未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地震学

    体感 首都直下型地震 プロローグ"あなたは生きのびれるか" 本日より8日まで仮想東京は動き続けます

    プロローグ"あなたは生きのびれるか"

    NHKが総力をあげてお送りする"体感 首都直下地震ウイーク"。
    12月2日 午後4時4分にマグニチュード7.3の地震が東京で発生したら…という想定で、その後何が起きるのかを、放送とデジタルサービス、イベント展開を交えた新しい形でお届けしていきます。

    @nhk_ikilsukill
    https://www.nhk.or.jp/taikan/


    続きを読む

    未知の南海トラフ地震 7世紀と9世紀の津波跡 静岡県で発見

     今後30年以内に70〜80%の高い確率で起こりうる南海トラフ地震について、震源域の東側にあたる静岡県西部で、7世紀末と9世紀末に未知の南海トラフ地震が発生していたことを裏付ける津波の痕跡を発見した。

    ■南海地震と東海地震とは

    ■県立高校の先生が野外調査中に発見

    ■南海地震と東海地震が連動

    4回の津波で運ばれた堆積物の年代を分析した結果、最も古いのは7世紀末、次いで9世紀末、11〜12世紀、15世紀後半〜17世紀初頭だと推定された。新しい時代のふたつは、歴史記録と照らし合わせて、それぞれ「1096年の永長地震」と「1498年の明応地震」による津波と結びけた。

    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32065.html

    続きを読む

    台風と地震 嵐が海底に地震を引き起こす「ストームクエイク」を発見

    巨大嵐のエネルギーから地震波、地形や季節などの条件も

     未知の地震現象「ストームクエイク(stormquake)」が発見された。直訳すれば「嵐地震」だ。10月14日付けで地球物理学の専門誌「Geophysical Research Letters」に掲載された論文によると、巨大な嵐の猛烈なエネルギーから地震波のパルスが生じ、それが数千kmにわたって大陸中に伝わる可能性があるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00010001-nknatiogeo-sctch&p=1 
    続きを読む

    北海道地震 土砂災害の生存者 “ほとんどが2階で就寝”

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190903/k10012060731000.html

    北海道地震 土砂災害の生存者 “ほとんどが2階で就寝”
    2019年9月3日 5時18分北海道地震
    続きを読む

    南海トラフ地震に迫れ 紀伊半島沖に「海底局」「海洋」設置へ

    全文https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/040/092000c

     海上保安庁は今夏、海底プレートの変動観測を強化するため、紀伊半島南西沖に観測地点を新設する。これに伴い、測量船「海洋」と観測装置「海底局」を9日、和歌山市の和歌山下津港で報道陣に公開した。 
    続きを読む

    色丹島で巨大地震の痕跡を発見「切迫性が高い」千島海溝沿い超巨大地震の周期などを調べる方針

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010002-doshin-sctch
    ■「切迫性が高い」千島海溝沿い超巨大地震
     島内の津波堆積物の分布調査で巨大地震の痕跡とみられる地層を確認したと報告した。

    政府の地震調査委員会は千島海溝沿いでマグニチュード(M)9級の超巨大地震が発生する可能性について「切迫性が高い」との見解を示している。

    ■津波で堆積した火山灰層など試料79個を採取
    続きを読む

    緊急地震速報、新技術で最大25秒短縮

     気象庁と防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、東日本沖や紀伊半島沖に設置した海底地震計の観測網を活用し、地震発生から緊急地震速報を発表するまでの時間を27日正午から短縮すると21日発表した。宮城県沖の日本海溝付近が震源の地震の場合は最大25秒程度、四国沖の地震なら最大10秒ほど短縮できるという。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16657154/
    続きを読む

    最大震度6弱 大阪北部地震から1年 いまも目立つブルーシートがかけられた住宅が散見 復旧がここまで遅れる理由とは…

     大阪府北部を震源とする地震が発生してから18日で1年を迎えます。
     2018年6月18日。最大震度6弱、マグニチュード6.1を記録した大阪府北部を震源とする地震。
     高槻市を上空から見ると、今も屋根にブルーシートがかけられた住宅が散見されます。
     住宅の復旧がここまで遅れる理由とは…。

     家の中にも地震の痕跡が残ります。

     修理にかかる金額は見積もりでは約1000万円。
    全文 https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20190617/GE000000000000028240.shtml
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター