未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    インドネシア

    インドネシアでM7.0の地震発生 津波も発生か スンバワ付近が震源

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180805/k10011564891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
    インドネシアでM7.0の地震 日本への津波の影響なし
    2018年8月5日 21時40分
    USGS=アメリカの地質調査所から気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の5日午後8時46分ごろ、インドネシアのスンバワ付近を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震がありました。気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はないということです。
    続きを読む

    インドネシア南東部のロンボク島でM6.4の地震発生

     インドネシア南東部のロンボク島で29日午前6時47分(日本時間同7時47分)ごろ、マグニチュード6・4の地震があった。
     同庁によると、震源は本島の中心都市マタラムから北東50キロ付近。
    全文
    https://www.asahi.com/articles/ASL7Y3D4NL7YUHBI009.html?iref=comtop_8_05
    続きを読む

    インドネシアでマグニチュード6.8の地震発生 震源の深さは20km

    インドネシアでマグニチュード6.8の地震があった。
    ヨーロッパ地中海地震学センターが伝えた。

    同センターによると、震源地は中部スラウェシ州パル市から南東に74キロ、震源の深さは20キロ。
    全文https://jp.sputniknews.com/incidents/201705303689046/
    続きを読む

    インドネシア・スマトラ島北部アチェ州でM6.5の地震発生 深さは8.2km

    【ジャカルタ時事】インドネシア・スマトラ島北部アチェ州で7日午前5時(日本時間同午前7時)ごろ、マグニチュード(M)6.5の強い地震がありました。
    米地質調査所(USGS)によると、震源地はアチェ州北部の沿岸地帯で、震源の深さは約8・2キロと推定されている。
    今回の地震による津波は確認されていない。
    ただ、海岸近くに暮らす住民は津波を恐れて自宅を飛び出すなど、一時パニックに陥った。 

    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000101-jij-asia
    続きを読む

    インドネシアで、3つの火山がほぼ同時に噴火

    3つの火山が相次ぎ噴火、インドネシア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
     8月最初の週、ハットトリックを決めたのは、オリンピックのサッカー選手だけではなかった。インドネシアで、3つの火山がほぼ同時に噴火した。
      今回の噴火は、予想されていなかったわけではない。噴火の予兆として、マグマが地中を移動する際によく起こる地震も発生していた。
    全文http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/080900300/ 
    続きを読む

    極めて珍しい!30頭余りのゴンドウクジラが岸に打ち上げ インドネシアの海岸

    インドネシアの海岸で、30頭余りのゴンドウクジラが岸に打ち上げられるなどして動けなくなっているのが見つかり、地元の住民や自然保護当局が救出活動を進めています。インドネシアの海洋当局によりますと、東ジャワ州の都市、プロボリンゴの海岸で15日、32頭のゴンドウクジラが打ち上げられたり、マングローブの沼地に迷い込んだりして動けなくなっているのが見つかったということです。
    周辺の海域では、ゴンドウクジラが生息しているのが確認されているものの、30頭余りのクジラが一度に打ち上げられるなどして動けなくなるのは極めて珍しいということで、地元の当局が原因を調べています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160616/k10010558981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
    続きを読む

    インドネシアのシナブン山が激しく噴火

    【AFP=時事】インドネシアの災害当局によると、同国西部スマトラ(Sumatra)島のシナブン山(Mount Sinabung)が21日、激しく噴火し、高温のガスにのみ込まれた。
    噴火により上空約3キロの高度まで柱状の噴煙が立ち上ったという。
     シナブン山は長い休止期間の後2013年に噴火活動を再開した。その後は周期的に噴火を繰り返して火山ガスを噴出し付近に火山灰や火山岩を降らせた。2014年には特に大規模な噴火が発生した。
     災害当局報道官は、シナブン山では現在も厳戒状態が続いており、次の噴火はいつでも起こり得ると警告した。太平洋海盆周囲に位置し、地震活動が盛んな環太平洋火山帯にあるインドネシアには、129の活火山が存在する。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000000-jij_afp-int
    続きを読む

    インドネシア付近でM7.9の地震発生 日本には津波の影響はなし

    インドネシア沿岸部で大地震、マグニチュード8.2
    2016年03月02日 22:01
    続きを読む http://jp.sputniknews.com/incidents/20160302/1712975.html#ixzz41kcYKMQr

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター