7の地震があった。震源の深さは約10キロ。当局が被害状況を調べている。(共同)
    http://www.sankei.com/world/news/161126/wor1611260006-n1.html
    続きを読む

    中国北西部・青海省でM6.4の地震 震源は玉樹チベット族自治州玉樹(Yushu)県

    【AFP=時事】米地質調査所(USGS)によると、中国北西部・青海(Qinghai)省で17日、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。
     震源は玉樹チベット族自治州玉樹(Yushu)県で、深さ32キロの地点。周辺は地震活動が活発で、同県では2010年にM6.9の地震発生
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00000035-jij_afp-int
    続きを読む

    中国、台風14号の強風で月のオブジェが市街地を転がり続ける

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160916-00000389-fnn-int
    台風が、中国で猛威を振るった。15日、台風14号が上陸した中国・福建省。すさまじい猛威が襲い掛かった。中国の国営テレビが、2016年、地球上で最強と伝えた台風14号。中国上陸前には、最大瞬間風速80メートル以上という猛烈な「スーパー台風」で、台湾を直撃した。
    その「スーパー台風」の接近で、中国・福建省では、驚きの現象が。市街地を転がり続ける巨大な球体。その正体は、中秋の名月にちなんだ月のオブジェ。強風で固定していたワイヤが外れた。
    満月は、風にあおられ転がり続け、ついには、幹線道路にまで。
    続きを読む

    サンマに異変!台湾漁船が乱獲し中国輸出、サンマが消える日も近いかもしれない

     秋の味覚・サンマに異変が生じている。スーパーなどの販売価格が高騰しており、その背景に、日本列島を相次いで襲った台風の影響や近年の海水温上昇に加え、サンマブームに沸く台湾の“乱獲”があるという。「このままでは、食卓からサンマが消える日も近いかもしれない」。関係者は危惧(きぐ)している。(小泉一敏)
    サンマ1匹「400円」の日も
    台湾船1200トン、日本船の6倍
    以下ソース
    http://www.sankei.com/west/news/160912/wst1609120018-n1.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター