未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地震学

    緊急地震速報、新技術で最大25秒短縮

     気象庁と防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、東日本沖や紀伊半島沖に設置した海底地震計の観測網を活用し、地震発生から緊急地震速報を発表するまでの時間を27日正午から短縮すると21日発表した。宮城県沖の日本海溝付近が震源の地震の場合は最大25秒程度、四国沖の地震なら最大10秒ほど短縮できるという。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16657154/
    続きを読む

    最大震度6弱 大阪北部地震から1年 いまも目立つブルーシートがかけられた住宅が散見 復旧がここまで遅れる理由とは…

     大阪府北部を震源とする地震が発生してから18日で1年を迎えます。
     2018年6月18日。最大震度6弱、マグニチュード6.1を記録した大阪府北部を震源とする地震。
     高槻市を上空から見ると、今も屋根にブルーシートがかけられた住宅が散見されます。
     住宅の復旧がここまで遅れる理由とは…。

     家の中にも地震の痕跡が残ります。

     修理にかかる金額は見積もりでは約1000万円。
    全文 https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20190617/GE000000000000028240.shtml
    続きを読む

    日向灘の周期地震警戒を M7.1級、30~40年周期で発生 「ここ数十年で最も危険性高い」専門家が警鐘

     日向灘で地震が頻発している。10日午前には最大震度5弱の地震が発生し「南海トラフ巨大地震」との関連を危ぶむ声が上がったが、気象庁や専門家は否定的な見解を示した。ただ、日向灘には30~40年周期で「必ず起きる」とされるマグニチュード(M)7級の単独地震と津波の脅威も潜んでいる。津波が増幅する恐れのある現象も観測されており、専門家は「日向灘は、ここ数十年で最も危険性が高い」と警鐘を鳴らす。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010000-nishinpc-sctch
    続きを読む

    【地震直前予知】南海トラフ巨大地震、事前に発生する時や場所、規模を正確な直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者

    地震予知失敗、100回中99回 南海トラフで学者回答

     南海トラフ巨大地震について、事前に発生する時や場所、規模を正確に言い当てる直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者が考えていることが、林能成関西大教授(地震学)が行ったアンケートで19日、分かった。
    全文 
    https://this.kiji.is/502779885716063329?c=39546741839462401

    続きを読む

    日向灘の地震(M6.3)…もしM6.8超だったら「南海トラフ地震」の臨時情報が発表され社会は大騒ぎになってた

    ■ヒヤッとしたM6.3の日向灘の地震

    ■南海トラフ地震に関連する情報

    ■臨時情報(巨大地震警戒)時の社会の状況

    ■臨時情報(巨大地震警戒)時の住民の対応

    ■臨時情報(巨大地震注意)時の住民の対応

    全文
    https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20190513-00125644/

    続きを読む

    日向灘で地震連発 高知県西部で震度3の地震 南海トラフとの関係は

    【地震情報 2019年5月12日】
    15時7分頃、日向灘を震源とする地震がありました。震源の深さは約30km、地震の規模はM4.3、最大震度3を高知県で観測しています。この地震による津波の心配はありません。
    続きを読む

    日向灘震度5弱 南海トラフ巨大地震の予兆? 南海トラフ巨大地震を即否定…気象庁の“忖度”を識者が懸念

     10日午前8時48分ごろ、宮崎県沖の日向灘を震源とするマグニチュード(M)6.3の地震が発生し、宮崎市と都城市で震度5弱の揺れを観測した。11日9時過ぎにも宮崎、高知、愛媛各県で震度4を観測するなど、日向灘を震源とする地震が相次いでいる。幸い、大きな被害はなかったが、要注意だ。南海トラフ巨大地震の予兆とみられるからだ。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000029-nkgendai-life
    続きを読む

    日向灘、宮崎県震度5弱 地震専門家は「今回は前震の可能性」 気象庁「南海トラフ地震の想定震源域内であるが、直ちに巨大地震につながるものではない」

    直ちに巨大地震につながるものではないとの見解を示しました。 宮崎県で震度5弱を観測した地震で、気象庁は、今回の地震の震源は南海トラフ地震の想定震源域内であるものの、直ちに巨大地震につながるものではないとの見解を示しました。

    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_177000/
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター