未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    リュウグウノツカイ

    青森県で深海魚「リュウグウノツカイ」の死骸が漂着

     2日午前6時すぎ、青森県平内町茂浦の観音崎近くの海岸に、温帯から熱帯の海に生息する深海魚「リュウグウノツカイ」の死骸が漂着しているのを地元漁師が見つけ、青森市の県営浅虫水族館が譲り受けた。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000006-webtoo-l02
    続きを読む

    福井県の水晶浜で伝説の激レア深海魚「リュウグウノツカイ」

    福井県の水晶浜を訪れた人がレアな深海魚「リュウグウノツカイ」を目撃し、撮影された写真と映像が話題になっています。
    大きさは2メートルほどだったということ。

    ツイート:https://twitter.com/yuman0314/status/1021220910861176832?
    ※リンク先に動画があります

    BIGLOBEニュース 2018年7月26日(木)17時26分
    https://news.biglobe.ne.jp/animal/0726/9pt_180726_7005298556.html
    続きを読む

    【京都】若狭湾で「竜宮の使い」捕獲 5メートル15センチもある大物

     京都府宮津市黒崎沖の若狭湾で11日に深海魚のリュウグウノツカイが定置網にかかった。5メートル15センチもある大物で、魚体も傷が少なく銀色の魚体と赤色のひれが美しい。京都北部の日本海では近年、冬場になると深海魚が捕れることが増えているが、漁師や研究者も「これほどの大物は見たことがない」と驚いている。

    全文https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00e/040/249000c 
    続きを読む

    五島に深海性の珍しい魚「リュウグウノヒメ」国内での目撃は非常にまれ

    佐世保市の九十九島水族館(海きらら)などによると、シマガツオ科のリュウグウノヒメは大きく広がる背びれやしりびれが特徴で体長40~50センチに成長。日本海沿岸や太平洋沖など各地の水深数百メートルに生息するが報告例は少なく、同館でも「今回が初確認」という。
    全文http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/06/24093934051678.shtml
    続きを読む

    島根県大田市の海で「リュウグウノツカイ」を撮影

    24日午前5時半ごろ、大田市の沖合およそ1キロの日本海で、リュウグウノツカイが定置網にかかっているのを漁業者が見つけました。
    リュウグウノツカイは、港まで運ばれたあと海に放され、連絡を受けて駆けつけた地元のダイバーが泳ぐ姿を撮影しました。体長は1メートル50センチほどで銀色の体に長く赤い背びれと腹びれがあり、水面近くをゆっくりと泳いだあと海底の方向に潜っていったということです。
    「深海から海流に乗って沿岸まで来たのではないか。泳いでいる姿が撮影されるのは珍しい」と話していました。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160524/k10010533731000.html
    続きを読む

    新潟県佐渡沖でリュウグウノツカイ捕獲 生きたまま捕獲されるのは非常に珍しい

     幻の深海魚と言われる「リュウグウノツカイ」が8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった。生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという。

     「リュウグウノツカイ」は8日朝、佐渡の両津湾内で内海府漁協の定置網にかかっているのが見つかった。「幻の深海魚」と言われるリュウグウノツカイは、全身が銀色で鮮やかな紅色の背びれや腹ひれがあり、押しつぶされたような平たい体形が特徴だが、詳しい生態はわかっていない。今回水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160208-00000081-nnn-soci
    ソース先に動画があります

    続きを読む

    石川県能登半島で「リュウグウノツカイ」生きたまま発見

    幻の深海魚といわれるリュウグウノツカイが22日朝、石川県の能登半島で、定置網に生きたままの状態で見つかり、近くの水族館に運ばれた。リュウグウノツカイは、体長約3メートル、深海魚といわれているが、詳しい生態はわかっていない。七尾市の「のとじま水族館」では、早速、水槽に移したが、生きているリュウグウノツカイを水族館で見られるのは大変珍しいことだという。
    http://www.news24.jp/articles/2015/12/22/07318032.html
    リンク先に泳いでる動画あります
    続きを読む

    地震の前兆 高知県で謎の深海魚が打ち上げ、リュウグウノツカイ?フリソデウオ?

    高知県の定置網で捕獲された「魚の稚魚」に注目が集まっています。
    ■リュウグウノツカイの稚魚?
    画像には、深海魚のような個性的な姿の稚魚が写っています。「リュウグウノツカイ」という魚の稚魚の可能性があるそうです。しかし、正確な魚の種類は分かっていないんだとか。
    全文読むhttp://irorio.jp/kaseisana/20151103/272919/

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター