未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    エボラ出血熱

    【エボラ出血熱】コンゴから帰国した埼玉の70代女性、エボラ出血熱の疑い…政府は危機管理センターに連絡室を設置

    ■埼玉の70代女性、エボラ熱疑い
    アフリカ・コンゴから帰国

     厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。東京都内の医療機関に入院し、血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査している。

    2019/8/4 10:54 (JST) 共同通信社
    https://this.kiji.is/530564410621084769


    続きを読む

    【エボラ出血熱】WHOが緊急事態を宣言 感染拡大のおそれ

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190718/k10011996511000.html

    アフリカ中部のコンゴ民主共和国の一部で患者が増え続けているエボラ出血熱について、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の会合を開き、感染が周辺国にも拡大するおそれがあるとして、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

    続きを読む

    アフリカ中部のコンゴ民主共和国 エボラ感染「最悪の事態」

    エボラ出血熱が流行しているアフリカ中部のコンゴ民主共和国で、感染が確認された人が300人を超え、政府は1976年に最初の流行が起きて以来の事態になっていると発表しました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181111/k10011706361000.html
    続きを読む

    エボラ出血熱によく似た症状 東アフリカで「マールブルグ病」流行のおそれ

    世界保健機関(WHO)は7日、アフリカ東部ウガンダとケニアの国境地帯で、マールブルグ病が発生し、これまでに医療関係者ふたりを含む5人が感染したと明らかにした。マールブルグ病は、感染経路が明らかにされておらず、重症化するとエボラ出血熱によく似た症状を引き起こす。
    全文http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22634.html
    続きを読む

    エボラ感染後の生存率100%にまでに高めることに成功

    エボラウイルスに感染し回復した患者の血液から、ウイルスを捕まえる抗体を取り出し、マウスに投与したところ、エボラウイルスに感染したあとの生存率が20%だったのを、最大で100%までに高めることに成功したと、アメリカの研究グループが発表しました。専門家は「新薬の開発などにつながる可能性がある」と話しています。
    全文読むhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416551000.html

    続きを読む

    エボラ出血熱にマラリア治療薬が効果 治療法に希望が

    長崎大は7日、鈴木基助教をはじめとする国境なき医師団のチームがマラリア治療薬の一種でエボラ出血熱の死亡率を下げる効果を確かめたと発表した。(中略)
     今回の研究では、エボラ出血熱の死亡率は60%前後とされる。抗マラリア薬「アーテスネート・アモジアキン」を使った71人は死亡率が51%に下がったが、別のマラリア治療薬を試みた194人は死亡率が64%と高く、ほとんど効き目はなかった。
    アーテスネート・アモジアキンは細胞実験でエボラウイルスの働きを抑えたとする報告があったという。
    引用元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H9I_X00C16A1CR8000/

    続きを読む

    エボラ出血熱が再発した!耐性ウイルスに進化した可能性がある

     【ロンドン時事】西アフリカのシエラレオネでエボラ出血熱に感染後、治療を受けて完全回復したはずの英国人が、再入院し重体になっていることが分かった。治療を行っているロンドンの病院が14日、声明を出して明らかにした。
    全文読むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151014-00000172-jij-eurp

    続きを読む

    静岡【エボラ出血熱】マラリア陽性 エボラ出血熱の疑いがある静岡在住の男性

    ■マラリア陽性 エボラ出血熱の疑いがある静岡在住の男性 

     エボラ出血熱の疑いがある静岡在住の男性、熱帯熱マラリアの検査で陽性。
    エボラ熱感染の有無を引き続き調査。
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター