未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    天文

    皆既月食、観測できるのは太平洋側の一部

    きょう31日(水)も、日本海側は広く雪が降る見込み。また、南西諸島から西日本の太平洋側でも、
    雨や雪の降る所がある。今夜は「皆既月食」が見られるチャンスだが、観測できるのは太平洋側の
    一部に限られそうだ。
    ■「皆既月食」見られる地域は?
    晴れ間が出るのは、東北や北海道の太平洋側のみとなりそうだ。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00010000-wmap-soci 
    続きを読む

    【月】1月31日"3つが重なる非常に珍しい現象"「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35113803.html
    2018.01.27 Sat posted at 12:03 JST
    (CNN) 世界各地で31日、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測される見通しだ。満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン」、月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」の3つが重なる非常に珍しい現象となる。

    続きを読む

    【スーパームーン】今夜は2018年最大の満月が出現

    いろいろなニュースメディアでの「2日はスーパームーン」という見出しから、2日の夜にスーパームーンを見ようと思っている方も多いと思います。1日~2日にかけての夜、2日~3日かけての夜、どちらがスーパームーンと言えるのでしょうか?そもそも今回は、満月の瞬間が2日11時24分のため、真ん丸な満月を日本から見ることは出来ません。そのため日本から見えるのは1日の夜も2日の夜も「ほぼ満月」となるのですが、月が地球と最も近づくのは2日6時49分ごろのため、日本でより大きい月が見えるのは、1月2日の月の入りの前(東京では2日6時30分より前)の西の空となります。
    全文はURL先で
    https://weathernews.jp/s/topics/201712/310065/
    続きを読む

    「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろ 1時間に40個以上の予想

    「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。

     国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12~14日の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると予想される。
    全文http://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00e/040/188000c
    続きを読む

    【月】今夜の満月は「スーパームーン」

     今年最も大きく見える満月が3日夜から4日未明にかけて、師走の夜空に輝いた。国立天文台によると、見かけ上で今年最小だった6月9日の満月と比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。
     次の満月は1月2日で、来年中で地球に最も近く、「最大」の満月になる。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。
    全文
     http://www.asahi.com/articles/ASKD361K7KD3ULBJ006.html
    続きを読む

    11月12日 おうし座北流星群極大 星降る夜、極大のピーク時間帯は夜の9時~深夜2時

    今夜(12日)、おうし座北流星群が極大に。穏やかに晴れる所が多く流星観測には最適ですが、グッと冷えます。防寒対策は万全に。
    ・おうし座流星群とは?
    ・少ない・明るい・ゆっくり
    ・ねらい目の時間帯は?
    ・広く流星観測日和
    全文http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13880149/
    続きを読む

    今夜は中秋の名月!(十五夜)

    今夜は中秋の名月(十五夜)。 あなたのエリアで今夜お月様は見られそう? 
    気になる天気をお伝えします。
    ◆西・東日本はお月見日和◆
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00001053-weather-soci 
    続きを読む

    太陽の25倍の大質量星が超新星爆発を起こすことなくブラックホールになったらしい

    大質量の恒星は一生の最期に超新星爆発を起こし、その後でブラックホールになると考えられている。しかし、観測されるこうしたタイプの超新星爆発の頻度は、終末期を迎えた大質量星の数から考えるとずっと少ない。
    全文https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9146_n6946bh1

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター