未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    2016年01月

    指が28本!!人類最多の指を持つ男の画像

    インドに住むダヴェンドラ・スーザーさん(43)は、
    「人類最多の指を持つ男」として去年の12月、ギネスブックに認定されました。
    手と足合わせて28本の指を持つダヴェンドラさん。普段は大工として働いていますが、うっかり余分な指を切り落としてしまわないか心配だそう。
    わざわざ遠方から、ダヴェンドラさんの指を見にくる人もいるそうで、ダヴェンドラさんはこれを快く迎えています。彼にとって、この余分な指は、神様からの贈り物であり、このおかげで人々からセレブ扱いを受ける、とご満悦。
    http://www.africannews.top/%E4%B8%E7%8C/53547178.html

    続きを読む

    韓国 ソウルの水族館でサメが別のサメを丸のみ

    【AFP=時事】(更新)韓国・ソウル(Seoul)にある同国最大級の水族館「COEXアクアリウム」で29日、体長2.2メートルの雌のサメが同じ水槽内を泳いでいた小型のサメを丸のみしてしまう騒動があった。
    この雌のサメはシロワニという種類で、のみ込まれたのは体長半分ほどの雄のドチザメ。2匹の戦いが始まったのは28日夕方で、水族館が29日に開園したときには、シロワニの口からドチザメの尾びれだけが見える状態になっていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000001-jij_afp-int

    続きを読む

    UFOと大統領選挙 トランプ氏のヘリにUFO接近、ヒラリー氏は「エリア51を調査する」

    米大統領選イヤーの今年、勝敗はUFOが鍵を握る!? 民主党の指名争いの有力候補者ヒラリー・クリントン氏(68)がUFO情報解明をうたえば、共和党の指名争いで予想外の健闘をしている異質候補ドナルド・トランプ氏(69)のそばにはUFOが出現し、記者から問い詰められる事態になっている。 (中略)
    さっそくヒラリー氏は同年末にニューハンプシャー州での選挙キャンペーンで、UFOに関する質問に「確かなことはわかりませんが、私はすでに宇宙人は地球を訪れているのではないかと考えています」「大統領になったらUFOの真相を解明したい」「エリア51を調査する」と答えている。
    一方、トランプ氏は「不法移民強制送還部隊を創設する」「メキシコとの国境に巨大な壁を建設する」など過激な発言で注目を集めているが、さすがにレイシストのうえ“荒唐無稽”なUFO話に参入するか悩んでいるのかもしれない。
    米大統領選は、開国ならぬ“開星時代”の始まりなのかもしれない。
    全文読むhttp://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/499898/

    続きを読む

    公転周期が90万年 史上最大の恒星系を発見

    史上最大の恒星系を発見 「太陽」と惑星の距離1兆キロ
    2016年01月28日 19:28
    観測史上最も広範囲に広がる恒星系を発見したとする新たな研究結果が発表された。この恒星系にある巨大惑星は、主星からの距離があまりにも遠いため、公転軌道を完全に1周するのに約90万年かかるという。
    この巨大惑星は、恒星系という「家」を持たずに宇宙を浮遊している孤立した惑星だと長年考えられていたが、今回の研究で科学者らは、約1兆キロ離れた距離にある恒星の周囲を公転していると結論付けた。

    論文主執筆者の英ハートフォードシャー大学のニール・ディーコン氏は声明で、「これは、これまでに発見された中で最も範囲の広い惑星系だ」と述べている。
    全文読むhttp://www.afpbb.com/articles/-/3074829 
    続きを読む

    地鳴りと地震の関係は 東京都内で地鳴りの報告が毎日のように

     この正月以来、東京都内で地鳴りが聞こえたという情報が毎日のように報告されている。多いのは目黒区、渋谷区、世田谷区など東京23区の南部だ。
    いままで地震が起きたことがない東京湾北部で昨年12月末、午後10時すぎから約1時間の間に有感地震が5回起きた。このときも地鳴りが聞こえたという。今回も地震関連の地鳴りではないかという不安が高まっている。 (中略)
     ところで、地震による地鳴りは昔から数多く報告されている。
    地震の震源からはさまざまな周波数の振動が出る。周期の長いほうは大津波を生んだり、高層ビルを共鳴させるような数秒以上の振動もある。他方、周期の短い方では数十ヘルツから100ヘルツを超えるほどの高い周波数の振動が出ることもある。

     地震の振動はスピーカーの振動板のように地面を揺らすものだから、約20ヘルツを超えるものは空気中を伝わって耳に聞こえることも多い。
    腹に響く振動を人体で感じることもある。一度聞いたら忘れられないほど恐怖心をあおる音だ。

    (以下略 全文はリンク先で)
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160129/dms1601290830011-n1.htm

    続きを読む

    杉が多すぎて日本だけで花粉症が大流行?

    ◆花粉症は「日本だけ」って本当なの?
    これからのシーズン、花粉症持ちの人間にはつらい季節だ。
    早いところだと2月上旬から飛散をはじめるスギ花粉に戦々恐々としている者も多いだろう。
    花粉症というのは、海外にはないという話を聞いたことがある。実際、花粉症持ちの筆者も3月にタイを旅行した際、くしゃみや鼻水に悩まされることはなかった。そこで、花粉症日本固有説を検証してみた。
    結論から言えば、花粉症は世界各地に存在する。欧米でも枯草熱(hay fever)という用語があるほどだ。
    ただし、日本で2~3月に起こる劇症的なスギ花粉症はまず存在しないといえる。
    ◇スギ花粉症が発見されたのは1964年
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1453713331635.html

    続きを読む

    地震 スロースリップの活性期と停滞期の周期 大きな地震が6.2倍の頻度で発生

    東日本大震災の震源域を含む北海道から関東の太平洋沖では、プレート(岩板)や断層が揺れを伴わないで動く「スロースリップ」に周期性があることが、東北大大学院理学研究科の内田直希助教(地震学)の研究グループによる分析で初めて分かった。28日に発表した。
    グループは1984年以降に東北大や東大が計測、蓄積した地震と地殻変動のデータを分析。スロースリップの活性期と停滞期が周期的に繰り返されていることを突き止めた。
    スロースリップの活性期には、停滞期に比べてマグニチュード(M)5以上の大きな地震が6.2倍の頻度で発生していることも分かった。
    周期は計測域によって1~6年の開きがある。岩手北部沖は東西130キロ、南北70キロの範囲の周期が3年。青森や福島の沖では比較的周期が長く、岩手や茨城の沖では短い。宮城は沿岸部で周期が短く、沖合では長いという。
    全文読むhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000005-khks-soci

    続きを読む

    東京でまた積雪か 関東甲信、29日から30日にかけて積雪のおそれ

    関東甲信、積雪の恐れ=29~30日、交通注意-気象庁
    気象庁は28日、関東甲信で29日朝から30日にかけて雨や雪が降り、関東北部や甲信では雪が積もる恐れがあると発表した。前線を伴う低気圧が本州南岸へ進むためで、29日夜からは関東南部の平野部でも雪が降る見通し。同庁は路面の凍結や交通の乱れに注意するよう呼び掛けた。
    全文読むhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016012800824

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター