未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    国内ニュース

    地盤沈下注意報 長岡市で地盤沈下するおそれ 消雪パイプの地下水利用が急増

    雪が続いている影響で、長岡市は道路の雪を溶かす地下水の利用が急増し地盤沈下するおそれがあるとして、5年ぶりに地盤沈下注意報を出し節水への協力を呼びかけています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180205/1030001908.html
    続きを読む

    石川県内2テレビ局で放送中断 広い範囲で視聴できない状態 落雷が原因か

    石川県内にあるフジテレビ系列の石川テレビとTBS系列の北陸放送(MRO)で、10日午後7時過ぎから放送が中断している。

    金沢市消防局によると、金沢市観音堂町にある石川テレビ敷地内の電波塔から火花が出て出火。現在、消火活動中という。出火原因については不明。

    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000171-sph-ent
    続きを読む

    青森県は平均寿命の全国最下位を独走 トップと三年差はどうみる?

    厚生労働省は今月13日、15年の都道府県別「生命表」を発表したが、それによると青森県の平均寿命は記録的だった。1位は男性が滋賀県の81・78歳、女性が長野県の87・67歳だったのに対し、青森県は78・67歳と85・93歳。
    ともに全国で最下位であるばかりか、男性は9回、女性は4回連続で、最下位街道を驀進中なのだ。
    しかも、調査が行われるのは5年に1度。
    青森県の男性は40年以上、女性も20年にわたり、底に沈みっ放しということだ。
    全文はコチラ
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00535549-shincho-soci&p=1
    続きを読む

    自然減40万人超え 2017年だけで日本人40万人が消滅

    17年の出生数2年連続100万人割れ 自然減40万人超え

    日本人の出生数は、1947~49年生まれの団塊の世代で、49年には最多の269万6638人を記録。53年からは100万人台で推移し、71~74年に生まれた団塊ジュニアの時期に200万人台に回復したが、
    その後はほぼ一貫して減少してきた。16年は97万6978人と初めて100万人を下回り、17年は前年比で3万6千人減る見込みだ。
    全文https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24959800S7A221C1000000/?nf=1 
    続きを読む

    東京都心で「逆転層」の現象 東京都心がかすみに包まれた

      日本気象協会によると、通常は上空ほど低い気温が、8日は高度500メートル付近までは地上よりも上空の気温の方が高かった。地上付近の湿度が高かったことも原因で、「逆転層」と呼ばれる現象だという。500メートル以上の高度では、気温と湿度は一気に低下し、かすみが晴れるため、水墨画のような風景となった。(鬼室黎)
    全文http://www.asahi.com/articles/ASKD85Q89KD8UQIP04C.html
    続きを読む

    「60年ぐらいアユ漁をやっていて、こんな不漁は記憶にない」琵琶湖のアユ不漁続くか

     12月5日に解禁される琵琶湖のアユ漁を前に、漁師たちの表情がさえない。今年8月までだった前の漁期が記録的な不漁で、まだ原因がはっきりしないせいだ。小ぶりのアユは佃煮(つくだに)や甘露煮に重宝され、各地で養殖や放流用の需要も大きい。滋賀県などが不漁の原因解明に乗り出している。
     「60年ぐらいアユ漁をやっていて、こんな不漁は記憶にない」。
    全文http://www.asahi.com/articles/ASKCG4VXXKCGPTJB00N.html 
    続きを読む

    東京上空などで火球のような「夕方の空に光る物体」の目撃相次ぐ その正体は…

    10日夕方、都内などの上空で明るく光る物体が目撃され、SNS上では「火球ではないか」と、投稿が相次いだ。

    「火球は数秒で消えることが多く、西の空で見えたのであれば、太陽の光で照らされた飛行機雲の可能性が高い」と話している。
    ソース先に動画有り。
    全文http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20257645.html
    続きを読む

    この秋一番の冷え込み!北海道で -1.2℃ 利尻山では 初冠雪

    内陸部で今季初の氷点下に
    きょうの道内は内陸部で今季初の氷点下となり、利尻島の利尻山では初冠雪が観測されるなど、この秋一番の冷え込みとなりました。うっすらと葉につく霜がキラキラと光っています。午前8時ごろの帯広市です。平年よりも10日早い初霜が観測されました。
    全文http://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t000002huk6.html 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター