未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地震学

    過去100日に発生した地震の場所 3月25日(水)千島列島東方でM7.5

    1: 名無しさん 2020/04/01(水) 14:58:47.53

    続きを読む

    地震速報、最大10秒早く 地震発生に伴う緊急速報が現在より最大で約10秒早くなると発表

    1: 名無しさん 2020/03/19(木) 21:30:36.93
    地震速報、最大10秒早く
    2020.03.19(Thu)
    https://www.daily.co.jp/society/science/2020/03/19/0013206437.shtml

     気象庁は19日、東日本沖に設置した海底の地震観測ネットワークを活用し、地震発生に伴う緊急速報が現在より最大で約10秒早くなると発表した。対象は日本海溝の東側で発生した海底地震で、24日正午から運用する。 
    続きを読む

    地震「予知」と「予測」東日本大震災級の大地震発生の兆候か…伊豆諸島で土地の異常な高さ変動観測


    「地震大国」と呼ばれる日本。近年も、2011年3月11日に発生した東日本大震災をはじめ、16年の熊本地震、18年の北海道胆振東部地震など、大型の地震が次々に起きている。

    「予知」は不可能だが「予測」は可能

    地震予測に懐疑的な目が向けられる理由

    東日本大震災と同様の異常な兆候も

    2020.01.25
    https://biz-journal.jp/2020/01/post_138166.html

    続きを読む

    南海トラフ地震 海底下で「ゆっくりすべり(スロースリップ)」 南海トラフ想定震源域

    1: 名無しさん 2020/01/18(土) 04:25:13.83
    ■動画
    https://youtu.be/NcBT762PFnA



    南海トラフ巨大地震の想定震源域内の海底下で、陸側のプレートが時間をかけてゆっくりずれていく、いわゆる「ゆっくりすべり」が、複数発生していたことが新たにわかった。

    https://www.fnn.jp/posts/00430420CX/202001160622_CX_CX

    続きを読む

    阪神・淡路大震災から25年 記憶と追悼「We will never forget 1.17」「ガス爆発か飛行機の墜落かと」

    「We will never forget 1.17」「ガス爆発か飛行機の墜落かと」 阪神・淡路大震災から25年、著名人らの記憶と追悼

     阪神・淡路大震災から25年を迎えた2020年1月17日、神戸市など各地で追悼式が行われた。地震が発生した5時46分には、犠牲者に黙とうがささげられた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000005-jct-soci

    続きを読む

    南海トラフ評価検討会「特段の変化は観測されず」  東日本大震災で東北太平洋岸、地盤隆起続く

    1: 名無しさん 2020/01/10(金) 19:33:21.22
    南海トラフで巨大地震が起きる可能性を評価する定例の検討会が開かれ、「特段の変化は観測されていない」とする見解をまとめました。
    10日、気象庁で開かれた専門家の検討会では、南海トラフの想定震源域やその周辺で観測された先月のデータを分析しました。  
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012241701000.html

    続きを読む

    震度5弱以上の地震、ことし国内で9回発生 1月3日には熊本県で震度6弱 6月18日には山形県沖で震度6強

    ことし国内で震度1以上の揺れを観測した地震は、今月25日までに1539回発生しました。

    このうち震度5弱以上の揺れを観測した地震は、合わせて9回発生しています。

    1月3日には熊本県でマグニチュード5.1の地震が発生し、和水町で震度6弱の揺れを観測しました。

    6月18日には山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測し、沿岸には一時津波注意報が出されました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012231901000.html 
    続きを読む

    「首都直下地震の予兆では」と不安 12月に入り頻発する地震は大地震の予兆? 専門家の間でも分かれる意見

    関東北部で地震が頻発し、「首都直下地震の予兆では」と不安が広がっている。

    「地震の計測や分析が進み、大きな地震の前に起こる前震と通常の地震活動の違いが統計的に明らかになりつつあります。今回の地震を見ると、茨城県北部で起きている地震に前震的な傾向がみられます」

     一度大きな地震が起きると、その地震よりも規模の小さな余震を繰り返しながら収束に向かうのが一般的だ。一方、本震と呼ばれる大きな地震の前の前震の場合、同規模の地震が頻発し、その後さらに大きな本震が起きるケースが多いという。
    AERA.dot  全文はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00000025-sasahi-soci&p=1
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター