未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    花火を見たいが為に河川敷をスプレーで染め環境破壊

    1: フランケンシュタイナー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 18:34:07.93 ID:oFTG19Zo0.net BE:719971658-2BP(1000)
    足立の花火:19日開催前に堤防にスプレーで「場所取り」

    http://mainichi.jp/select/news/20140717k0000m040079000c.html
    19日開催の「足立の花火」を前に、会場の荒川河川敷や堤防の土手に
    油性スプレーで直接書き込む「場所取り」が横行している。
    花火大会を主催する東京都足立区は「芝が傷む上に河川敷の使用に支障が出る」とカンカンだ。
    見回りや看板を立てて、スプレーを使わないよう呼び掛けている。

     区観光交流課によると、会場は西新井橋から東京メトロ千代田線鉄橋までの荒川両岸で、
    招待席を除き入場無料。場所取りの書き込みは2週間以上前から現れ始め、
    特に見晴らしの良い土手の斜面は白や赤、黄色などのスプレーで見苦しく塗り分けられている。
    広さは4畳半から10畳程度までさまざまだ。
    no title

    続きを読む

    【地震予知】7月末から8月中旬でM7前半か? 茨城、三陸沖警戒

    地震予知 地震雲 0715
    続きを読む

    雑菌噴射に不快指数上昇? 熱中症対策で全小中学校に「ミストシャワー」装置

    1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 16:18:28.57 ID:???0.net
    神奈川 熱中症対策で全校に霧の装置
    【NHK】 2014/07/17 15:14

    本格的な夏を前に神奈川県座間市は子どもたちの熱中症対策として、水を霧状に噴射する装置をすべての公立の
    小中学校に設置しました。

    この装置は水を霧のように噴射する「ミストシャワー」と呼ばれるもので、霧に当たって涼むことができます。

    座間市では学校の体育の授業や部活動などの際、子どもたちが熱中症になるのを防ごうとこの装置を市内に17校
    あるすべての公立の小中学校に取り付けました。

    このうち17日から運用を始めた旭小学校では、校舎の出入り口付近の天井に幅2メートルほどの装置が
    取り付けられ、休み時間の子どもたちが霧に当たって涼んでいました。

    また、教頭が温度計を使ってミストシャワーには周辺の気温を下げる効果があることを説明し、子どもたちに
    「暑いときは霧の下で涼んでください」と呼びかけていました。

    座間市教育委員会教育総務課の若林昭夫係長は「子どもたちには、暑い夏でも涼をとりながら元気に
    遊んでもらいたいです」と話していました。

    ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140717/k10013086051000.html

    関連スレッド:
    【教育】小中学校のエアコン設置請願を却下 議会「耐える能力必要」「トイレ改修が先」 - 千葉市議会 [6/26]
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403753246/

    続きを読む

    名古屋雨やば過ぎクッソワロエナイ

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 16:07:07.02 ID:opV+eaFR0.net
    洗濯物どっか行った
    no title

    続きを読む

    津波のパワーをなめんな! 津波の流れで自動的に起き上がる可動防波堤

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 22:48:09.97 ID:???0.net
    京都大防災研究所(京都府宇治市)は16日、津波を人工的に再現する装置を使い、
    津波の流れで自動的に起き上がる可動防波堤が正しく作動するかどうかを確かめる実験を
    京都市伏見区の宇治川オープンラボラトリーで公開した。

    可動防波堤は高さ約43センチ、横約4メートルの板状の鉄鋼製。
    実用化の際には、約50倍に大型化する予定で、港の開口部の海底に設置する。

    実験では、水の入った水槽の中で機械を前後に動かしなどして、約10センチと約20センチの津波を
    それぞれ再現。約20センチの津波では勢いよく起き上がった可動防波堤を越え、水が一部流入したが、
    勢いを弱めることを確認した。
    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071601001663.html

    京都大防災研究所の可動防波堤の動作実験に使われた、津波を人工的に再現する装置
    =16日午後、京都市伏見区
    no title

    続きを読む

    小惑星が地球に 高確率で衝突の可能性

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 12:43:07.45 ID:???0.net
    インターネット上に、カナダの人工衛星NEOSSatがとらえたファンタスティックな動画が投稿された。
    動画には巨大な黒いピラミッドのような未知の生成物を持つ小惑星1999 RQ36が写っており、
    学者たちがこの未知の物体の正体について議論を交わしている。InternationalBusinessTimes が伝えた。

    動画には、1999年に発見された小惑星1999 RQ36の表面に、
    てっぺんが平らな黒いピラミッドのようなものが写っている。

    NASAの天文学者たちによると、小惑星の直径は500メートル超。
    小惑星は地球の方向に急速に進んでいるという。

    陰謀説の支持者と呼ばれる人々は、NASAの職員が地球規模の危険性を
    「一般の地球人」に隠しているとして非難している。

    一方で、小惑星が地球に衝突する確率は、4000分の1に等しいという。

    NASAの専門家たちは2016年、小惑星の表面に人工衛星を送る計画。
    人工衛星は2020年に対象に接近し、2023年に地球へ帰還する予定。

    http://youtu.be/B6CfeX7y9j0



    7月15日 ロシアの声
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_15/274659798/

    続きを読む

    地震 最大震度4 福島県浜通り M4.6 17時24分

    127: M7.74(東京都【緊急地震:福島県浜通りM4.9最大震度4】) 2014/07/16(水) 17:25:20.62 ID:bvxrWTns0.net
    でけえええええええええええええええ

    地震 福島県浜通り 1729

    http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20140716172934395-161724.html

    続きを読む

    【人類滅亡】地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 13:37:11.00 ID:???0.net
    地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている
    http://wired.jp/2014/07/16/magnetic-field/

    欧州宇宙機関(ESA)の報告によると、地球の磁場はこの6カ月間、
    当初の予測の10倍のスピードで弱まり続けているという。
    地球の磁場が発生する理由は、地球の外核にある溶解鉄の対流だと考えられている。
    この磁場は、地表の上空約600,000kmにまで広がって、太陽から吹き寄せる放射線からわれわれを守ってくれている。
    地球の高緯度地域で素晴らしいオーロラが見られるのも、地球の磁場のおかげだ。
    ESAは2013年11月、地球の磁場の変化を高精度・高詳細に測定することを目指し、
    3基の人工衛星「SWARM」を打ち上げた。そして、SWARMが返してきた最初のデータによると、
    地球の磁場は「10年で約5%」というスピードで弱まっているという。

    関連記事:地球磁場の高速逆転、証拠発見か
    これは、それまで予測されていた「100年で5%」をかなり上回る速さであり、地球の磁極の反転が、
    約2,000年後という従来の予測よりかなり早く起きるかもしれないことを示唆している。
    西半球の上空にはすでに、磁場が弱いスポットができ始めている(冒頭の画像の青の部分)。
    ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。
    また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。
    電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ。
    われわれはそれを待つ間、地球の磁場が変動し、磁北が蛇行していくのを見守ることしかできない。
    磁北は現在、(1年に約64kmというスピードで)シベリア方面に向かっている。
    ※海洋プレートに記録された古地磁気の研究によって、
    数万年~数十万年に1度の頻度でN極とS極が反転していることが知られている。

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター