未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    2016年02月

    ジカ熱の感染力や流行の広がり方はデング熱と同程度

    ジカ熱の感染力「デング熱」並み 東大推計
    東京大学の西浦博准教授らは、中南米で流行しているジカ熱の感染力は一昨年に国内感染が報告されたデング熱と同程度とする推計をまとめた。過去にジカ熱が広がった地域の事例をもとに解析した。もし夏に感染者が出ると、デング熱のときのように国内感染が広がる可能性があり、対策が必要になるという。
    ジカ熱はジカウイルスを持った蚊に刺されることで感染する。ジカウイルスはデング熱や日本脳炎などのウイルスと同じ仲間。日本ではブラジルから帰国した男子高校生の感染が見つかった。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG27H0W_X20C16A2TJM000/ 

    続きを読む

    北海道大荒れ 日本海側南部、数年に1度の猛吹雪の恐れ

     交通網に乱れ、暴風・高波に警戒
     急速に発達する低気圧の接近に伴い、道内は29日午前、太平洋側西部や日本海側を中心に大荒れの天気となった。強風により建物の被害やけが人が発生し、JRの運休や空の便の欠航も相次いだ。3月1日にかけて広い範囲で風雪が強まり、札幌を含む日本海側南部では数年に1度の猛吹雪 となる恐れがある。札幌管区気象台は吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に警戒を呼び掛けている。
    全文読むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00010003-doshin-hok

    続きを読む

    日本の人口、調査開始以来初めて減少 

     高市早苗総務相は26日午前の閣議で、昨年10月1日に実施した平成27年国勢調査の速報値を報告した。日本の総人口は1億2711万人で、22年実施の前回調査から94万7千人減り、大正9(1920)年の国勢調査開始以来、初の人口減となった。減少率は0・7%。高齢化の進行で死亡数が大幅に増え、自然減が拡大したとみられる。
    平成27年の国連推計で各国の総人口を比較すると、日本は前回と同じ10位。ただ、22~27年の増減率をみると、人口上位20カ国のうち減少となっているのは日本だけだった。
    全文読むhttp://www.sankei.com/politics/news/160226/plt1602260007-n1.html

    続きを読む

    噴火の可能性 霧島山硫黄山火口周辺警報発表

    〔霧島山硫黄山〕火口周辺警報(火口周辺危険)発表 概ね1kmの範囲で小規模噴火の可能性
    レスキューナウニュース 2月28日(日)11時15分配信
    気象庁は28日11:00、2015年7月頃から火山性微動が続いていた、宮崎県・鹿児島県境の霧島山のえびの高原(硫黄山)について、28日に周辺の浅いところを震源とする火山性地震が増加しているとして、火口周辺警報(火口周辺危険)に引き上げる噴火警報を発表しました。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160228-00000003-rescuenow-soci

    続きを読む

    岩手県陸前高田市の中心部 高さ12.5メートル 巨大防潮堤、威容現す

     高さ12・5メートルの巨大な防潮堤が威容を現した。
     東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の中心部で26日、岩手県が防潮堤と気仙川水門の建設現場を報道陣に公開した。
    県大船渡土木センターの職員らが、現地で工事概要や進捗しんちょく状況を説明した。震災前、この場所にはチリ地震津波を想定した高さ5・5メートルの防潮堤があった。震災では最大17メートルほどの津波が防潮堤を乗り越えた。
     新たな防潮堤は、高さ3メートルの第1線堤(1768メートル)と、高さ12・5メートルの第2線堤(1872メートル)の二重構造。総延長は県内で最大規模という。
    全文http://www.yomiuri.co.jp/national/20160227-OYT1T50024.html?from=y10
    続きを読む

    福井県で新種の恐竜の化石 鳥になれなかった恐竜

    福井で発見の化石は新種、鳥になれなかった恐竜
    福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市で見つかった白亜紀前期(約1億2000万年前)の恐竜化石が、
    新種だったと発表した。
    二足歩行の獣脚類だが、鳥の特性も持つという。学名は「フクイベナートル・パラドクサス」と命名された。国内で見つかった新種の恐竜は7種目。
    化石は2007年、歯が残る顎や頸椎など計約160点が発掘された。全長2・5メートル、体重約25キロと推定され、ティラノサウルスで知られる獣脚類と判明、英国の科学誌にも掲載された。
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20160227-OYT1T50073.html

    続きを読む

    中国「宇宙人を探せ」宇宙人はいるのか 巨大望遠鏡建設

    中国「宇宙人を探せ」巨大望遠鏡建設 サッカー場30個分、1万人強制移住へ 世界最大級、9月完成
     中国貴州省でこのほど、世界最大級となる巨大な電波望遠鏡の建設が始まった。
    地球外生命体を探すことなどが狙いで、今年9月に完成予定。これに伴い約1万人の周辺住民が強制移住させられることが決まった。国営通信新華社などが26日までに伝えた。
    報道によると、「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡の建設は1990年代に始まったプロジェクトで、貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州にある山中のくぼ地が建設地に選ばれた。サッカー場約30個分に相当し、宇宙から放射される電磁波やマイクロ波などを観測する。
    引用元 http://www.sankei.com/world/news/160227/wor1602270032-n1.html

    続きを読む

    宇宙空間から大量の電波が飛来する謎のフラッシュ現象、発生源特定

    宇宙空間から僅か1000分の1秒程度だけ瞬間的に大量の電波が飛来する謎のフラッシュ現象について、東京大学などのグループが発生源となった天体を世界で初めて特定し、星と星の合体など銀河で起きている激しい天体現象に迫る重要な手がかりになるとして注目されています。
    *+*+ NHKニュース +*+*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160225/k10010421021000.html 


    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター