未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    首都、移転するならどこがいい?

    1: スターダストプレス(福岡県)@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 19:23:07.77 ID:ecUlekSe0.net BE:875259835-PLT(12000) ポイント特典
    土地の少ない東京になんとか保育園を新設することもさることながら、東京に備わっていた政治の中心としての機能を移転することにより、一極集中状態を分散化させ、過密状態を緩和させることも検討すべき選択肢だ。
    国会や官庁跡地を商業施設のみならず、子育て支援に有効利用することも考えられる。

    もう一つは、首都移転を地方創生のシンボルと起爆剤にする効果も期待できる。移転先は東京からのアクセスがよく、かつ大都市圏ではない地方が好ましい。
    本格的に議論されていた1999年の国会等移転審議会の答申では、具体的な候補地として、
    那須塩原を中心とした栃木・福島地域、岐阜・愛知地域、三重・畿央地域が候補地として挙がっていた。
    いずれの地になるにせよ、もし首都移転が実現すれば、その地域と周辺の活性化につながることは言うまでもない。
    たとえば、那須塩原であれば栃木県の周辺地域への人口流入も期待できるほか、福島空港からも近く福島の復興を後押しする効果も考えられる。

    さらには、これまでメディアや情報、文化、政策にいたるまで発信地が東京一辺倒だった日本のシステムに変動が起きることで、
    各地方の多様な個性、魅力が重視される流れがうまれることも期待したい。たとえば、政治は新首都、経済は東京、エンタメは大阪、
    歴史文化は京都、研究は筑波・茨城、観光は沖縄や北海道、防災は東北といったように都市の特徴をそれぞれ際立たせることにより、
    人材を各地に分散化しながら集積させるようなビジョンと政策が必要ではないだろうか。少なくとも海外を回ると、ワシントンDCとニューヨーク、オタワとトロント、キャンベラとシドニー、ブラジリアとサンパウロ等々、首都と最大都市が異なる国は多く、しっかりと機能している。

    もちろん、首都直下地震が発生した際のリスクを軽減させる意味合いもある。今後30年以内に70%の確率でM7の大地震が
    首都圏で起きると推測されている。その際には、主要企業の本社のみならず、内閣、国会、霞ヶ関が一遍に崩壊機能停止し、災害対策の司令塔機能を失うこともあり得るのである。
    阪神淡路大震災と東日本大震災を経験した日本だからこそ、その教訓を重く受け止め、様々なリスクを軽減する政策を実施すべきだ。
    http://agora-web.jp/archives/1607948.html

    続きを読む

    エボラの新薬ZMapp、三人分リベリアに送って在庫切れ 次は数か月後

    1: ネックハンギングツリー(dion軍)@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 15:28:18.32 ID:fJKy2A690.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    エボラ出血熱の未承認治療薬が西アフリカのリベリアに到着しました。
    感染した2人のリベリア人医師に 使われます。

     WHO=世界保健機関は、西アフリカで猛威をふるうエボラ出血熱に感染したか、感染の疑いのある人は、11日の時点で1975人に達し、死者は1069人に増えたと発表しました。

     こうしたなか、355人の死者が出ている西アフリカのリベリアに、未承認の治療薬「ZMapp」が到着しました。
    薬は3人分で、エボラ出血熱の治療に携わり、自らも感染した2人のリベリア人医師への投与が決まっています。
    「ZMapp」はアメリカの企業が開発中の薬で、数には限りがあり、これまでアメリカ人2人と
    スペイン人のあわせて3人にのみ投与されていました。

     現地の人への使用は今回が初めてですが、アメリカの企業は、リベリアに送ったものを最後に、
    在庫が切れ、新たな薬の製造にも数か月を要するとしています。

     「エボラ出血熱を根絶するには、患者や患者と接触した人の監視態勢を維持し、
    感染の連鎖を止める必要があります。この薬が最終的な解決策ではありません」
    (リベリア保健省 担当幹部)

     リベリア保健省の幹部は、患者の隔離などを通じ、感染の連鎖を止めることの重要性を改めて強調しました。
    (14日10:38)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2274091.html

    続きを読む

    【地震予知】北海道十勝地方~青森、岩手周辺警戒 前兆雲や前震がみられる模様 

    Bu5nhM_CMAAbx34
    続きを読む

    クマ出没注意

    1: 常世非時香果φ ★@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 12:22:40.04 ID:???0.net
    クマ出没、高まる危険性 深刻な餌不足予想、注意呼びかけ 岩手
    2014.8.14 03:05

     クマが人里に出没する危険性が高まっていることが、東北森林管理局の平成26年度のブナの開花状況と結実予測から分かった。県内では、クマの好物であるブナの実の結実が期待できず、
    深刻な餌不足が予想されているためだ。

     「これから秋にかけて、クマが人里のどこに出てもおかしくない状況です」。
    クマの生態に詳しい森林総合研究所東北支所生物多様性研究グループ(盛岡市)の
    大西尚樹主任研究員はこう警鐘を鳴らす。

     深刻な餌不足が予想されるのは昨年のブナの実が8年ぶりに豊作だったため。
    冬眠中に出産するクマが餌に恵まれ、個体数を増やした一方で、26年度のブナの開花状況は
    調査した24カ所のうち18カ所が「非開花」で、ほとんど実がならない予想となっている。

     開花状況を基にした豊凶指数も0・3と、資料が残っている2年度以降では18年度の
    0・4を下回る過去最低。ブナは2年連続で豊作にならないという経験則もあり、
    県は餌不足の懸念から今年3月18日付で出没注意報を発令していた。
    この不安は的中し、県が7月末でまとめた県内のクマによる被害は8件9人で、
    25年度の7件11人を件数で上回っている。

     大西主任研究員は、生ごみを夜出さない▽ガソリンやペンキなど、においの強いものは室内に置く
    ▽栗や柿は早めに落とす-といった対策を呼びかけている。

    http://sankei.jp.msn.com/region/news/140814/iwt14081403050001-n1.htm

    続きを読む

    スイスで列車脱線、日本人5人重軽傷 土砂に「ドシャーッ」っと突っ込む

    1: アイアンクロー(catv?)@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 13:46:56.19 ID:rhf2txeF0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    スイス南東部グラウビュンデン州ティーフェンカステル近くの山間部で13日午後0時半(日本時間午後7時半)ごろ、アルプス観光の山岳鉄道
    「レーティッシュ鉄道」の列車(8両編成)が崩れた土砂に突っ込み、客車3両が脱線した。日本人6人が乗車しており、うち5人が重軽傷を負った。

     在スイス日本大使館が日本人の被害を調べたところ、重傷を負ったのは横浜市在住の70代男性で、腰の骨を折った可能性がある。
    この男性の60代の妻とオランダ在住の家族3人が打撲などの軽傷。重傷の男性と妻が入院したが、いずれも命に別条はないという。

     グラウビュンデン州警察の発表や現地報道によると、事故当時の乗客は約140人で、11人が重軽傷を負った。消防隊員や山岳救助隊員など
    約180人が救助に当たった。山岳地帯のため事故現場への地上からのアクセスが良くないことから、航空救助隊のヘリコプターも
    出動してけが人を搬送した。3時間ほどで全員が救助された。脱線した3両のうち1両は谷に落ちたが、途中の立ち木に引っかかって止まり、別の1両も落ちかけたが持ちこたえたため、被害が抑えられた。
    http://www.asahi.com/articles/ASG8G1SM7G8GUHBI001.html

    続きを読む

    JR北海道・函館線に土砂流入...局地豪雨、対策に限界

    1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 12:28:19.09 ID:???0.net
    JR函館線に土砂流入 局地豪雨、対策に限界
    【北海道新聞】 (08/14 10:42)

    【八雲】渡島管内八雲町のJR函館線で13日未明、大雨で線路に土砂が流入し貨物列車が緊急停車した場所は、
    昨年8月の豪雨時も少量の土砂が線路近くまで流れ込み、JR北海道は排水のための側溝を保守するなど警戒を強めていた。
    ただ、近年増えている局地的な豪雨では、周辺の地形なども影響し、JRだけの対策には限界もある。

    現場では、付近のトウモロコシ畑から、雨水が土砂や泥とともに線路へ流れ込んだ。JRは、現場に倒木などがあれば、脱線など事故の恐れもあったとする。

    JRによると、昨年8月17日に現場から約3.5キロ離れた熱田川が氾濫し、線路の土台が崩れて貨物列車が脱線した際、この現場でも少量の土砂が線路ぎりぎりまで流れてきたという。

    このためJRは当時、線路脇にある側溝に雨水を導く水路を土のうを積んで作った。今春にも、側溝にたまった泥を取り除くなど豪雨への備えを強化していたが、
    今回、被害を防げなかった。復旧作業を行ったJR社員の
    一人は「鉄砲水のように一気に雨水が流れたのでは」と話した。札幌管区気象台によると、八雲町では13日午前2時前までの1時間に29ミリの強い雨が降っていた。

    抜本的な豪雨対策は、付近の土地の管理者らとの協力が欠かせない。熱田川の事故現場では、JRは川を管理する町、開発局と分担し、洪水時に水を放水する「非常導水路」を建設して、今月完成させた。
    昨年8月18日に 渡島管内森町の函館線で近くの町有地から土砂が流入した現場でも、町が貯水設備を設置している。

    これに対し、付近が民有地だったり、工事費がかさむ状況だったりすると対策が難しく、道南に限らず日高線や留萌線でも、同じ場所で土砂流入や雪崩などの被害が繰り返し起きている。
    <どうしん電子版に全文掲載>

    ソース: http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/556810.html
    画像: no title

    続きを読む

    高尾山で水涸れなど環境に異変 圏央道トンネル開通の影響か

    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 11:27:37.32 ID:???0.net
    都心から1時間ほど、四季折々の豊かな自然に触れ合うことのできる高尾山。
    観光客は年々増加傾向にあり、年間約300万人が訪れるという。『ミシュランガイド』も三ツ星の観光地として紹介、外国人観光客も急増している。

     2012年3月、この高尾山を貫通する「圏央道高尾山トンネル」が完成。
    「豊かな生態系を破壊する」として反対の声が大きかった事業だ。
    そして今年6月28日には高尾山インターチェンジと相模原相川インターチェンジ間が開通し、
    東名高速と中央高速が圏央道で繋がった。現在は何か変化が起きているのだろうか?
    「変化は少しずつ起きています」と語るのは環境NPO「虔十の会」代表の坂田昌子さん。
    高尾在住の坂田さんは、高尾山のエコツアーや環境イベントなどを主催している。
    「まず見た目にハッキリとわかるのが、登山道からの景観。以前は四季折々の美しい山々をのぞむことができ、 里山の集落が見えていました。現在は表高尾には高尾インターチェンジが、
    そして裏高尾には中央高速と圏央道を繋ぐ八王子ジャンクションができ、かつての風景は失われてしまいました。
    登山客を楽しませていた鳥や虫の声、風の音や木のざわめきなどが、今は自動車の排気音に変わっています」(坂田さん)

     そのほかトンネルの影響は、地下水の変化としても徐々に表れてきているようだ。
    「6号路の途中、琵琶滝近くの稲荷祠の湧水は、何度も水涸れをおこしています。
    このあたりは直下わずか20mくらいの地点をトンネルが通っているのです。
    また、高尾病院裏の登山道入り口にある妙音谷湧水も涸れているなど、常時水があったところの水量が少なくなっています」(坂田さん)


     1993年夏から高尾山の風景を撮り続けている写真家の広瀬敦司氏はこう語る。
    「高尾山の北側斜面はイヌブナとブナなど落葉樹主体の温帯林、南側の斜面にはカシ類など
    常緑樹の暖帯林の森が広がっています。実は、高尾山は日本一植物種の多い山(約1300種)で、
    山ひとつでイギリス一国の植物種に匹敵します。
    タカオスミレやタカオヒゴダイなどの固有種も60種以上。
    昆虫は約5000種、野鳥は150種。世界的に見ても、驚くべき多様な生物種を誇る山なのです。

     この貴重な森を支えてきたのは、豊かな地下水脈。そんな高尾山の水道(みずみち)が変わって環境が変われば、
    移動のできない植物は生きられない。その植物がいる環境で生きていた昆虫や、
    それらを餌としていた鳥や動物たちにも影響が出てくるかもしれません。しかし、これは今後きちっと調査をしてみなければ何とも言えません」

     トンネル工事前の環境アセスでは「環境への影響は少ない」とのことだったが……。行政はその後トンネルの影響調査をしているのだろうか?

    「トンネル工事中は、国交省が湧水量や地下水の水位を観測坑でチェックしていました。
    ところが『工事が終わったからもう関係ない』とばかりに観測坑を埋め、調査を打ち切ってしまったのです。
    本来は事業が与えた影響を行政が調査すべき。今後、8割が地下トンネルというリニア中央新幹線の計画もあります。
    トンネル工事によって地下水の流れがどう変わり、環境にどう影響が出たのか、できた後のデータこそ重要です。

     登山客がたくさん来てくれて地元住民としては嬉しいですが、高尾山が世界的にも貴重な山であるということ、
    トンネルができた結果どんな状況にあるのかということについても、多くの人に関心を持ってほしい。
    そして、行政に調査をするよう働きかけてほしい。私たちも独自調査を進めていくつもりです。
    そのことが少しでも高尾山の生態系破壊を食い止め、今後のトンネル建設の際の環境影響評価
    に活かしていけるようになればと思っています」(坂田さん) <取材・文/北村土龍>

    2014年08月14日 09時10分 提供:日刊SPA!
    http://yukan-news.ameba.jp/20140814-12703/
    高尾山で水涸れなど環境に異変 圏央道トンネル開通の影響か!?

    続きを読む

    今年は日照不足、冷害で米不足か

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 22:14:54.61 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
    気象庁は13日、西日本を中心に、台風や南からの湿った気流の
    影響で日照時間の少なさが記録的な状態となっており、今後も
    10日程度続く見通しだとして、農作物の管理などに注意を呼び掛けた。

    気象庁によると、8月上旬の日照時間は西日本の
    太平洋側(近畿太平洋側、山陽、四国、九州南部)が平年比27%で、
    1961年の統計開始以来最も少ない。平年比23%の西日本の
    日本海側(近畿日本海側、山陰、九州北部)も過去2番目に少ない。

    *+*+ NIKKEI NET +*+*
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1302L_T10C14A8CR8000/

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター