未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    【北海道】イワシ追ってきたか…大量死から10日 今度は「サバの大群」が函館港に ブリの幼魚「フクラギ」もたくさん

    1: 名無しさん 2020/09/11(金) 22:35:45.89
     イワシの大量死から10日が経った函館。臭いも収まりつつありますが、今度はイワシの天敵である「あの魚」の大群が…。海の食物連鎖が港をにぎわせています。

     イワシの大量死騒動から9月11日で10日。今週も、イワシの大群が押し寄せていた函館港に、今度は別の青魚の姿が…

    9/11(金) 19:05 北海道ニュースUHB
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d47cadac08b993b71aee4dab3897ef511d13c4e7 

    続きを読む

    兵庫でイルカの群れが南あわじ市の海水浴場に現れる 高知ではニタリクジラの大群、土佐湾に連日出現

    1: 名無しさん 2020/09/05(土) 13:28:42.55
    兵庫県南あわじ市の慶野松原海水浴場で2日、5頭ほどのイルカの群れが見られた。
    砂浜から肉眼で見える沖合約300メートルを泳ぎ、マリンスポーツを楽しむ人や地元住民らが静かに見守った。  

    https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202009/0013664534.shtml

    続きを読む

    【石川】珠洲の海岸にイルカ 海水浴客と戯れる姿が人気…中1男子「人なつっこいです」

    1: 名無しさん 2020/08/18(火) 08:24:36.20
    【動画】https://twitter.com/nhk_news/status/1295340945576284162

    イルカが姿を見せているのは、珠洲市三崎町寺家地区など市の東部の海岸です。

    住民によりますと、イルカは体長2.5メートルで、今月上旬から地元の漁港の中にいたり、海上を進む漁船と一緒に泳いだりしているということです。


    2020年8月18日 6時33分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012571291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006


    続きを読む

    東京湾の水温上昇でイワシが性転換、8割が雄に 温暖化で生態系に危機

    1: 名無しさん 2020/08/15(土) 11:43:06.75
    生物の雌雄は遺伝情報で決まるが、魚の中には水温の影響で性転換する変わり者もいる。水温上昇が続く東京湾では、イワシの仲間で性転換が急速に進み、約8割が雄になっていることが東京海洋大の調査で判明した。自然界での確認例は世界初で、このまま地球温暖化が進行すれば生態系への大きな影響が懸念されるという。

    性ホルモンのバランスが原因か

    https://special.sankei.com/a/life/article/20200815/0001.html

    続きを読む

    【福井】クジラ死骸が漂着、腹部爆発の危険も 体長12m、全国でも珍しい種類か 美浜町菅浜の海岸

    1: 名無しさん 2020/05/23(土) 07:34:42.91
    福井県美浜町菅浜の海岸にクジラの死骸が漂着しているのが5月21日、見つかった。
    死骸はナガスクジラ科で体長約12メートル。
    日本鯨類研究所(東京)などによると
    「同科の中で漂着数の多いミンククジラではなく、福井県内に漂着したものとしては初めての種類だろう」としている。
    以下ソース:福井新聞 2020年5月23日 午前7時10分
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1090970

    続きを読む

    【深海魚】珍魚「アカナマダ」富山湾で捕獲 対馬暖流に流され? 近年、目撃相次ぐ

    1: 名無しさん 2020/05/16(土) 14:38:25.08
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0516/mai_200516_6779240285.html
    2020年5月16日 13時57分

    太平洋側の温暖な海に生息する珍しい深海魚「アカナマダ」が15日に日本海側の富山湾で捕獲され、富山県魚津市の魚津水族館で計測作業が行われた。
    近年、富山湾での目撃例が相次ぐが詳しい理由は分からず、関係者は首をかしげている。
    アカナマダは竜のように細長い体をくねらせて泳ぐ「リュウグウノツカイ」の近縁種で、深海を中心に浅瀬までの幅広い水深で生息できる。 
    続きを読む

    福井県にリュウグウノツカイ出現

    1: 名無しさん 2020/03/18(水) 15:53:06.86
    十四日午前六時ごろ、小浜市宇久の宇久漁港沖で、深海魚のリュウグウノツカイが定置網の中にいるのを漁師が見つけ、引き揚げた。
    長さは約二メートルで、尻尾が大きく欠けていた。

    https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200317/CK2020031702000037.html
    2020年3月17日

    続きを読む

    東京湾にマダコが大発生 原因は不明

    1: 名無しさん 2020/02/22(土) 18:24:25.15
     東京湾でマダコが大発生している。江戸前のタコはその味や希少性、取引価格から“東京湾の宝石”とも形容され、高級食材の「明石のタコ」に並び称される。大発生は2019年から続き、専門家は「18年は大雨が降らなかった上に、黒潮の大蛇行による海水温の変化など、さまざまな条件がそろったのだろう」と推測するが、明確な原因は見いだせない。謎は残ったままだ。

    2/22(土) 11:10配信カナロコ by 神奈川新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000013-kana-l14


    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター