未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    ニビル

    11月19日付近に地球滅亡  惑星ニビルの影響でM7以上の地震、さらに太陽にも異常が

    今年も残すところ2カ月を切ったが、まだまだ予断を許さない状況が続いている。
    トカナでもお伝えしたように、地球に壊滅的被害をもたらすとされる謎の惑星「ニビル」が今月19日にいよいよ地球に牙を向くと予言されているからだ。
     海外サイト「Planet X News」に掲載されている記事によれば、11月19日に太陽を挟んで地球とニビルが一直線に並ぶことで、地球の磁場に変化が生じ、地震活動が活発になる。
    その後2週間以内に、M7以上の地震が発生するということだ。
    全文http://tocana.jp/2017/11/post_15053_entry.html
    続きを読む

    9月23日 終末の到来、人類滅亡が確定 ニビル衝突、キリストが再臨し「最後の審判」がやって来る

    いよいよ、その時が近づいてきた。トカナがこれまで再三に渡り警告してきた地球滅亡のXデーが今月23日に迫ってきている。
     8月21日に北米大陸で観測された皆既日食「グレート・アメリカン・エクリプス」は、この世の終末を示し ている。 ほどなくして怒り狂った主(神)が再臨し、罪人を裁く「最後の審判」がやって来るというのだ。
     驚くべきことに、ピラミッドの存在も同説を裏付けているとミード氏は語る。
    下降通路が指し示している天体はしし座で最も明るいレグルス(しし座α星)であり、上昇通路が指し示しているのは、“救世主”(メシア)を意味する木星だという。そして、この2つの天体が指し示される時こそ、終末の到来だという。
     ミード氏の独自分析によるニビル衝突予測であるが、ミード氏とは別に多くの人々がミード氏の終末予想と同じ予想をしている。

    全文http://tocana.jp/2017/09/post_14483_entry.html
    続きを読む

    惑星「ニビル」が太陽と衝突した可能性 人類への影響は

    2月14日、謎の超巨大天体が太陽のそばに出現。太陽と衝突した可能性もあります。
    太陽に急接近する超巨大な天体の画像。
    これは米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が運用する太陽・太陽圏観測衛星SOHOが撮影したもの。
    日時は、2016/02/14 01:42 と記録されています。
    画像は、SOHO公式サイトの画像アーカイブ検索ページから検索して確認できます。
    http://sohodata.nascom.nasa.gov/cgi-bin/data_query

    太陽付近に存在する巨大天体については、昨年10月に地球上からの目撃報告もあります。惑星「ニビル」ではないかと噂が広がっています(既報)。
    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2414
    続報が入り次第お伝えしていきます。

    続きを読む

    惑星X、ニビル?2015年12月地球に衝突し滅亡する予言もあります

    太陽の近くには、やはり未知の巨大天体が存在しているのでしょうか?「惑星X」「ニビル」などと称され、以前から噂が絶えなかった謎の惑星を裏付けるような動画が撮影され、話題となっています。
    太陽のそばに、もう一つ、小さな太陽のような天体が浮かんでいます。月は別の場所に浮かんでいるため、月ではないことも分かります。
    「ニビル」は冥王星の外側から太陽付近にまで迫る超長楕円軌道を持つという謎の惑星。木星よりも大きく、太陽になり切れなかった熱いガス状惑星(褐色矮星)で、今年のクリスマス頃に地球と衝突するという噂もあります。

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター