未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    一極集中

    首都直下地震が発生した場合、仮設住宅18万戸不足のおそれ「対応を早急に検討すべき」

    今後、首都直下地震が発生した場合に家を失った人に提供される仮設住宅について国は、都内でおよそ57万戸が必要だと想定していますが、NHKが専門家とともにシミュレーションを行って検証したところ、およそ18万戸不足するおそれがあることがわかりました。専門家は「広域的な避難などの対応を早急に検討すべきだ」と指摘しています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170311/k10010907371000.html
    続きを読む

    東京首都直下地震に備え遷都するならどこ?イランでは壊滅的な地震が起こる可能性があり、安全な地域への遷都を検討

    向こう15年から20年間、もしくはさらに早く、イランの首都テヘランでは壊滅的な地震が起こる可能性があり、より安全な地域への遷都を検討する必要がある。

    テヘランは多数の地震断層上にあり、壊滅的な地震の脅威は差し迫ったものだと特定した地元の地震学者の推薦が、このような解決策の主な根拠となっている。
    https://jp.sputniknews.com/middle_east/201610272946393/
    続きを読む

    首都直下地震対策を、70万人が行き場失い、火災で焼失する建物は最大41万棟

    政府が29日にまとめた首都直下地震の応急対策活動計画は、東京、埼玉、千葉、神奈川4都県外から警察など応援部隊計約14万人を派遣することや、備蓄の枯渇が見込まれる発生4日目以降は要請を待たず物資輸送を行うことを盛り込んだ。一方、住民は地震発生時にどんな行動をとるべきかを知り、家庭でも対策を進める必要がある。今後30年間で70%の発生確率とされる首都直下地震。備えるべきことは多い。
    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20160331/k00/00m/040/140000c
    続きを読む

    首都直下地震の応急対策。しかし一極集中のままでは日本が滅びる

    地震で最大14万人の部隊派遣
     首都直下地震に備え、人命救助のための応援部隊派遣や救援物資輸送の手順を定めた政府の応急対策活動計画の原案が22日、分かった。被災自治体の要請を待たずに先遣部隊を出し、全国から最大で自衛隊や消防、警察など約14万人を送るのが柱。政府内の調整を経て月内に公表する。
    全文読むhttp://www.daily.co.jp/society/national/2016/03/23/0008918237.shtml 
    続きを読む

    東京一極集中推奨の日本、人口が増えた県は7都県だけ

    日本の不動産投資環境は、全体で見れば厳しい状況です。人口減少が始っているからです。日経新聞によれば、総務省が公表した2014年10月時点の人口推計で、全国47都道府県のうち、人口が増えたのはわずか7都県だけ。40道府県の人口は1年前と比べて減っています(写真)。
    全文読むhttp://www.shinoby.net/2015/04/4769/

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター