未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    【地震予知】中部~関東沖に明瞭な大気重力波 直前か 5/22

    地震予知 0522

    続きを読む

    長期の地下水くみ上げ、米加州で地震リスクが増加

    1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/05/16(金) 16:45:43.09 ID:???.net
    ■長期の地下水くみ上げ、米加州で地震リスクが増加 研究

     米カリフォルニア(California)州セントラルバレー(Central Valley)で行われている農地灌水用の
    地下水のくみ上げが、この一帯を走る断層の地震リスクを増大させているとの研究結果が、14日の
    英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

     米ワシントン(Washington)州にある西ワシントン大学(Western Washington University)のコリン・
    エイモス(Colin Amos)氏率いる地質学者の研究チームによると、150年にわたって水をくみ上げ続けた
    ことから、一部地殻の重量が少しずつ減少し、サンアンドレアス(San Andreas)断層による地震の危険性が
    増大しているという。

     セントラルバレー南部にあるサンホアキンバレー(San Joaquin Valley)は世界でも有数の穀倉地帯で、
    さまざまな種類の作物を大量に供給しているが、降雨量が非常に少ないため、汲み上げられた地下水が
    雨によって補充されにくい。研究者チームの試算によると、この地帯で農業のために汲み上げられた
    地下水の量は、1860年以降160立方キロメートル前後に上るという。その結果、サンホアキンバレーを
    取り囲む地殻は、毎年およそ1~3ミリ隆起していることが全地球測位システム(GPS)によって観測された。

     さらに地下の多孔質岩が水分を失うことで沈下するサンホアキンバレーと、毎夏季後半に地下水の
    水位が最も低下する際に隆起する周辺地盤とで、断層への圧力がより一層緩むことになると研究チームは
    考えている。その証拠に、同州パークフィールド(Parkfield)に設置されている観測施設は、夏の後半から
    秋にかけて発生している小規模な地震を捉えているという。

     エイモス氏は、今回の研究が地震のリスク予想のあり方に再考を迫る結果となったと述べている。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3015060
    http://www.afpbb.com/ AFPBB News (2014年05月16日 14:10 発信地:パリ/フランス)配信
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1398094515/127 依頼

    Abstract
    Uplift and seismicity driven by groundwater depletion in central California
    http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature13275.html
    Nature (2014) doi:10.1038/nature13275

    続きを読む

    【地震予知】大阪に地震警報が来てる模様 

    地震予知0518
    続きを読む

    【地震予知】静岡・長野、紀伊半島にさざ波雲 房総半島南方沖震源か 5/16

    地震予知 地震雲 0516
    続きを読む

    【地震予知】長野、山梨今月来月警戒 千葉方面ではM5前後の地震か 5/14

    地震予知0514
    続きを読む

    東北大など、地球内部から飛来する反ニュートリノの方向を測定する技術を開発

    1:2014/05/11(日) 22:00:16.96 ID:
    東北大学の渡辺寛子助教、東京大学の田中宏幸教授らは、地球内部から飛来する反ニュートリノの方向を
    検知できる技術を開発した。

    地球内部にある放射性物質からは、反ニュートリノ(地球ニュートリノ)が発生しており、
    既に東北大学が主導する研究グループが観測している。
    しかし、これまでの検出方法では地球ニュートリノが飛んで来る方向を検知することはできなかった。

    今回、渡辺助教らは、地球ニュートリノを検出する液体シンチレータにリチウムを添加し、
    その飛跡を高い精度で決定することに成功した。さらに、宇宙から飛来するミューオンという粒子によって
    地球のレントゲン画像を作り出す解析方法も取り入れることで、地球ニュートリノを測定すれば
    地球内部の様子が分かることを、飛騨山脈の地下実験によって実証した。

    この研究成果によって、地球内部の解明がさらに進むことが期待される。

    なお、この内容は4月28日の『Scientific Reports』電子版に掲載された。

    図:地球ニュートリノの方向検知性能の比較。地球ニュートリノはcosθ=1の方向から入射している。
    液体シンチレーターにリシウムを添加することで到来方向感度が大きく向上する。


    http://www.zaikei.co.jp/article/20140511/192737.html
    続きを読む

    【地震予知】国分寺23時台にEs、ヤバめの地震性ノイズ 5/11

    地震予知 地震雲0511
    続きを読む

    【地震予知】広範囲の揺れに警戒 太平洋全般、特に関東以北、中部地方 5/9

    地震予知 0509
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター