未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    国内ニュース

    観測史上初驚異的な早さ 関東甲信地方で梅雨明け。去年より7日、平年より22日早く

    【関東甲信で梅雨明け】
    きょうの関東甲信地方は高気圧に覆われて晴れています。
    この先1週間程度も晴れる日が多くなる見込みで、気象庁はさきほど午前11時、「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。関東甲信の梅雨明けは、去年より7日、平年より22日、いずれも早くなっています。
    https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/1012516652183719936 
    続きを読む

    探査船「ちきゅう」運用会社が経営破綻

    ◆探査船「ちきゅう」運用会社が経営破綻
    地球内部の調査を行う探査船「ちきゅう」の運用を手がける海底の掘削会社「日本海洋掘削」が、資源の開発事業で業績が低迷したことから経営破綻し、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請しました。
    会社側は「ちきゅう」の運用は継続しながら再建を目指すとしています。
    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011491791000.html
    続きを読む

    関東地方で火の球「火球」のようなものが観測「上空からいきなり強い光の球」

     27日夜、関東地方で火の球「火球」のようなものが観測されました。

     羽田空港による情報カメラの映像です。上空からいきなり強い光の球が落ちてきました。時間は午後8時42分56秒。この火球のようなものは羽田空港から南東の方角で観測されました。群馬県の高崎駅上空でも同じような現象が確認されました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180328-00000030-ann-soci
    続きを読む

    地盤沈下注意報 長岡市で地盤沈下するおそれ 消雪パイプの地下水利用が急増

    雪が続いている影響で、長岡市は道路の雪を溶かす地下水の利用が急増し地盤沈下するおそれがあるとして、5年ぶりに地盤沈下注意報を出し節水への協力を呼びかけています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180205/1030001908.html
    続きを読む

    石川県内2テレビ局で放送中断 広い範囲で視聴できない状態 落雷が原因か

    石川県内にあるフジテレビ系列の石川テレビとTBS系列の北陸放送(MRO)で、10日午後7時過ぎから放送が中断している。

    金沢市消防局によると、金沢市観音堂町にある石川テレビ敷地内の電波塔から火花が出て出火。現在、消火活動中という。出火原因については不明。

    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000171-sph-ent
    続きを読む

    青森県は平均寿命の全国最下位を独走 トップと三年差はどうみる?

    厚生労働省は今月13日、15年の都道府県別「生命表」を発表したが、それによると青森県の平均寿命は記録的だった。1位は男性が滋賀県の81・78歳、女性が長野県の87・67歳だったのに対し、青森県は78・67歳と85・93歳。
    ともに全国で最下位であるばかりか、男性は9回、女性は4回連続で、最下位街道を驀進中なのだ。
    しかも、調査が行われるのは5年に1度。
    青森県の男性は40年以上、女性も20年にわたり、底に沈みっ放しということだ。
    全文はコチラ
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00535549-shincho-soci&p=1
    続きを読む

    自然減40万人超え 2017年だけで日本人40万人が消滅

    17年の出生数2年連続100万人割れ 自然減40万人超え

    日本人の出生数は、1947~49年生まれの団塊の世代で、49年には最多の269万6638人を記録。53年からは100万人台で推移し、71~74年に生まれた団塊ジュニアの時期に200万人台に回復したが、
    その後はほぼ一貫して減少してきた。16年は97万6978人と初めて100万人を下回り、17年は前年比で3万6千人減る見込みだ。
    全文https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24959800S7A221C1000000/?nf=1 
    続きを読む

    東京都心で「逆転層」の現象 東京都心がかすみに包まれた

      日本気象協会によると、通常は上空ほど低い気温が、8日は高度500メートル付近までは地上よりも上空の気温の方が高かった。地上付近の湿度が高かったことも原因で、「逆転層」と呼ばれる現象だという。500メートル以上の高度では、気温と湿度は一気に低下し、かすみが晴れるため、水墨画のような風景となった。(鬼室黎)
    全文http://www.asahi.com/articles/ASKD85Q89KD8UQIP04C.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター