未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    火山

    阿蘇山 ごく小規模な噴火 噴火警戒レベル2

    熊本県の阿蘇山で16日夜、ごく小規模な噴火が発生し、噴煙が火口から200メートルの高さまで上がりました。気象庁は阿蘇山に発表している噴火警戒レベル2の火口周辺警報を継続し、中岳第一火口からおおむね1キロの範囲で大きな噴石や火砕流に引き続き警戒するよう呼びかけています。

    ■警察「これまでのところ被害の通報ない」

    ■熊本空港は通常どおり

    ■阿蘇の最近の活動

    ■阿蘇山 過去の噴火速報

    ■カルデラ内に複数の山が連なる活火山
     

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190416/k10011886171000.html?utm_int=news_contents_news-main_003
    続きを読む

    【噴火速報】阿蘇山で噴火が発生 熊本県の阿蘇山で「噴火が発生した」

    1: 名無しさん 2019/04/16(火) 18:35:48.43
    阿蘇山で噴火が発生 18:32

    続きを読む

    北朝鮮「白頭山噴火の兆しが深刻化」地震が頻繁に発生しガスが噴出

    https://s.japanese.joins.com/article/328/252328.html

    最近白頭山で地震が頻繁に発生しガスが噴出するなど深刻な噴火の兆候が現れており汎国家的な対応策をまとめる必要性が提起されている。15日の国会では「目覚める白頭山火山どうすべきか」という主題の討論会も開かれる。この日の討論会には与党議員と、学界、研究機関、政府官庁関係者ら専門家100人ほどが参加すると韓国地質資源研究院が12日に明らかにした。
    続きを読む

    桜島噴火 噴煙高度は火口上1000m、噴煙の流向は南 28日22時

    https://twitter.com/un_nerv/status/1111267522341306369?s=21

    2019/03/28

    【桜島 噴火に関する火山観測報 2019年03月28日 23:03】
    28日 22時58分頃、桜島(南岳山頂火口)で噴火がありました。噴煙高度は火口上1000m、噴煙の流向は南です。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    続きを読む

    【要注意】九重山で火山性地震増加 約3年ぶりの水準に

    2019年3月28日 11時27分 ウェザーニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/16229356/


    大分県九重山で火山性地震が増加しています。九重山では今日28日(木)7時頃から火山性地震が増加し、9時までに20回発生しました。気象台による聞き取り調査によると、現地では体に感じる揺れは確認されています。
    続きを読む

    阿蘇山で火山活動の高まりに注意 火山ガスの量も増えるなど活動がやや活発に

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011804911000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_023

    熊本県の阿蘇山で火山性微動の振幅が次第に大きくなり、火山ガスの量も増えるなど活動がやや活発になっています。気象庁は、噴火警戒レベル1を継続したうえで、今後、活動がさらに高まる可能性があるとして注意を呼びかけています。
    続きを読む

    ロシア非常事態省 カムチャツカのシヴェルチ火山 4500メートルの噴煙を噴き上げ

    全文https://jp.sputniknews.com/incidents/201901275854009/

    27日、カムチャツカのシヴェルチ火山が、海抜4500メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。ロシア非常事態省カムチャッカ州支部の広報部が明らかにした。 
    続きを読む

    想定火口以外で噴火のリスクがある火山 全国で21

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011787281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017
    想定火口以外で噴火のリスクがある火山 全国で21

    群馬県の草津白根山の噴火から23日で1年です。この噴火は、気象庁が重点的に監視していた火口ではなく、いわば“ノーマーク”の火口で発生しましたが、同じようなリスクを抱える火山が全国に少なくとも21あることがわかり、気象庁は監視を強化することになりました。 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター