未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    ソーラーパネル

    森林伐採し、大規模太陽光発電所を建設する計画が進む

     京都府南山城村と三重県伊賀市にまたがる一帯で、森林を伐採し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する計画が進んでいることが、18日までに分かった。敷地面積は約100ヘクタールで、甲子園球場26個分に相当する。
    開発業者が住民に配布した資料によると、事業者は「ファースト・ソーラー・ジャパン プロジェクト6合同会社」(東京都)。敷地のうち、約65ヘクタールに太陽光パネルを置く。発電出力は3万7500キロワットで、中部電力に売電する。
    敷地のうち、村側は約80ヘクタールで2区画。個人所有地や自治会区有林で、借地するという。
    全文読むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000000-kyt-bus_all

    続きを読む

    仙台市太白区でがけ崩れ ここでもソーラーパネルが原因か

    仙台市太白区で住宅地のすぐ下側ののり面が、幅およそ60メートルにわたって崩れ、付近の住民が避難しました。けがをした人はいないということです。11日午後4時前、仙台市太白区羽黒台の住宅地で近くを通りかかった人から「のり面が崩れている」と消防に通報がありました。消防によりますと幅60メートルにわたって住宅地のすぐ下側の斜面の土砂が設置されていたソーラーパネルとともに崩れました。
    続きを読む

    常総市の鬼怒川 ソーラーパネルのため高さ2mを削りその後土のうを積む対策 -茨城

     栃木・茨城両県を襲った大雨で、鬼怒川があふれ出したとされる茨城県常総市の鬼怒川左岸にある若宮戸地区は、人工的な堤防がなく洪水の危険性が市議会などで指摘されていたことが10日、国土交通省などへの取材で分かった。鬼怒川は1級河川で国が管理している。若宮戸地区は民有地のため、堤防を造る場合、国と土地所有者の協力が必要になる。
    若宮戸地区では、通称「十一面山」と呼ばれる丘陵部が自然堤防の役割を果たしていた。しかし昨年3月下旬、民間事業者が太陽光発電事業を行うため、横150メートル、高さ2メートル部分を削ったという。
    全文読むhttp://www.hochi.co.jp/topics/20150910-OHT1T50258.html
    続きを読む

    茨城常総市鬼怒川 堤防決壊原因はソーラーパネルによる掘削か

    河川工学が専門で、鬼怒川の河川整備の国のアドバイザーも務める早稲田大学理工学術院の関根正人教授は、鬼怒川の堤防が決壊した原因について、 「南北に伸びる鬼怒川に沿うように同じ南北に帯状に発達した雨雲がかかり、上流から下流のかなり広い範囲で長時間、雨が降り続いたことで川の水位が大幅に上がった。そのうえで、堤防を越えた水が構造的に弱い堤防の裏側を削ったことで決壊につながったと考えられる」と指摘しています。
    全文読むhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150910/k10010226851000.html  
    続きを読む

    九電、再生エネ受け付け全域中断wwwwwwwwwww ソーラーパネル事業がパーにw

    1: バックドロップホールド(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 01:25:56.24 ID:/eQZO79s0.net BE:819211672-PLT(13121) ポイント特典
    九電、再生エネ受け付け全域中断 送電設備で容量不足
    http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091901001609.html
    共同通信 2014/09/20 2:00:07
     

     九州電力が再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく契約の受
    け付けを、九州全域で中断する方針を固めたことが19日、分かった。太陽
    光発電の導入が急速に進み、送電設備の容量が足りなくなる事例が続出。新
    規買い取りを続ければ、大規模停電につながる懸念があるという。供給管内
    全域で受け付けを中断するのは大手電力会社で初めて。

     買い取り制度は再生エネ普及の切り札として始まったが、電力側の設備の
    事情で受け付けができなくなる制度の欠陥が浮き彫りになった。

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター