未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    駿河湾のサクラエビ、春の記録的不漁で秋の漁を自主規制へ

    駿河湾特産のサクラエビの春の漁が記録的な不漁になったことを受け、静岡県の漁業組合はことしの秋の漁を自主規制する方針を固めました。
    駿河湾特産のサクラエビ漁は毎年、産卵期を避けた春と秋に行われていますが、ことしの春の漁は漁獲量がおよそ300トンとこの10年で最も少なく記録的な不漁となりました。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528171000.html 
    続きを読む

    静岡県駿河湾 サクラエビ記録的な不漁 過去30年で最低

     国内で駿河湾でのみ水揚げされるサクラエビの4~6月の水揚げ量が312トンと過去30年間で最低となる記録的不漁となった。静岡県桜えび漁業組合は資源保護のため、漁期を前倒しして終了する事態に。また、県信用漁業協同組合連合会(静岡信漁連)は漁業者への緊急融資を始めるなど、関係者が対応に乗り出した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000029-mai-soci
    続きを読む

    京浜港東京区 葛西海浜公園沖において、くじらの目撃情報

     京浜港東京区葛西海浜公園沖において、くじら(長さ約15メートル)の目撃情報があります。
    位置は6月18日0715現在、北緯35度37.0分、東経139度52.0分付近です。
    付近航行船舶は注意して下さい。
    http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0300_20180618090156599_WE_111_EME.html
    続きを読む

    北海道稚内沖にトド 2000頭を超える群れが過密した状態で

    北海道稚内市の沖合にある無人島では、この時期、越冬で南下していたトドがロシアへ戻る途中に集まり、2000頭を超える群れが過密した状態でとどまっています。
    稚内市の宗谷岬から1キロほどの無人島の弁天島では、29日、2000頭を超えるトドが島の近くの海上に群れをなして浮かんだり、島の上に寝そべっている様子が確認できました。

    弁天島では10年ほど前から、越冬で北海道に南下していたトドがロシア周辺の海域に戻る前のこの時期に多く集まるようになりました。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011384481000.html  
    続きを読む

    オーストラリアの海岸に150頭のゴンドウクジラが打ち上げられる

    オーストラリア南西部ハメリン湾の海岸にゴンドウクジラ150頭が打ち上げられた。地元のマスコミが報じた。
    現地の人々は生き残ったクジラを海へ帰そうとしており、満潮を待っている。
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201803234708811/
    続きを読む

    鳥取市沖の日本海で100キロを超える巨大な深海魚「オオクチイシナギ」

    水揚げされたのは、「オオクチイシナギ」と呼ばれるスズキ科の深海魚で、体長1メートル70センチ、重さは110キロあります。

    水揚げされたオオクチイシナギは近くの水産加工会社に5万円で競り落とされ、訪れた人たちが興味深そうに見学していました。
    「こんな大きなサイズは初めてで、思わず競り落としてしまいました。刺身にすると200人前になると思います」と話し、刺身にするか鍋にするか考えたいとしています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011367611000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
    続きを読む

    【京都】若狭湾で「竜宮の使い」捕獲 5メートル15センチもある大物

     京都府宮津市黒崎沖の若狭湾で11日に深海魚のリュウグウノツカイが定置網にかかった。5メートル15センチもある大物で、魚体も傷が少なく銀色の魚体と赤色のひれが美しい。京都北部の日本海では近年、冬場になると深海魚が捕れることが増えているが、漁師や研究者も「これほどの大物は見たことがない」と驚いている。

    全文https://mainichi.jp/articles/20180112/k00/00e/040/249000c 
    続きを読む

    鹿児島で深海魚「リュウグウノツカイ」が発見される

    鹿児島県瀬戸内町古仁屋(こにや)の海岸で9月30日、深海魚「リュウグウノツカイ」の死骸が海底に沈んでいるのを、地元高校生が発見した。本来の生息域は陸から離れた外洋の深海であり、漂着例は珍しいという。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00010001-nankainn-l46
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター