未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    中身スカスカ 三陸の海で"ウニ"異常な大量発生

    東日本大震災の津波で環境が変わった三陸の海で、ウニの異常な大量発生が起きている。身の入りが悪く売り物にならない上、海藻を食べ尽くして「磯焼け」が生じ、隠れ家や産卵場所を失った魚まで数を減らす結果に。豊かな海を復活させようと、地元の漁師らが取り組みを続ける。

    吾妻教授によると、岩手県釜石市から宮城県女川町にかけての沿岸で震災後、岩肌がむき出しになる磯焼けが深刻化している。大量発生したキタムラサキウニの食害によるもので、海藻が茂り多くの魚介類が姿を見せたかつての光景は様変わりしている。
    全文http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H93_Y7A320C1CR0000/
    続きを読む

    奇妙な現象 ザトウクジラ200頭が南アフリカ沖に集結「こんな群れは見たことがありません」

    南アフリカ沖で、一度に200頭ものザトウクジラが集まっているのが、最新の調査で発見された。ザトウクジラは基本的に単独で行動すると考えられてきたため、これは奇妙な現象だ。
    「南半球の全域でザトウクジラを調べてきましたが、こんな群れは見たことがありません」
    「ザトウクジラが集まることはありますが、せいぜい3、4頭ほどです。サッカー場ほどの広さの海域に200頭も集まっているのは驚くべきことです」
    全文はリンク先をご覧ください。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00010001-nknatiogeo-sctch
    続きを読む

    鹿児島県南さつま市の海岸にマッコウクジラ打ち上げられる「一度に6頭は珍しい」

    10日昼前、鹿児島県南さつま市の海岸に体長およそ10メートルのマッコウクジラ6頭が打ち上げられているのが見つかりました。
    全文 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170310/k10010906721000.html

    続きを読む

    【地震の前兆か】横浜・八景島沖に10メートルのクジラ「東京湾の奥までやってくるのは非常に珍しい」

    横浜・八景島沖に10メートルのクジラ 「非常に珍しい」

    クジラの生態に詳しい和歌山県太地町立くじらの博物館の副館長は「10メートル級の巨大なクジラが東京湾の奥までやってくるのは非常に珍しい。偶然、迷い込んだのだろう。これほど大きいと種は限られ、今の時期だとザトウクジラやマッコウクジラなどが考えられる」と話した。
    ▽引用元:Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00016139-kana-l14
    続きを読む

    クジラ?「海洋生物らしきものと衝突」対馬沖で高速旅客船「ヴィーナス」が衝突

    21日午後1時10分ごろ、長崎県対馬市の厳原港東南東約15キロの沖合を航行していた九州郵船の高速旅客船「ヴィーナス」(163トン)から
    「海洋生物らしきものと衝突した」と対馬海上保安本部に通報があった。
    海保は、クジラなどの大型海洋生物に衝突した可能性があるとみて詳しい状況を調べている。
    全文https://this.kiji.is/206684405960802309?c=39546741839462401
    続きを読む

    ニュージーランド 打ち上げられたクジラ600頭以上に ガス爆発の恐れ

     【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)南島のゴールデン湾で、先週以降に浅瀬に打ち上げられたクジラの数は12日までに累計600頭を超えた。
     記録がある19世紀以降では、同国内で2番目の規模となった。
    ゴールデン湾は遠浅で、迷い込んだクジラが動けなくなりやすい地形のため、「天然のクジラのわな」と呼ばれている。大量打ち上げのはっきりした原因は分かっていない。
    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000049-jij-asia
    続きを読む

    新潟県 日本海に深海魚や外洋性など珍魚続々と漂着相次ぐ 原因は不明

     新潟県内ではこの冬、日本海では珍しい魚類の漂着が相次いでいる。いずれも対馬海流で運ばれてきたとみられるが、原因は不明。新潟市水族館マリンピア日本海(新潟市中央区)は「かなりの当たり年。可能な限り展示して、生態の解明につなげたい」としている。
     ◆暖流に運ばれて
     これらの魚は太平洋などに生息しており、対馬海流(暖流)で流されてきたとみられる。
    全文はソースで http://www.yomiuri.co.jp/science/20170207-OYT1T50118.html
    続きを読む

    スルメイカに異変 太平洋を回遊する群れが極端に少ない

    スルメイカが異常高騰、3倍も 「食卓から消える」!? 粉もんもピンチ、海水温変化で続く不漁

    海水温の変化に伴い太平洋側を回遊するイカが極端に少なくなっているのが要因とみられるが、不漁は2季連続。
    全文http://www.sankei.com/west/news/170206/wst1702060033-n1.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター