未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    隕石 小惑星

    おうし座流星群の小惑星 地球に衝突する危険性が高まっている

    チェコ科学アカデミーはプレスリリースを発表し、「この分枝には、直径が数十メートル以上の未発見の小惑星が多数存在する可能性が非常に高い」「よって、地球がこの惑星間物質の流れに遭遇する数年に1回は、小惑星と衝突する危険性が著しく高まる」と述べている。
     また、これらの小惑星は非常にもろく壊れやすいが、これほどの大きさがある場合では、地球大気の深部にまで到達して、実際に地球と衝突する可能性も考えられるとしている。
    全文http://www.afpbb.com/articles/-/3131109
    続きを読む

    日本にぶつかる可能性のある小惑星が見つかったと仮定 衝突を避けるための軌道を変える方策

    地球に未知の小惑星が近づいているとの想定で、国内外の専門家らが、衝突場所の特定や、住民避難の呼び掛けなど情報伝達の方法を議論する国際会議が15日、東京都江東区の日本科学未来館で開幕した。
    全文https://this.kiji.is/236664451810182651?c=39546741839462401
    続きを読む

    地球に接近する小惑星の衝突回避のため国際会議招集 早めに観測し、衝突を回避

     今月15日には、日本では初開催となる国際会議が都内で開幕し、専門家らが衝突回避策などを議論する。
    地球に接近する可能性がある小惑星はこれまでに約1万6000個が確認されている。直径数百メートル以上の小惑星が地球に達する恐れはないとみられているが、直径数十メートル以下の未確認のものも多数あるという。
    全文http://www.yomiuri.co.jp/science/20170504-OYT1T50049.html
    続きを読む

    今月19日、巨大な小惑星が地球至近距離まで接近!

    米航空宇宙局(NASA)は、「地球に衝突する可能性はないものの、この大きさの小惑星としてはかなり地球に接近する」としている。
     2014-JO25は、地球から180万キロの距離を通過する見通し。これは地球から月までの距離の5倍近くに相当する。
    全文https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236668
    続きを読む

    関東から西日本の各地で「火球」のような天文現象を観測

    8日朝6時過ぎ、大阪府箕面市でドライブレコーダーで撮影された映像です。南側の空にまぶしい閃光が約2秒間続きます。目撃者によりますと、光の筋は西の方角へと飛んでいったということで、専門家によりますと流星のなかでも明るい「火球」とみられるということです。
    リンク先に動画あり
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000023-mbsnewsv-soci
    続きを読む

    【火球】3日「火の球を見た」の報告相次ぐ これだけ広い範囲で見られるのは珍しい

     3日夜、各地で「火の球を見た」という情報がネット上に投稿されました。専門家によりますと、「火球」と呼ばれる明るい流れ星とみられるということです。
     午後7時32分ごろ、確認できているだけで、千葉県から山口県までの広い範囲で明るく輝いた流れ星が見られました。専門家によりますと、火球と呼ばれる明るい流れ星とみられるということです。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170204-00000003-ann-soci  
    続きを読む

    2月16日直径約1kmの小惑星が最接近し、地球と衝突する可能性が高い

    現在、直径約1kmの小惑星「2016WF9」が地球に接近中である。
    NASAの予測によると、WF9が地球に最接近するのは2月25日。最も近づくときでも地球から約5150万km離れた宇宙空間を通過するので、地球衝突の危険はないとしている。
    しかし、ロシアの天文学者デミン・ダミール・ザハロヴィチ氏の主張は、これとはまったく違う。ザハロヴィチ氏の予測によれば、WF9は2月16日に最接近し、地球と衝突する可能性が極めて高いという。
    「NASAが公表している予測は間違っています。彼らは当然、本当のデータを持っているはずです」
    各国首脳はすでに危険を把握しているが、集団パニックの発生を怖れ、事実を隠蔽している可能性がある。
    全文よむ
    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2736
    続きを読む

    月(直径3500km)に小惑星(直径64km)が衝突 三重リング地形

    直径64キロの小惑星衝突か=月の三重リング地形-国際チーム
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102800035&g=int

    月の「東の海」の三重リング地形は、約38億年前に直径64キロの小惑星が秒速15キロの高速で衝突した後、地殻を構成する比較的熱く軟らかい岩石が流動して形成された可能性があると、米マサチューセッツ工科大などの国際研究チームが発表した。論文は28日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

    米航空宇宙局(NASA)の2機ペアの月周回探査機が2012年末まで約1年間、重力の分布を詳細に観測したデータに基づき、コンピューターでシミュレーションした。小惑星が衝突した当初は直径約390キロのクレーターができたとみられるが、岩石の流動で消滅したという。 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター