未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    火山

    阿蘇山の連続噴火が継続しているもよう。噴煙高度、噴煙の流向は流向不明

    1: 名無しさん 2020/03/31(火) 23:18:44.27
    https://twitter.com/UN_NERV/status/1244957892593070080?s=19
    【阿蘇山 噴火に関する火山観測報 2020年03月31日 21:01】
    31日 21時00分頃、阿蘇山(中岳第一火口)の連続噴火が継続しているもようです。噴煙高度は不明、噴煙の流向は流向不明です。

    ↓live会場はこちら

    https://youtu.be/lM3BFRTlB6E


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    続きを読む

    北海道 十勝岳で火山性地震増加 気象台が臨時の解説情報 注意呼びかけ

    1: 名無しさん 2020/02/27(木) 21:15:15.83
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012305031000.html


    十勝岳で火山性地震増加 気象台が臨時の解説情報 注意呼びかけ
    2020年2月27日 21時11分

    大雪山系の十勝岳で火山性地震が増加しています。気象台は「活火山であることに留意」を示す、噴火警戒レベル1を継続したうえで臨時の解説情報を出して、今後の情報に注意するよう呼びかけています。 
    続きを読む

    メキシコのポポカテペトル山が噴火

    1: 名無しさん 2020/02/26(水) 19:58:59.21
    メキシコ政府は25日、プエブラ州に位置する活火山のポポカテペトル山から激しく噴煙が
    上がったことを明らかにした。ポポカテペトル山はメキシコ富士とも呼ばれている。

    噴煙が確認されたのは現地時間で25日の6時39分、噴煙は高度1200メートルまで達した。その後、国立災害対策センターが公開した映像では溶岩の流出が確認された。
    溶岩は火口から1キロ圏内に広がった模様。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/202002267220540/

    続きを読む

    【西之島】5秒間隔で噴火 噴煙は最高の2700メートル

    2020/2/5 20:21
    https://this.kiji.is/597693866503013473

    海上保安庁は5日、東京・小笠原諸島の西之島を4日午後に上空から観測した結果、噴火は約5秒間隔で
    繰り返しており、噴煙は約2700メートルまで上がっていたと発表した。

    続きを読む

    口永良部島で火砕流伴う噴火 噴煙7000メートルに 鹿児島

    鹿児島県の口永良部島で3日朝早く、火砕流を伴う噴火が発生し、噴煙が7000メートルに達しました。気象庁は今後も噴火の可能性があるとして噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270141000.html
    続きを読む

    西之島、噴煙1800メートル 専門家「爆発の可能性も」

     海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認したと発表した。

    https://this.kiji.is/591900513562887265

    続きを読む

    マニラ近郊の火山で噴煙 空港離着陸が一時中断

    https://this.kiji.is/589083705205556321

    【マニラ共同】フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)から12日、噴煙が上がった。



    続きを読む

    ニュージーランドの噴火 長年監視されていたのに火山学者はなぜ噴火を予測できなかったのか?

    ■変化検知も警報に至らず。専門家に訊く、噴火予測の難しさ

    ニュージーランド北部のプレンティ湾に浮かぶ小さな火山島ホワイト島(マオリ名ファカアリ島)が、現地時間の12月9日午後2時11分に噴火した。爆音が鳴り響く中、噴煙は3600メートル以上の高さまで到達し、高温の噴石を降らせた。わずか数分の出来事で、その後は一帯に静寂が戻った。

    ■目に見えない前兆
    続きはソースで
    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/121200723/

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター