未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    生物

    6600万年前の恐竜絶滅 酸性雨説有力に、小惑星衝突で

    かつて地上で繁栄した恐竜は6600万年前に突然、絶滅した。きっかけは小惑星の衝突だ。その痕跡がメキシコ湾の地下にあり、最近の地質調査から新たな事実が浮かび上がってきた。

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52775530Z21C19A1MY1000/

    続きを読む

    秋にカメムシが「大量発生」するのはなぜ? 専門家の見解は...

    実は、秋はカメムシ被害に注意すべき季節なのだそう。番組に出演した気象予報士の晴山紋音さんも、

    独特な臭いを放つことで有名なカメムシ。
    広島県の植物防疫チームによると、カメムシは1年中見られるということです。しかも、今年の発生がとりわけ多いというわけではないんだそう。

    https://j-town.net/tokyo/news/localtv/297243.html?p=all
    2019年11月10日 06:00

    続きを読む

    北海道・函館 吹雪?アブラムシ!「雪虫」の仲間が大量発生 かすむ視界、洗車も一苦労

    函館市内で、アブラムシの一種のケヤキフシアブラムシが大量発生している。視界もかすむほどの小さい羽虫の大群に市民らもうんざりしている。

    ケヤキフシアブラムシは、「雪虫」として知られるトドノネオオワタムシの仲間。この時期、繁殖を目的にササからケヤキの木に移動する。道南虫の会の井本暢正さん(66)によると、アブラムシは風が弱い好天の時に発生する。「今月は台風などの影響で雨が多かったが、この数日で天気が良くなり、急に発生したのでは」と推測する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010000-doshin-hok
    続きを読む

    ヒアリ日本に定着か 東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析 拡散の恐れも

    ◆ 強毒のヒアリ、国内で初定着か 東京港青海ふ頭、拡散の恐れも

    南米原産で強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析を、国の防除に携わる国立環境研究所がまとめたことが16日、分かった。
    国内の他の発見例と異なり、巣の中で成長したとみられる繁殖可能な女王アリが50匹以上見つかり、既に別の場所に拡散した恐れがあるとしている。
    定着が確定すれば初の事例となる。

    https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019101601002446.html
    続きを読む

    アマゾンのデンキウナギ 3種存在 電圧860Vの種も

    https://www.afpbb.com/articles/-/3243964

    【9月11日 AFP】ブラジル・アマゾン盆地(Amazon Basin)に生息するデンキウナギはこれまで1種しか存在しないと考えられていたが、実は3種存在することが、DNA調査で明らかになった。うち1種の電圧はこれまで確認されていた最高電圧を上回るという。 
    続きを読む

    サンマ漁の深刻な不振 サンマは高級魚「日本近海に戻らない恐れ」指摘も


    https://news.livedoor.com/article/detail/17013609/
    サンマ漁の深刻な不振がメディアで報じられている。秋サンマ漁は8月上旬に解禁されたが、26日まで近海ものの水揚げは“ほぼゼロ”だった。20日に大型船による公海上の漁が解禁され、26日、根室港に戻った大型船団が473トンを水揚げし、ようやくホッと一息ついた格好だ。 

    続きを読む

    体長1ミリ 蚊の仲間「ヌカカ」新種2種 群馬・昆虫の森の専門委員が発見

    群馬県立ぐんま昆虫の森(桐生市)の昆虫専門員、金杉隆雄さん(51)が、蚊の仲間「ヌカカ」の新種2種を県内で発見した。日本昆虫分類学会誌に論文が掲載され、新種として認められた。10月28日まで同園企画展「新昆虫発見!」で標本が展示されている。【増田勝彦】

    https://mainichi.jp/articles/20190817/k00/00m/040/024000c
    続きを読む

    ガーデニング 竹ブームの影響でトラブル増加 驚異の繁殖力

    全文https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010000-clc_teleg-int

     英国では竹ブームの影響で、近所トラブルが増加していると専門家が警告している。

     見た目も良く、成長も早いことから竹を花壇に植えるガーデニング愛好家が増えている。また、詮索好きな隣人の視線を遮るのにも竹は最適だ。

     だが、竹は成長が非常に速く、地下茎によって繁殖する。この地下茎は自分の庭だけではなく近所の庭に浸食する可能性もあり、注意深く管理をしないと迷惑になりかねない
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター