未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    生物

    120年に一度のタケが開花 謎多く不吉の象徴とも

    「明高の庭で、タケに花が咲いているらしい」。そんなうわさを耳にした。タケの花? 聞いたことがない。調べると「開花は120年に一度」という情報も。これは見に行かねば。兵庫県明石市荷山町の県立明石高校を訪ねた。
     120年に一度の現象というのは本当か。
    「数十年に一度と言われているが、詳しくは分かっていない」らしい。
     「周期が人の寿命より長いこともあり、同じタケでの観測が難しいのです」
    (続きはリンク先でお願いします)
    https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201902/sp/0012027065.shtml

    続きを読む

    滋賀 不吉の前兆か神秘か? 竹は60年に一度花を咲かす

    「60年に一度の周期で花をつける」という言葉とともに、ツイッターに投稿されたのは2枚の花の写真。そこには竹の花だと書かれていました。かつて、竹が花を咲かすことは、不吉なことが起きる前兆とも言われていました。その不思議な花について調べました。
    ※長いので全文はソース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190111/k10011775381000.html
    続きを読む

    秋田県で「光るミミズ」発見! 緑に光る体液を出す「ホタルミミズ」

    2018年12月24日 7時5分 掲載 緑に光る体液を出す「ホタルミミズ」が、秋田市の秋田大学手形キャンパス内で見つかった。これまで山形市と仙台市とされたホタルミミズの北限が、秋田市となった。
    全文 https://www.sakigake.jp/news/article/20181224AK0002/
    続きを読む

    中国で媒介昆虫が大量発生!日本でパンデミックが起こる可能性は!?第二の「ヒアリ」か? サシガメが媒介する「シャーガス病」日本上陸の危機

    中国が「新型エイズ」の恐怖に揺れている。7月、広州市疾病予防コントロールセンターは、市民がシャーガス病を媒介する吸血性のサシガメと思われる昆虫に刺された事例や、目撃情報が相次いでいることを公表。さらに、1匹の捕獲につき8元(約130円)の“懸賞金”を払うと通達し、撲滅作戦を展開したのだ。


     シャーガス病を媒介するサシガメの流入に対し、我が国はまだ何も対策していないようだ。

    ■治療薬は日本になく取り寄せに3か月必要
    全文
    https://hbol.jp/175103
    続きを読む

    「今年はあまり蚊を見かけない」 酷暑で蚊もへたばった?殺虫剤売り上げ10%減、梅雨の短さも影響か

     「蚊の活動が鈍くなり、殺虫剤の売り上げが減少している」

    「人間と同様、蚊も猛暑でへたばる。日中に飛び回ることが減り、肌感覚として『蚊が少ない』と感じる人が多いのでは」

    「蚊の寿命は10日間程度だが、30度以上の日が続けば屋外にいる蚊の死亡率は高くなり、寿命がより短くなる」「今年は梅雨が短く猛暑日が続いたことで、蚊の発生源となる水たまりが干上がったり、幼虫が乾燥したりして、成虫の蚊が少なくなった可能性がある」
    http://www.sankei.com/west/news/180803/wst1808030050-n1.html
    続きを読む

    2050年までに世界人口の半分が近視になり、10億人に一人が失明

    パヴロヴァ氏によれば、近視患者の数は年々増えており、ロシアでは過去10年間でティーンエイジャーの中の禁止患者数は1.5倍に拡大している。パヴロヴァ氏は「世界の統計予測では2050年までに地球上の人口の50%が近視に、10%が強度の近視になり、10億人に一人の割合で失明する」と語っている。
    全文https://sptnkne.ws/hDAT
    続きを読む

    対馬に3匹のカワウソか 大陸生息種 38年ぶりに野生のカワウソが見つかった

     環境省は28日、2017年に国内では38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県・対馬で、韓国などに生息するユーラシアカワウソの雄2匹、雌1匹が生息している可能性が高いと発表した。
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018052801002046.html
    続きを読む

    熊本で果樹カメムシ類が大量発生? 通常は8月以降の活動が活発だが

     県病害虫防除所は7日、かんきつ類に被害を与える果樹カメムシ類が今月中旬以降、県内全域で大量発生する恐れがあるとして今年初の注意報を出した。通常は8月以降に活動が活発になるが、今年は前年の大量発生の影響で越冬した成虫数が多く、春先から飛来しナシやモモなどの果実に被害を引き起こすという。
    全文https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/kumamoto/article/414336/ 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター