未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    PM2.5

    PM2.5の汚染濃度ワースト1はイラン、2はインド 中国北京は56位

    このたびWHOが発表した世界約3,000エリアにおけるPM2.5の汚染濃度を示す指数のワーストランキングにおいて、中国の天津は51位、北京は56位、南京は81位、上海は242位と実は想像したほど悪くはない。逆に、多くの工場が石炭をエネルギーとして稼働している河北省の大気が、甚だしく汚染されていることが改めて浮き彫りになった。
    9位 河北省ケイ台市-128
    10位 河北省保定市-126
    14位 河北省石家荘市-121
    19位 河北省邯鄲市-112
    24位 河北省衡水市-107
    29位 河北省唐山市-102
    37位 河北省廊坊市-96
    48位 河北省滄州市-88
    また、これらのよりひどいエリアがインドほか中東やアフリカに集中していることも軽視できない。PM2.5の汚染濃度のワースト1はアフガニスタンとの国境にも近いイランのザーボルで217、ワースト2はインドのマディヤ・プラデーシュ州グワーリヤルで176、そしてワースト3はインドのウッタル・プラデーシュ州イラーハーバードで170となっている。また砂嵐の被害で有名なサウジアラビアのほか、パキスタンやアフリカの深刻な大気汚染エリアもワースト50位以内に位置している。
    全文http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20160515/Techinsight_20160515_262925.html
    続きを読む

    九州北部でPM2.5高濃度 福岡では視界が霞み「煙霧」発生

    九州北部で4日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が高まった。
    福岡管区気象台によると、福岡市、佐賀市、長崎市などで、空気中の乾いた微粒子により視界が10キロ未満になる現象「煙霧」が発生し、見通しが悪い状況が続いた。
    全文http://this.kiji.is/56681605783127549?c=39546741839462401

    続きを読む

    中国PM2.5で福岡が白くかすむ 初日の出にも影響が

    上空で大陸からの強い西風が吹いた27日、九州各地で微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が上昇した。
    環境省によると、福岡県久留米市三潴町で午前9時、大気1立方メートル当たりの1時間濃度が、注意喚起の判断に用いる値(80マイクログラム超)を上回る106マイクログラムに達した。九つの測定局全てで国の環境基準値(35マイクログラム)を上回った福岡市では、街中が白っぽくかすんだ。
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/215449

    続きを読む

    中国人、PM2.5の影響で視界が見えず迷子に

    地元新聞によると、先週月曜日、安徽省馬鞍山市に住む女性Huさんがひどいスモッグのため道に迷ったそうです。Huさんは、月曜日の朝、親戚を訪問する予定でしたがたどりつけませんでした。そして、その夜も家に帰ってきませんでした。さらに、Huさんは、携帯電話を使い方を知らないので連絡することもできません。
    夫のXiaさんは心配ですぐに警察を呼びました。huさんの自宅から親戚の家までの道のり周辺を約2時間探し回り、警察は最終的にhuさんが森の中の道で疲れ果てているところを発見しました。
    全文読むhttp://www.gazonews.top/archives/50319101.html

    続きを読む

    中国が「首都圏機能移動」を決定 大気汚染が最悪レベルのため北京市から副都心へ

    ◆<中国は今!>大気汚染最悪レベルの北京市、ついに「首都圏機能」移転を決定―緑豊かな通州区に「副都心」建設へ
    このコラムで、北京市内の通州区を訪れたことを書いたが、実は通州区はいま北京で最も注目されている地域だ。というのも、北京市の李士祥・常務副市長が12月10日、記者会見で、2017年末には、北京市党委員会と市政府、さらに市人民代表大会(市人代=議会に相当)、市政治協商会議(市政協)という市の4大機構がすべて通州区に移転することを明らかにしたからだ。
    全文読むhttp://www.recordchina.co.jp/a125039.html

    続きを読む

    「赤色警告」PM2.5 北海道、青森に大気汚染の影響が

     PM2.5などによる大気汚染。この大気が今後、9日夜から10日夕方にかけて、北海道にまで流れ込むなど、日本への影響も懸念されています。
    日本列島は移動性の高気圧に覆われていて、9日夜には高気圧の中心が関東付近に進みます。北海道付近では高気圧の縁を回る西寄りの風が吹く見込みです。この風に乗って、9日夜から10日にかけて、北海道には大気汚染物質が流れ込む可能性がありそうです。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20151209-00000017-ann-soci

    続きを読む

    もう大変!PM2.5「赤色警告」発令中の北京の大気汚染 

    北京、重度の大気汚染継続 対策効果なく不安広がる
    2015年12月9日 10時30分
    【北京共同】大気汚染で最も深刻な「赤色」警報発令中の中国・北京では9日、排ガスを抑えるため車両規制が行われて2日目も対策の効果は見えず重度の汚染が継続、市民に不安が広がった。北京市中心部は9日朝も白濁したスモッグに覆われ、米大使館のウェブサイトによると、9日午前4時(日本時間同5時)の微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染指数は最悪レベルの「危険」を示す306を記録した。 
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015120901000992.html

    続きを読む

    北京市、「赤色警告」大気汚染PM2.5が深刻に

    北京市、大気汚染悪化で初の「赤色警報」
    [北京 7日 ロイター] - 中国・北京市政府は7日、深刻な大気汚染が続くことが予想される場合に出される「赤色警報」を初めて発令した。8―9日にかけて高濃度のスモッグに覆われる見通しだという。
    北京市は色で分類した4段階の警報制度を導入しており、赤色は最高位の深刻度に該当する。
    北京市はオンライン上の文書で、警報発令中は屋外での建設作業をすべて中止し、学校も閉鎖するよう指示した。 同市では前週も、大気汚染による深刻なスモッグに見舞われていた。
    http://jp.reuters.com/article/china-pollution-idJPKBN0TQ19S20151207


    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター