未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    気になる小さな予知、予測

    スーパームーン 1月21日の満月はスーパームーン アメリカではSuper Blood Moonとして話題に

    2019年最初の満月は、1月21日(月)。この満月、実はアメリカの多くのメディアでスーパームーンとして紹介されています。

    (続きはリンク先でお願いします)
    https://weathernews.jp/s/topics/201901/190145/?fm=tp_index
    続きを読む

    滋賀 不吉の前兆か神秘か? 竹は60年に一度花を咲かす

    「60年に一度の周期で花をつける」という言葉とともに、ツイッターに投稿されたのは2枚の花の写真。そこには竹の花だと書かれていました。かつて、竹が花を咲かすことは、不吉なことが起きる前兆とも言われていました。その不思議な花について調べました。
    ※長いので全文はソース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190111/k10011775381000.html
    続きを読む

    【地震】警告「兆候出ている」南関東・静岡エリアと大阪を含む南海トラフ関連エリア

    熊本で震度6弱…次に危ない「神奈川・静岡」 専門家が警告「兆候出ている」
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190105/soc1901050004-n1.html l
    ・熊本以外でも不穏な動きがある
    南関東・静岡エリアと大阪を含む南海、東南海の南海トラフ関連エリア
    なかでも危険度が高い地域は2つあり、その1つが南関東・静岡エリア 
    18年9月2日から29日まで気になる動き 
     「高さと水平方向に異常変動が集中している。伊豆半島、御前崎などが沈降し、駿河湾の沈降は徐々に面積を広げ、静岡県東部にひずみがたまっている。熊本地震が起きる6カ月前、北海道地震の胆振(いぶり)地方でも3~4カ月前に沈降が広がった。震度5以上の大きい地震が起きかねない」
     もう1つは、大阪を含む南海・東南海エリア。同年9月2日から10月13日までに目立った動きがあった。
    続きを読む

    地球深部探査船「ちきゅう」南海トラフ掘削調査に出航!巨大地震が発生するプレート約5200m付近まで海底を掘り下げる

     海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が10日、静岡市の清水港から、紀伊半島沖の南海トラフ掘削調査に出航する。巨大地震が起こるとされるプレート(岩板)境界にあたる地下約5200メートル付近まで海底を掘り下げる初の調査で、境界付近の岩石などを採取し、地震や津波の発生メカニズムの解明に生かす。
    全文https://www.yomiuri.co.jp/science/20181009-OYT1T50013.html
    続きを読む

    大地震の前兆か 島根県 匹見の地中加速度変化がおかしい

    7/3
    20:35:10 地中加速度変化 島根県 匹見
    17:19:46 地中加速度変化 島根県 匹見
    13:35:18 地中加速度変化 島根県 匹見
    04:10:13 地中加速度変化 島根県 匹見

    7/2
    20:14:29 地中加速度変化 島根県 匹見
    16:05:15 地中加速度変化 島根県 匹見
    10:49:46 地中加速度変化 島根県 匹見
    04:06:04 地中加速度変化 島根県 匹見

    7/1
    16:45:40 地中加速度変化 島根県 匹見
    12:24:36 地中加速度変化 島根県 匹見
    09:21:10 地中加速度変化 島根県 匹見

    地震又は地中加速度変化が発生しました。 地中加速度変化 島根県 匹見 今後の情報に注意してください。 揺れが強い地震の時は自分の身を守ってください。落ち着いて行動してください。
    続きを読む

    大阪府北部 震度3の地震について 発生前後、何故かネットが使えなくなった

    大阪府高槻市原

    1日12時42分ころ、地震がありました。
    震源地は、大阪府北部(北緯34.9度、東経135.6度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.6と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    【地震】三河地震のヤバい兆候とは…島根に続き北海道根室沖や愛知県西部でも地震

    14日午前4時ごろ、北海道で震度5弱の揺れを観測した地震について
    「今回の地震は、陸のプレートの下に沈み込んでいる太平洋プレートと呼ばれる岩盤の内部で起きたと見られる。震源が比較的深いので、大きな余震は少ないと見られるが、今後、同じような規模の地震が起きると、再び強い揺れに見舞われるおそれがあり、注意してほしい」

    全文https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180414/k10011402711000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009 
    続きを読む

    「AI地震予知・MEGA地震予測」島根県は警戒レベル「ゼロ」もっとも地震が起きないだろう地域

     2018年2月4日~10日の電子基準点の変動(上下動、水平方向の動きなど)をもとに、AIが過去12年間のデータと比較して地震の発生リスクを算出。警戒レベルごとに6段階に分けて評価した。別掲のマップにある円で示されない陸地部分はすべて「レベル0」となっている。円内に示したのは、各地区の代表的な電子基準点の名前で、JESEA(村井氏が会長を務める民間会社=地震科学探査機構)ではこれを30の地区の呼称とした。

    ・現状の能力では全国1300か所の分析は間に合わない。
    ・AIが予測するのは「震度4以上の地震が半年以内に発生するリスク」
    「レベル5」は、「東北から北関東の太平洋側地域」だった。青森県の一部に加え、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県の全域が含まれる。
    「レベル4」は、三宅島を含む「伊豆諸島」、そして和歌山県、香川県、徳島県を含む「南海地方」だ。
    全文https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00000003-pseven-soci
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター