未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    地球

    42億年前に海底の熱水噴出孔によって活動していた可能性がある生命の痕跡を発見

    カナダで採掘した岩石の中から、42億~37億年前に海底の熱水噴出孔によって活動していた可能性がある生命の痕跡を発見したと、英大学などの研究チームが1日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
    ~続き・詳細 は以下の引用元をご覧ください~
    http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00e/040/163000c
    続きを読む

    10年から15年後に寒冷化が始まり30年続く

    英ノーサンブリア大学の学者グループは、この先10年から15年後には、グローバルは寒冷化が始まるとの結論に達した。
    専門家らの考えでは、今後数年、太陽の活動が、地球上で小さな氷河期が見られた16世紀から17世紀のような最低レベルに下がる。この「新たな氷河期」は、およそ30年続き、四季の変化や食料生産に問題が出てくる可能性がある、とのことだ。
    全文https://jp.sputniknews.com/science/201702213361894/
    続きを読む

    ニュージーランドは「ジーランディア」未知の大陸の一部 

    ニュージーランドは、その大半が南太平洋(South Pacific)の海面下にある「ジーランディア(Zealandia)」大陸の一部として認識されるべきとする研究結果が17日、発表された。

    研究者らによると、「ジーランディア」は地質学上、独立しており、標高や地質、地殻、領域などの条件が他の大陸に適用されている全ての基準を満たしている。

    全文http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000040-jij_afp-sctch 
    続きを読む

    2億5千万年後の地球には超大陸「アメイジア」が形成 地球が地続きになる

    大型計算機システムを駆使した最新の数値シミュレーションによると、今から2億5千万年後、北半球を中心に現在のアメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸は結合され、新たな超大陸が形成されるという。
    アメイジアは「アメリカ」と「アジア」をつなげた造語だそうだ。
    地球が地続きになることで、人類が縦横無尽に往来できることは素晴らしいが、あまりに壮大過ぎてちょっと想像しにくい。
    全文http://tocana.jp/2017/01/post_12121_entry.html
    続きを読む

    近い将来、海流の循環が停止し北半球が氷河期に突入する可能性

    ■海流停止→氷河期突入のシナリオ
    近い将来、海流の循環が崩壊し北半球が氷河期に突入する可能性があることが最新の研究で判明したという。
    今までの研究で、二酸化炭素レベルは2100年頃に現在の2倍(700ppm)になると試算されていたが、海流循環が停止する可能性までは考慮されていなかったそうだ。
    全文http://tocana.jp/2017/01/post_11959_entry.html
    続きを読む

    南極でマンハッタン島の100倍近い氷塊が分離する見込み 海面10cm上昇の恐れ

    厚さ350メートルで指の形をした氷塊は、今までゆっくり分離が進行していたものの、昨年12月末になって突然、亀裂の長さが18キロメートル伸びた。また亀裂の幅も2011年には50メートルだったものが、現在では500メートルまで拡張。氷塊は現在、そのごく一部が棚氷とつながっている状態にある。
    (続きはソースで確認おねがいします)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000002-jij_afp-env
    続きを読む

    絶滅の波が襲う可能性 地球から酸素が減少、失っていることを発見

    科学者らは、地球の大気が酸素を失っていることを発見した。生命活動に欠かせない酸素はこの80万年間に0.7%減少した。
    グリーンランドや南極の氷のサンプルを分析することによって、過去数十万年にわたって大気中の酸素濃度のレベルを調べた。氷には気泡があり、そこに過去の大気組成に関する情報が含まれている。酸素と窒素の比を調べ、減少が判明した。

    科学者らは将来地球を新たな絶滅の波が襲う可能性があると報告した。
    続きを読む:
     http://jp.sputniknews.com/science/20160924/2814483.html
    続きを読む

    温暖化の影響で消滅が早まる可能性 南極で4番目に大きい氷に亀裂・崩壊の危機!

    数千年以上前から存在していた南極半島の棚氷が、近年相次いで崩壊している。このうち、南極大陸で4番目に大きなラーセン棚氷の亀裂が、過去半年で急速に拡大していることが、人工衛星の観測で明らかになった。温暖化の影響で消滅が早まる可能性が高まった。

    南極で4番目に大きい氷 半年で亀裂広がる 崩壊寸前か?
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/6/16714.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター